3

3は多すぎる (3 sind eine zu viel!)

ゲーム名 3は多すぎる/2枚目が好き (3 sind eine zu viel!)
メーカー Amigo (2015)
ゲームデザイン Reinhard Staupe、Christoph Behre
人数 2~4人
年齢 10歳~
時間 25分

『二枚目がすき (3 sind eine zu viel!)』について

手札をプレイして、共通の場からカードを引き取るセットコレクションカードゲームです。

ポイント

  • 同じ色のカードを2枚持っていると高得点☆
  • 同じ色のカードが3枚になるとマイナス点
  • 7色のカードを集めるとボーナスGET!

内容物

  • 数字カード 90枚
  • 中間ボーナスカード 4枚
  • 最終ボーナスカード 4枚

ゲーム準備

  • 場に、"0", "30", "60"の3枚のカード(スタートカード)を置く。
  • 数字カードを3枚配置する。
  • 20枚ずつ数字カードを各プレイヤーに配って山札にする。
  • 山札の上から8枚を手札にする。

ゲームスタート時の場はこんな感じになります。

3は多すぎる (3 sind eine zu viel!)

ゲーム詳細

勝利条件

セットコレクションのカードによる得点が最も多いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

数字カードの山札がない状態で、全員のプレイヤーの手札が2枚になった時

手番ですること

  • 手札を1枚場に出す
  • 受け取ったカードを手元に置く
  • 手札を補充する

1.手札を1枚場に出す

数字カードを置く場所は、"1~29", "31~59", "61~89"の3列に分かれています。

1-1.列に並んでいるカードの枚数が4枚未満の場合

カードの数字が左から昇順になるように置きます。

1-2.列に並んでいるカードの枚数が4枚以上の場合

A.出したカードの数字が、列で最も大きい場合

スタートカードの右のカード1枚を受け取る。

B.出したカードの数字が、列で最も大きくない場合

出したカードよりも大きい数字のカードを列から全て受け取る。

2.受け取ったカードを手元に置く

2-1.同じ色のカードが3枚揃った場合

3枚のカードを裏返します。その色のカードのカウントはなかったことになり、裏返しになったカードは得点計算時に1枚-1点で計算します。

2-2.7色のカードが揃った場合

中間ボーナスカードを受け取ります。
早いもの順で10点>7点>5点>3点。

3は多すぎる (3 sind eine zu viel!)

3.手札を補充する

残りの手札が2枚以下になったら、山札の上から6枚の手札を補充する。

得点計算

ゲーム終了後、6/7色のカードが揃っている場合、「最終ボーナスカード」を受け取ります。

その後、獲得したカードの色毎に得点を計算します。

最終ボーナスカード

  • 7色:10点
  • 6色:7点

コレクションカードの得点

  • 同じ色のカード1枚:1点
  • 同じ色のカード2枚:5点
  • 裏向きにしたカード1枚:-1点

「コレクションカードの得点」+「中間ボーナスカードの得点」+「最終ボーナスカードの得点」が最終得点になります。

感想

ジリジリと手に汗を握るゲームというのが第一印象でした。

手元から出すカードは、全部で18枚。コレクションの最大得点を得るには2枚×7色の14枚になります。しかしながら、1ターンで常に1枚を受け取ったとしても、14枚を超えてしまいます。

そのため、絶対に同じ色の3枚目のカードを取らなければならない場合がでてくる。そのタイミングを見極めつつ、得点を最大値にもっていけるかが悩ましかったです。手札が4枚を切ったくらいから、選択肢が狭まりきつくなってきます。

最終ボーナスカードが7色が1枚、6色が3枚となっていることから、全ラウンドが終わって7色持っている場合というのは非常に難しいです。ミスをせずいかにパーフェクトに近づけるかにとても悩みます。

3は多すぎる (3 sind eine zu viel!)

最後にこのゲームの悪い点をあえて挙げるとすると、赤色とオレンジ色がパッと見てわかりづらいことです。カードのイラストが違うので、一応そこで見分けることはできるんですけどね…

ゲーム紹介一覧へ