• by
  • 3
    image

    ゲーム概要

    探検家になり、島を切り開いて財宝にたどり着くタイル配置ゲームです。

    ゲームデザイナー

    ゲームデザインは、「リューディガー・ドーン(Rüdiger Dorn)」氏。代表作は、『ゴア(Goa)』や『イスタンブール(Istanbul)』です。

    子供向けゲームを数多く手がけてきたHABA社からの大人向けゲームとして、発売されました。2016年の「ドイツ年間ゲーム大賞」にノミネートされています。 続きを読む

    秋葉原卓ゲー部
    秋葉原にあるプレイスペース「秋葉原卓ゲー部」さんに行ってきたので、簡単ながらどんな感じかご紹介したいと思います。

    過去記事
    続きを読む

    3
    ダーダオチェン(翻轉大稻埕/Dadaocheng)

     台湾の台北にある都市「大稲埕」が舞台のパズルゲームです。

    共通の場に4×4に配置されたタイルを裏返したり、配置換えをしたりすることで資源を得ます。これを元手に、建物の購入や交易を行うことで、発展させていきます。
    続きを読む

    今回は、先日「Dice Tower Award 2015」の大賞と部門賞が発表されたので紹介したいと思います。

    結果は、大賞が『パンデミックレガシー』。
    その他各部門では、『タイムストーリーズ』が3冠、『ブラッドレイジ』と『コードネーム』がそれぞれ2冠となっています。

    Dice Tower Awardとは?

      "The Dice Tower"は、アメリカのボードゲームポッドキャスト番組です。
      そのエピソード数は、この記事を書いている時点で522エピソードになります。

      そんな"The Dice Tower"が主となり、
      毎年ベストボードゲームを決めています。
      dtawards_snu3py
      2015年に発売された4000個以上のゲームの中から、
      14カテゴリに分けて5つずつゲームをノミネートしています。
    続きを読む

    『ドイツ年間エキスパートゲーム大賞(KDJ)』を2年連続受賞した「アレクサンダー・プフィシュター(Alexander Pfister)」氏について、ネットでインタビュー記事などを探していたところ、「Meeple Mountain」さんで見つけました。

    今回、記事を執筆されたAndy Matthewsさんにインタビュー記事の翻訳と公開の許可をいただきました。つたない和訳ではありますが、お読みいただければ幸いです。また、KDJ 2016受賞前のインタビュー記事であることについてご了承下さい。

    Interview with Alexander Pfister - Designer of Isle of Skye | Meeple Mountain
    続きを読む

    先日、『ドイツ年間ゲーム大賞2016 (Spiel des Jahres 2016)』の大賞作が出そろいました。
    そこで、結果と当日ライブ配信を見ていたのでどんな感じだったかをご紹介してみようと思います。


    (出典:Spiel des Jahres 続きを読む

    4
    aboveandbelow_box_02
    (引用:Red Raven Games

    ゲーム名 Above and Below (2015, Red Raven Games)
    デザイン Ryan Laukat
    人数 2~4人
    年齢 13歳~
    時間 90~120分

    『Above and Below』について

    地下を探険して村を発展させる拡大再生産ゲームです。探険してのお宝ゲットが楽しいゲームです。 続きを読む

    今回は、ボードゲーム・カードゲームを常設されている『CAFE&BAR かくれが』さんに行ってきたので、簡単ながら紹介をさせていただこうと思います。
    2016-07-01-21-34-03 続きを読む

    3

    Dynasties
    (出典:Hans im Glück

    ゲーム名 ダイナスティ
    Dynasties: Heirate & Herrsche (2016, Hans im Glück)
    デザイン Matthias Cramer
    人数 3~5人
    年齢 12歳~
    時間 60~90分
    続きを読む

    どうも。ニコです。
    国内のボードゲームスポットの訪問記をスタートしてみようと思います。 
    おそらくは気まぐれ更新になるので「気まぐれボードゲーム紀行」と名付けてみました。

    コンセプトとしては、全国展開していないようなお店を紹介できればと思っています。
    第1回目は、「ボードゲームリサイクルCUBE」さんです。

    お店について

      「ボードゲームリサイクルCUBE」さんは、横浜に店舗を構える『中古専門のボードゲームショップ』です。

      13時の開店と共にゲームの更新情報がアナウンスされ、レア物は直ぐに完売してしまったりしています。 個人としては、職場が横浜周辺にあることもあり、よく利用させて頂いています。

      CUBEさんでは、中古ボードゲームの販売はもちろんですがゲームの【買取】と【委託】のサービスを提供されています。 【買取】はお店が値段をつけてゲームを買い取ります。一方、【委託】はゲームを売りたい人が販売品の値段をつけて店頭で販売するという形になっています。詳細は、CUBEさんのホームページをご覧ください。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ