4


(出典:ゲームマーケット『公式サイト』

ゲーム名聖杯サクセション
メーカー大気圏内ゲームズ (2016)
ゲームデザイナーシマムラナオ, ドウゲンノブタケ
人数2人
時間10~20分
年齢13歳~

ゲームについて

『聖杯サクセション』は、王位継承をテーマにした2人用カードゲームです。「多くの得点を獲得する」もしくは「全ての聖杯カードを獲得する」ことで、勝敗を決めます。

大気圏内ゲームズは、ゆるっとしたイラストと遊びごたえのあるゲームデザインで人気のサークルです。2016年には『シンデレラが多すぎる』がアークライトから発売されました。

ゲームの目的

王位継承争いに勝ち、王位に就くことを目指します。

ゲームの勝利条件及び終了条件は、2つ用意されています。それぞれのゲーム終了条件に応じて勝ち方が異なります。

聖杯サクセション

その1.通常サクセション

勝利条件

ゲーム終了時、より多くの得点を持っているプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

4ラウンドが終わったとき、ゲームが終了します。

その2.聖杯サクセション

勝利条件

ゲーム終了時、聖杯カードを3枚集めたプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

いずれかのプレイヤーが、聖杯カードを3枚集めたとき即座にゲームが終了します。

ゲームの準備

聖杯サクセション
  • 各プレイヤーに、手札を5枚配ります。
  • 共通の場に、カードを2枚配置します。
  • 残りのカードを山札にします。

カード構成について

聖杯セクション
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
以下の45枚のカードのうち、42枚をゲームで使用します。

勢力カード

  • 勢力5カード:5枚
  • 勢力6カード:6枚
  • 勢力7カード:7枚
  • 勢力8カード:8枚

プラスカード/マイナスカード

  • プラスカード:7枚
  • マイナスカード:9枚

聖杯カード

  • 聖杯カード:3枚

手番でやること

手番では、2つのうち1つのアクションを行います。「カードを取る」は、ラウンドで1回しか選択することができません。

2016-12-16-21-23-00

ラウンドでの手番は、交互に交代します。どちらが先手かを示すカードも用意されています。

【カードを出す】

聖杯サクセション

手札を1枚選び、共通の場に出します。

【カードを取る】

聖杯サクセション

共通の場からカードを5枚獲得します。
(場のカードが5枚未満の場合はあるだけ獲得)

ラウンドの終了

2人のプレイヤーが「カードを取る」を行うと、ラウンドが終了します。

これを最大4ラウンドまで行います。

得点計算

聖杯サクセション

勢力カード

勢力マジョリティ

勢力カードの種類毎に、どちらの枚数が多いかを比べます。

より多い枚数を獲得しているプレイヤーが、そのカードに書かれた数字の得点を獲得します。

勢力セットコレクション

勢力5~8カードをそれぞれ1枚ずつ持っていると、セット毎に5点を獲得します。

プラスカード/マイナスカード

カードに書かれた数字が得点になります。

聖杯カード

得点になりません。

おわりに

タイトルになっている「聖杯サクセション」を成立させないように、いかに得点を最大化していくかが面白いゲームでした。

「聖杯カード」を2枚獲得すると、相手に対して相当プレッシャーがかかります。そこをいかに防ぐかもポイントになりそうな気がします。

一度カードを取ってしまうと、以降は相手のターンになってしまいます。そのため、自分が獲得したいカードを温存して相手が降りるのを待つか、それとも早めに欲しいカードを仕込んで早々カードを獲得するのかの戦略も悩ましかったです。

短時間で濃密な駆け引きが楽しめるので、持っておきたい一品だなと思いました。

ゲームデザイナーのshimamuwさんによるデザイナーノートも公開されているので、そちらも読んでみると面白いと思います☆

それではまた~。

ゲーム紹介一覧へ

image
座椅子からひょっこり