9/2に「ポルトガル年間ゲーム大賞2016」の結果が発表され、『モンバサ (Mombasa)』が大賞を受賞しました。

「ポルトガル年間ゲーム大賞」について


    (出典:Jogo do Ano - Spiel Portugal - Jogos de Tabuleiro

    『ポルトガル年間ゲーム賞』は、過去には以下のゲームが受賞しており、比較的ゲーマー向けのゲームが受賞しています。
    • 2015年:ラグランハ (La Granja)
    • 2014年:ネイションズ (Nations)
    • 2012年:キーフラワー (Keyflower)
    • 2011年:祈り、働け (Ora et Labora)
    • 2010年:トラヤヌス (Troyes)
    • 2009年:ラグランハ (Maria)
    • 2008年:アグリコラ (Agricola)
    • 2007年:ブラス (Brass)
    • 2006年:インペリアル (Imperial)

ノミネート作品について


    (出典:Spielbox
    『リグナム (Lignum)』『トリカーリオン (Trickerion: Legends of Illusion)』『グランドオーストリアホテル (Grand Austria Hotel)』『マルコポーロの旅路 (Die Reisen des Marco Polo)』『モンバサ (Mombasa)』の5作品がノミネートされていました。各ゲームの簡単な紹介は過去記事をご覧ください。

    過去記事:

『モンバサ (Mombasa)』について

    ゲーム名モンバサ / Mombasa
    メーカーアークライト / eggertspiele (2015)
    ゲームデザイナーアレクサンダー・プフィシュター (Alexander Pfister)
    人数2~4人
    時間75~150分
    年齢12歳~
    『モンバサ』では、アフリカ大陸はケニアのモンバサ、南アフリカのケープタウン、エジプトのカイロ、セネガルのサン=ルイの各都市にある勅許会社(国王の許状を与えられた植民地貿易会社。東インド会社などが有名)の株式を取得し、これらの会社の交易所をアフリカ大陸に拡大していくことで、富を得るのが目的の経済ゲームです。
    (引用:Amazon.co.jp
    ドイツ年間エキスパート大賞を2年連続で受賞したアレクサンダー・プフィシュター氏の重量級ゲームです。2015年のエッセンでのスカウトアクションで2位を獲得しています。

    日本語版も9/3にアークライトゲームズさんから発売されるので、非常に良いタイミングだな〜って月並みに思いました。

おわりに

    『モンバサ(Mombasa)』は、プフィシュター氏が30年前にゲームデザインをした作品がベースになっており、出版社と協力して重量級ゲームとして出版したそうです。

    未プレイなので、どんなゲームなのか非常に気になる限りです。この受賞&日本語版が出たタイミングで遊びたい限りです。

関連記事: