5

ゲーム名 アイル・オブ・スカイ:族長から王へ (Isle of Skye: From Chieftain to King)
メーカー Mayfair Games (2015)
ホビージャパン (2017)
ゲームデザイナー Andreas Pelikan, Alexander Pfister
人数 2~5人
時間 60分
年齢 8歳~
続きを読む

どうも。ニコです。
台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの5回目です。

「貓咪貓咪桌遊咖啡屋」について

    「貓咪貓咪」というのは、Cat Catと読みます。猫のロゴが目印です。

    前回紹介した「 貝克街桌遊專賣店」から歩いて5分くらいの場所にあるボードゲームカフェです。
    2016-05-01-16-20-49
続きを読む

お久しぶりです。ニコです。 
台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの5回目です。

「貝克街桌遊專賣店」について

    2016-05-01-16-08-08
    「民權西路駅」と「雙連駅」の間くらいの場所にあるボードゲームカフェです。
    「貝克街」と書いてベイカーストリートと読むみたいです。
    過去に紹介させて頂いた「斜角巷桌遊專賣店」の系列店になります。

    今回は、有名なマンゴーかき氷店「氷讃」に食べに行ったついでに行きました。
    image
    かき氷は非常に美味しく、日本人の観光客も沢山でしたよ。
続きを読む

こんにちは。ニコです。
台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの4回目です。

「AT Cafe」について

    2016-04-30-14-29-46
    南京三民駅近くにあるボードゲームカフェです。

    こちらのお店は、カフェ>ボードゲームのような形になっていました。
    食事に力をいれているようで、ボードゲームの販売は行っていません。
続きを読む

3
キャットテン
Cat 10,  拾貓鍋 (Big Fun Games, 2013)
デザイン: 居椿善久
年齢:6歳~、時間:15分、人数: 2~6人


(出典:大玩創意有限公司

ゲームについて

    台湾のボードゲームメーカー「Big Fun Games」さんと日本のゲームデザイナー「居椿善久」氏がコラボレーションしたゲームです。

    「Big Fun Games」さんは、数多くの猫をテーマにしたゲームを出版しています。
    また、先日ブログで簡単に紹介したボードゲーム雑誌「桌遊人: 桌遊文化深耕誌」を出版されています。

    大玩創意有限公司 | 台灣桌遊設計/動畫製作/桌上遊戲開發商/台灣自設計桌遊 Big Fun Idea CO., Ltd

    また、居椿氏は「テンガロン」や「グースカパースカ」などシンプルなルールで、幅広い人が遊べるゲームを数多くデザインされています。
続きを読む

こんにちは。ニコです。
台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの3回目です。

「艾客米桌上遊戲世界忠復店」について

    MRTの「忠復復興駅」から徒歩1分くらいの一等地にあるボードゲームショップです。

    MRTが2本交差していることなどもあり、非常に高いビルが立ち並ぶ地域です。こちらのお店は、雑居ビルのような建物内にあります。雑居ビルは、太平洋SOGOの向かいにあり、立地は抜群です。
    2016-04-28-17-47-59

     写真を撮り忘れたのが悔やまれるのですが、ビルの全体の雰囲気はややどんよりしています。
    そんなビルのエレベータに乗り、3階に行くとたどりつくことができます。
続きを読む

3
ワードポーターズ
Word Porters (OKAZU Brand, 2016)
デザイナー:林尚志
人数:3~6人、時間:20分、年齢:6歳~

image

ゲームについて

    OKAZU Brandさんのゲームマーケット2016春の新作ワードゲーム。

    ワードポーターズ/Word Porters

    ゲームデザインは、林尚志氏。林氏のデザインした「TRAINS」や「Sail To India」は、世界各国で販売されており、日本を代表するゲームデザイナーの1人です。

    現在、横浜を拠点に活動されており、本作のネーミングはみなとみらいのショッピングモール「ワールドポーターズ」ととっても似ています。


    (出典:Wikipedia
続きを読む

こんにちは。ニコです。
台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの2回目です。

斜角巷桌遊專賣店について

    2016-04-26-21-12-59
    ボードゲームの販売とプレイスペースを併設したお店です。

    「斜角巷」というのは、ハリーポッターに出てくる「ダイアゴン横丁」のことだそうです。
    お店は地下にあり、階段を下る猫が目印。

    近所には「實踐大學」という大学があり、学生さんが非常に多い街のようでした。

    他にも「ベーカーストリート」や「シャーロック」という名前の店舗も経営されているようです。
    (他2つの記事はまた別途)
続きを読む

3

ミステリウム(Mysterium)

ゲーム名ミステリウム(Mysterium)
メーカーLibellud, Hobby Japan (2015)
ゲームデザイナーOleksandr Nevskiy , Oleg Sidorenko
人数2~7人
時間42分
年齢10歳~
続きを読む

台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェについて紹介していきたいと思います。

誠品書店について

誠品書店 美麗華店
(出典:Taipei Navi

誠品書店は、代官山蔦谷書店のモデルになったとも言われている書店で、書籍だけではなくお洒落な文具から家具まで、幅広い取扱い商品の取扱いをされているお洒落な本屋さんです。

首頁 | 誠品網路書店


今回は、「美麗華百楽園」と呼ばれるショッピングモールの中にある「誠品書店」に伺いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ