夜の街コロ(Machi Koro: Bright Lights, Big City)
(出典:Board Game Geek

ゲーム名Machi Koro: Bright Lights, Big City
メーカーIDW Games, Pandasaurus Games (2016)
ゲームデザイナー菅沼正夫
人数2~5人
時間30分
年齢10歳~

『街コロ』について

『街コロ』は、2012年にグランディング社から発売されたカードゲームです。プレイヤーはダイスを振り、出目に応じて収入を得て、街を発展させていきます。建設する建物によって、戦略などがおおきく変わってくるのが特徴です。

2015年には「ドイツ年間ゲーム大賞」にもノミネートされ、現在14か国で発売がされています。

街コロ(Machi Koro)
(出典:グランディング株式会社

『Machi Koro: Bright Lights, Big City』について

『Machi Koro: Bright Lights, Big City』は、アメリカの量販店『TARGET』社でのみ販売されている『街コロ』です。今回は、呼びやすさから「夜の街コロ」とさせていだきます。

基本セットと拡張カードがセットになったもので、このゲームの為に改めてデベロップがされています。

夜の街コロ(Machi Koro: Bright Lights, Big City)

拡張カードについては、『街コロ』の拡張セット『街コロ+』『街コロ#』のうち一部が入っています。

変更点について

イラストの刷新

全てのカードイラストが、夜のイラストになっています。

夜の街コロ(Machi Koro: Bright Lights, Big City)

コンポーネントのコストダウン

直接見比べてはいないのですが、内箱の簡素化、カード・コインの薄型化によりコストダウンを行っているようです。

夜の街コロ(Machi Koro: Bright Lights, Big City)

新カードとダイスの追加

新たに追加された「ムーンタワー」のカード効果の影響で、ダイスが全3個になっています。

夜の街コロ(Machi Koro: Bright Lights, Big City)

夜の街コロ(Machi Koro: Bright Lights, Big City)

カード配置ルールの変更

(別途記述)

カードの差分

6以下のカード

出目カード名街コロ街コロ+街コロ#夜の街コロ
麦畑--
寿司屋
(寿司BAR)
--
牧場--
雑貨屋--
2~3パン屋--
カフェ--
3~4コーン畑---
コンビニ---
花畑--
改装屋--
森林--
高級フレンチ--
5~6貸金業---
フラワーショップ--

7以上のカード

出目カード名街コロ街コロ+街コロ#夜の街コロ
チーズ工場--
ピザ屋--
ブドウ園---
家具工場--
ハンバーガーショップ---
サンマ漁船--
鉱山--
ワイナリー--
9~10ファミレス--
9~10引っ越し屋--
10リンゴ畑--
11ドリンク工場--
11~12青果市場--
12~13食品倉庫---
12~14マグロ漁船--
12~14会員制BAR--

紫色のカード

出目カード名街コロ 街コロ+街コロ#夜の街コロ
スタジアム--
テレビ局---
ビジネスセンター--
出版社--
清掃業---
8~9税務署--
10ITベンチャー--
11~13公園---

ランドマークカード

カード名効果コスト街コロ 街コロ+街コロ#夜の街コロ
役所施設購入時所持コインが0なら、銀行から1コインもらう初期
配置
--
ダイスの合計値が10以上なら合計値を+2できる--
ダイス2個を同時に振れる--
ショッピングモール自分の赤色と緑色の施設で得られるコインを+1する10--
遊園地ぞろ目をだしたらもう一度自分のターン16--
電波塔毎ターン、一度だけダイスを振りなおせる22---
ムーンタワーダイス3個を同時に振れる
出目が確定した後に、1個を取り除く
22---
空港建設をしないでターンを終えたら、銀行から10コインもらう30--

カード配置ルール

「6以下のカード」「7以上のカード」「紫色のカード」の3種類をそれぞれ山札にします。

「6以下のカード」

山札のから順にカードをめくり表向きにし、共通の場に配置します。建物の種類が5種類になるようまで続けます。

途中、同じ種類のカードが出た場合には、すでに出ているカードの上に重ねます。ゲーム中に、5種類未満になった場合は山札から5種類になるように補充します。

「7以上のカード」

「6以下のカード」と同じです。

「紫色のカード」

山札のから順にカードをめくり表向きにし、共通の場に配置します。建物の種類が2種類になるようまで続けます。

途中、同じ種類のカードが出た場合には、すでに出ているカードの上に重ねます。ゲーム中に、2種類未満になった場合は山札から2種類になるように補充します。

勝利条件

各自所有している、6つのランドマークをすべて建築することです。

おわりに

夜の街コロの差分について、今回はまとめてみました。

カードの配置ルールの変更によって、偏った建物への投資などできなくなり、1つの出目でがっぽり稼ぐことは難しくなっているようです。

また、「ムーンタワー」の効果で大きい出目のカードも有効にしやすくなっているような印象を受けました。

今回、紹介文を書かせていただきましたが、まだ遊んだことがないので遊ぶのが非常に楽しみです。

それではまた~