• by
  • こんにちは。ニコです。
    台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの3回目です。

    「艾客米桌上遊戲世界忠復店」について

      MRTの「忠復復興駅」から徒歩1分くらいの一等地にあるボードゲームショップです。

      MRTが2本交差していることなどもあり、非常に高いビルが立ち並ぶ地域です。こちらのお店は、雑居ビルのような建物内にあります。雑居ビルは、太平洋SOGOの向かいにあり、立地は抜群です。
      2016-04-28-17-47-59

       写真を撮り忘れたのが悔やまれるのですが、ビルの全体の雰囲気はややどんよりしています。
      そんなビルのエレベータに乗り、3階に行くとたどりつくことができます。
    続きを読む

    3
    ワードポーターズ
    Word Porters (OKAZU Brand, 2016)
    デザイナー:林尚志
    人数:3~6人、時間:20分、年齢:6歳~

    image

    ゲームについて

      OKAZU Brandさんのゲームマーケット2016春の新作ワードゲーム。

      ワードポーターズ/Word Porters

      ゲームデザインは、林尚志氏。林氏のデザインした「TRAINS」や「Sail To India」は、世界各国で販売されており、日本を代表するゲームデザイナーの1人です。

      現在、横浜を拠点に活動されており、本作のネーミングはみなとみらいのショッピングモール「ワールドポーターズ」ととっても似ています。


      (出典:Wikipedia
    続きを読む

    こんにちは。ニコです。
    台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェレポートの2回目です。

    斜角巷桌遊專賣店について

      2016-04-26-21-12-59
      ボードゲームの販売とプレイスペースを併設したお店です。

      「斜角巷」というのは、ハリーポッターに出てくる「ダイアゴン横丁」のことだそうです。
      お店は地下にあり、階段を下る猫が目印。

      近所には「實踐大學」という大学があり、学生さんが非常に多い街のようでした。

      他にも「ベーカーストリート」や「シャーロック」という名前の店舗も経営されているようです。
      (他2つの記事はまた別途)
    続きを読む

    3

    ミステリウム(Mysterium)

    ゲーム名ミステリウム(Mysterium)
    メーカーLibellud, Hobby Japan (2015)
    ゲームデザイナーOleksandr Nevskiy , Oleg Sidorenko
    人数2~7人
    時間42分
    年齢10歳~
    続きを読む

    台湾滞在中に巡った、ボードゲームショップ&カフェについて紹介していきたいと思います。

    誠品書店について

    誠品書店 美麗華店
    (出典:Taipei Navi

    誠品書店は、代官山蔦谷書店のモデルになったとも言われている書店で、書籍だけではなくお洒落な文具から家具まで、幅広い取扱い商品の取扱いをされているお洒落な本屋さんです。

    首頁 | 誠品網路書店


    今回は、「美麗華百楽園」と呼ばれるショッピングモールの中にある「誠品書店」に伺いました。

    続きを読む

    モダンアート(台湾版)
    Modern Art (GeGe, 2016)

    デザイン: ライナー・クニツィア
    プレイ人数: 3~5人 対象年齢:10歳以上 プレイ時間:45分
    image

    ゲームについて

      「ライナー・クニツィア」氏がゲームデザインした競りゲームの傑作。
      プレイヤーは絵画を売買することで、お金を稼ぎます。

      1993年には、「ドイツゲーム大賞」を受賞しています。
      image
      (出典:New Games Order, LLC.

      日本では「New Games Order」さんが日本語版を出版されています。
    続きを読む

    ゲームマーケットに行けなかったので、
    みなさんの参加レポートを見て楽しませて頂いております。 
    2016Sbanner-compressor
    (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

    たくさんのブログなどで記事になっていますので、
    見つけたものを紹介させて頂こうと思います。(随時更新) 続きを読む

    今回は、『Dice Tower Award 2015』のノミネート作品が発表されたので、
    どんなゲームがノミネートされているのかをざっくりと紹介したいと思います。

    Dice Tower Awardとは?

      "The Dice Tower"は、アメリカのボードゲームポッドキャスト番組です。
      そのエピソード数は、この記事を書いている時点で522エピソードになります。

      そんな"The Dice Tower"が主となり、
      毎年ベストボードゲームを決めています。

      dtawards_snu3py

      2015年に発売された4000個以上のゲームの中から、
      14カテゴリに分けて5つずつゲームをノミネートしています。

      結果は、7月に行われる「Dice Tower Con」で発表されます。
      メインとなる「BEST GAME OF THE YEAR」のノミネートゲームの紹介になります。
    続きを読む

    こんにちは。ゲームマーケットにいけないくせに、
    ゲームマーケットの記事を書いて楽しんでいるニコです。



    今回は、ゲームマーケットでの楽しみ方と題して、
    行くならこの辺を楽しむかな個人的に思っている事を挙げてみようと思います。

    個人差があるとは思うので、ご参考までに。 続きを読む

    いよいよ明後日に迫ったゲームマーケット2015秋で販売される
    新作500円ゲームをピックアップしてみました。

    103610

    なぜ500円ゲーム?

    まず、ワンコインというリーズナブルな価格で購入できる!
    そして、隠れた名作があるかも?な点。

    ご存じの方も多いかと思いますが、「ラブレター」「Sail To India」「ダンジョンオブマンダム/Welcome to the dungeon」など世界中で販売されているこれらのゲームは、今から2~3年前のゲームマーケットにて500円ゲームとして販売されていたのです!

    というわけで、今回のゲームマーケットでもたくさんの新作500円ゲームがあるので、
    その中に、未来の世界的ヒットゲームがあるかも?!
    (ここまで、秋のコピペです。) 続きを読む

    ↑このページのトップヘ