ゲーム名戦國ZiPANG Portable(Zipang Portable)
メーカーEngine ID, Ltd (2017)
ゲームデザイナーKo Sasahara
アーティストTsutomu Araki, Issey Kunogi
人数2~6人
時間10~20分
年齢8歳~

『戦國 ZiPANG Portable』について

戦國 ZiPANG Portable
『戦國 ZiPANG Portable』は、戦國時代の日本をテーマにしたカードゲームです。

手元には、常に2枚の手札を持っています。山札から1枚のカードを引いて、合計3枚の中から1枚を選んでカードをプレイします。

ゲームデザインは、アメリカ在住のKo Sasahara氏が手がけています。過去に『戦國 ZiPANG』という作品を『Gen Con 2016』で発表しており、今回はそのカードゲーム版になります。また、この作品は「Gameacon 2016」の"Game of the Year"を受賞しました。

Twitter上でプロトタイプの配布を案内されていたので、それに申し込みました。

(追記: 2017/9/2) Kickstarterでの出資募集が開始されました。

​​

内容物

  • 「キャラクターカード」 30枚
  • 「クイックリファレンスカード」 6枚
  • 「万石コイン」 30枚
  • 「ルールブック」 1部

コインは、厚紙をレーザーカッターで切断したものになってて正確な円を描いていました。
戦國 ZiPANG Portable

戦國 ZiPANG Portable
抜いたコインを集めるとこんな感じになります。

ゲームの目的

他のキャラクターを倒し、より多くのお金を稼ぐことを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時、最も多くのお金を持っているプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

ラウンド終了時にいずれかのプレイヤーの持つ「万石コイン」がなくなったとき、ゲームは終了します。

ゲームの詳細

ゲーム終了条件を満たすまで、複数回のラウンドを行います。

ゲームの準備

  • 「キャラクターカード」をシャッフルし、山札にします。
  • 「キャラクターカード」の山札から各プレイヤーに2枚づつ配ります。
  • 「万石コイン」を5枚各プレイヤーに配ります。

各ラウンド開始時、各プレイヤーは手元にある「万石コイン」を共通のストックに1枚置きます。

手番でやること

手番でやることは2つです。

  1. 「キャラクターカード」を山札から1枚引く
  2. 「キャラクターカード」を1枚使う

これをラウンドの終了条件を満たすまで、各プレイヤーが行います。

手番でやることだけ見ると、カナイセイジ氏のカードゲーム『ラブレター』に近い印象です。

「キャラクターカード」について

キャラクターカードは、【バトルポイント(BTL)】、【名誉ポイント(HNR)】、【特殊能力】の3つの値を持っています。

  • バトルポイント:戦闘時にこの数字を比べます。
    (戦闘については別途記述します)
  • 名誉ポイント:ラウンド終了時にこの数字を比べます。
    (ラウンドの終了については別途記述します)

プレイヤーは、手番でカードを1枚使うことで、カードの持つ【特殊能力】効果を発揮します。

各キャラクターの能力は以下の通りです。キャラクターカードの浮世絵イラストも注目です!

野武士2016-10-20-01-08-13他のプレイヤーから1金(万石コイン)奪う
武将 2016-10-20-01-09-17 3バトルポイントで、1人のプレイヤーを攻撃する
軍師 2016-10-20-01-10-42 4バトルポイントで、2人のプレイヤーを攻撃する
傾奇者 2016-10-20-01-12-28 捨て札になっているカードの【特殊能力】効果を使う
皇帝 2016-10-20-01-12-57 ラウンドを終了させる
商人 2016-10-20-01-13-25 自分以外のプレイヤーが共通のストックに1金置く
僧侶 2016-10-20-01-13-47 カードの効果を無効化する
忍者2016-10-20-01-14-09他のプレイヤー1人の手札を全て捨て、2枚補充させる
公家 2016-10-20-01-14-32 他のプレイヤー1人の手札を確認し、その中からカードを1枚奪い、その効果を即座に使う
農民2016-10-20-01-14-53同時に2枚使用した時、5バトルポイントで他の全てのプレイヤーを攻撃する
2016-10-20-01-15-21 共通のストックもしくは他のプレイヤーの所にある「万石コイン」を半分盗む
巫女 2016-10-20-01-15-41 他の全てのプレイヤーは、手札を15秒間表向きにする
茶人 2016-10-20-01-16-10 ランダムに他のプレイヤーのカードを1枚奪い、その効果を使う
大名 2016-10-20-01-16-27 5バトルポイントで、1人のプレイヤーを攻撃する

戦闘について

戦闘が発生した場合、攻撃するプレイヤーのプレイしたカードに書かれたバトルポイントと指定された側のプレイヤーの2枚のカードのバトルポイントの合計値を比較します。

攻撃する側のバトルポイントが大きかった場合、攻撃されたプレイヤーはラウンドから脱落します。

ラウンドの終了条件

ラウンドの終了条件は複数あります。

  • 1人のプレイヤーのみ勝ち残ったとき
  • 「エンペラーカード」がプレイされたとき
  • 「キャラクターカード」の山札がなくなったとき

2と3の場合は、ラウンド終了時の【名誉ポイント】を比べて最も【名誉ポイント】の多いプレイヤーが『ラウンドの勝者』になります。

image

『ラウンドの勝者』は、共通のストックにある「万石コイン」を全て獲得します。

これを、ラウンド終了時にいずれかのプレイヤーの「万石コイン」がなくなるまで繰り返します。

感想

どのタイミングで、他のプレイヤーを攻撃するかどうかを見極めるゲームでした。

最初は、カードの効果をサマリーの表を見ながら確認しつつ進める感じになりますが、慣れてくるとスムーズに展開していきます。なので、ゲーム自体も短時間でおわります。

カードの能力が様々で、他のプレイヤーが繰り出す効果に一喜一憂しつつ楽しむ軽めなカードゲームだと思いました。

あと、アートワークが素晴らしいですね。Kickstarterでも外人受けしそうな気がします!

​​
2016-10-02-21-06-28