4

ゲーム名スシゴー・パーティー!(Sushi Go Party!)
メーカーGamewright (2016)
ゲームデザイナーフィル・ワォーカー・ハーディン (Phil Walker-Harding)
人数2~8人
時間20分
年齢8歳~

『スシゴー・パーティー!』について

スシゴー・パーティー!(Sushi Go Party!)
『スシゴー・パーティー! (Sushi Go Party!)』は、回転寿司で回ってくるお寿司を集めていくパーティーカードゲームです。

人気カードゲーム『スシゴー(Sushi Go!)』の続編作品となっており、基本の『スシゴー(Sushi Go!)』で遊べる上にさらに沢山の拡張カードが入っています。

ゲームデザインは、フィル・ワォーカー・ハーディン (Phil Walker-Harding)氏です。『カカオ(Cacao)』や『インホテップ(Imhotep)』などをデザインしています。どちらのゲームも、「ドイツ年間ボードゲーム大賞」の推奨ゲームリスト入りとノミネート作品に入っていて、非常に勢いのあるゲームデザイナーさんです。

ゲームの目的

回転寿司屋で、商品を集めてより多くの勝利点を得ることを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時、最も多くの勝利点を持っているプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

ゲームは、全3ラウンド行います。3ラウンド目が終了したとき、ゲームが終了します。

ゲーム詳細

ゲームの準備

  • どのネタを今回のゲームで扱うかを決めます。得点ボードの中央にタイルをはめ込む場所があり、ゲームで使うカードの種類を選びます。
    2016-09-29-22-59-57

    「巻物」「前菜」「スペシャル」「デザート」の4種類が用意されていて、ここから決められた枚数を選びます

    スシゴー・パーティー!(Sushi Go Party!)
    (出典:Board Game Geek
  • 全8種類のカードを用意し、シャッフルして山札にします。
  • 各プレイヤーの駒を得点ボードの「0」の位置に置きます。

手番でやること

全プレイヤーは、同時に手番を行います。

1.手札から1枚選ぶ

配られた手札の中から、自分が欲しいネタを1枚選び裏向きにして伏せます。

2.1で選んだ手札を表向きにする

すべてのプレイヤーが手札を1枚選んだら、選んだカードを同時に表向きにします。特別な条件を除き、選んだ手札を自分の場に置きます。

3.手札の移動

残った手札を左隣のプレイヤーに渡し、右隣のプレイヤーから手札を受け取ります。

これを手札がなくなるまで繰り返します。
image
自分の場には、このような感じでカードが貯まっていきます。

ラウンドの終了

手番で1~3を繰り返し、手札がなくなり左隣のプレイヤーに渡すカードがなくなったら、ラウンドが終了します。ラウンドが終了すると得点計算を行います。

得点計算

自分の場に並んだカードの枚数に応じて、得点計算を行います。得点条件などは、カードに書かれており様々です。

これを3ラウンド繰り返し、3ラウンド目が終了したときに得点の最も高いプレイヤーがゲームに勝利します。

おわりに

カードが25種類、181枚になっています。各ゲームはタイルをランダムに選ぶので、繰り返し飽きることなく遊ぶことができます。

ドラフトゲームなので、出たとこ勝負でどのように高得点を狙っていくかが面白いパーティーゲームですね。カードの組み合わせによって、ゲーム感が異なるので毎回新鮮です。

カードイラストのPOPさと、色づかいが非常に綺麗なのが良いと思いました。もし、『スシゴー!』が好きでこれから購入する方にはお勧めの一品です。

2015-04-04-23-41-14
『ウボンゴミニ』