4


(出典:Board Game Geek

ゲーム名パプス (Pups)
メーカーBink Ink LLC (2016)
ゲームデザイナーCharlie Bink
人数2~5人
時間15~30分
年齢8歳~


ゲームについて

ブリーダーとなり、自分の犬達を大会で勝たせることを目指すマストフォロービッド式トリックテイキングゲームです。

ゲームデザイナーは、Charlie Bink氏です。アーティストとして活動しつつも、ゲームデザインもしています。ライナー・クニツィア氏の『ボツワナ』のアートワークを手がけています。

ゲームの目的

より多くの得点を稼ぐことを目指します。

Pups
手札と場札の様子

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

ゲーム終了条件は、2つあります。
  1. 「トップドッグカード」の山札がなくなったとき
  2. 「ビッドカード」のいずれかの山札がなくなったとき

ゲームの準備

  • 「ビッドカード」「トップドッグカード」の山札を作ります。
    パプス(Pups)
    「ビッドカード」と「トップドッグカード」の山札
  • 各プレイヤーに、得点の状況を示す「スコアパイルカード」を配ります。
    「スコアパイルカード」と「スタートプレイヤーマーカー」

子犬カードについて

子犬カードは5種類あります。

パプス(Pups)
家庭犬(緑)、番犬(赤)、愛玩犬(黄)、労働犬(青)
パプス(Pups)
雑種犬(白)
  • 緑:家庭犬 (1~10, 1枚ずつ)
  • 赤:番犬 (1~10, 1枚ずつ)
  • 黄:愛玩犬 (1~10, 1枚ずつ)
  • 青:労働犬 (1~10, 1枚ずつ)
  • 白:雑種犬 (+1~+3, 3枚ずつ)

各カードのイラストはそれぞれ違い、様々な犬種が書かれています。

パプス(Pups)
家庭犬のカード10枚

ゲームの流れ

ゲームは、3つのフェイズに分かれています。

  1. ビッドフェイズ
  2. 勝負フェイズ
  3. 結果フェイズ

1.ビッドフェイズ

スタートプレイヤーから順にビッド(入札・予想)を行います。スタートプレイヤーは、現在の得点が最も低いプレイヤーです。

  1. 切り札となる犬の種類(アルファドッグ)を決めます。
  2. 各プレイヤーに、手札となる子犬カードを7枚配ります。
    パプス(Pups)
    7枚の手札カード
  3. 今回のラウンドで、何回勝つことができるか(トリックを取れるか)を予想してビッドカードを選びます。予想できる勝利数は、7種類あります。

    パプス(Pups)
    「トップドッグカード」と「ビッドカード」

    予想を的中させた場合の勝利点がビッドカードに書かれています。トリック数の予想が多いほど、得点は高いです。

    トリック数得点
    0次のラウンド以降で、使える1トリック分のカード
    1≦1
    12
    2≦2
    24
    3≦3
    36

2.勝負フェイズ

スタートプレイヤーから順に手札から子犬カードを1枚選んで、場に出します。スタートプレイヤーは、予想を的中させたときに獲得できる得点が最も高いプレイヤーです。

全てのプレイヤーが子犬カードを出した後、カードの強さを比べます。基本的なルールは、マストフォローのトリックテイキングゲームと同じです。

パプス(Pups)
各プレイヤーがカードを出した状態

勝負フェイズをいずれかのプレイヤーの手札がなくなるまで繰り返します。

このゲームの特徴としては、【雑種犬】のカードを他の子犬カード(+1~+3)と一緒に出すことができる点です。自分の出した子犬カードに数字を加算することができます。

パプス(Pups)
雑種犬のカード

3.結果フェイズ

パプス(Pups)
ビッドカードを得点化したときの様子

予想を的中できたプレイヤー

骨のマークが上になるように、ビッドカードを得点カードの上に載せます。

予想を的中できなかったプレイヤー

ウンチのマークが上になるように、ビッドカードを得点カードの上に載せます。

骨のマークはプラスの得点、ウンチのマークはマイナスの得点になります。
※このカードは、次ラウンド以降でリベンジすることができます。

一番多くのトリックを獲得したプレイヤー

「トップドッグカード」を獲得し、得点カードの上に載せます。

骨のマークはプラスの得点、ウンチのマークはマイナスの得点になります。

ゲーム終了時に、最も高い得点のプレイヤーがゲームの勝者になります。

おわりに

雑種犬カードの使いどころが勝負の鍵を握るトリックテイキングゲームでした。勝てるかなと思っていても、くつがえされることが非常に多いです。これが、ハラハラしますし意外性に一喜一憂できるので盛り上がります。

ビッドカードも、トリック数をぴったりと予想するカードの他に「~以上」として予想できるのも良いと思いました。 厳密な予想が困難な場合もあるので、自信がなければ緩めに。そして、一発逆転も狙うことができます。

最近遊んだトリックテイキングゲームの中では、ダントツにおもしろかったです!!そいではまた~


image
新ネコ登場!