3

ゲーム名 マンハッタン (LAMINATE RUMMY)
メーカー Hans im Glück (1994)
ゲームデザイナー アンドレアス・ザイファルト (Andreas Seyfarth)
人数 2~4人
時間 45分
年齢 10歳~


ゲームについて

『マンハッタン』は世界の6都市に摩天楼を建築する陣取りゲームです。1994年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したゲームです。

日本では、メビウスゲームズさんが取り扱っており、2017年においても流通が続いているゲームです。そして、メビウスおやじさんが一番好きなゲームだったはずです。(ソースは忘れました)

ゲームデザイナーは、アンドレアス・ザイファルト氏です。プエルトリコ郵便馬車などのゲームを送り出しています。2006年に『郵便馬車』でもドイツ年間ゲーム大賞を受賞しています。

マンハッタン(Manhattan)
(出典:Board Game Geek
アンドレアス・ザイファルト(Andreas Seyfarth)

ゲームの目的

ビルを建築し、より多くの得点を稼ぐことを目指します。

マンハッタン(Manhattan)
ゲーム中の様子

勝利条件

ゲーム終了時、 最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

全4ラウンド(※4人プレイ時)が終了すると、ゲームが終了します。

ゲームの準備

  • 各プレイヤーにビルパーツを配ります。
    マンハッタン(Manhattan)
    ビルパーツは高さが4種類あり、種類によって個数が異なります。
  • 各プレイヤーに手札を4枚配ります。
    マンハッタン(Manhattan)
    手札の様子


ゲームの流れ

ゲームは、全4ラウンド行います。

ラウンドについて

ラウンド開始時、各プレイヤーはラウンドで使うビルパーツを6つ(※4人プレイ時)選びます。

このビルパーツがなくなると、ラウンドが終了します。

手番について

手番は、スタートプレイヤーから順に1人ずつ行います。

手番でやること

手番でやることは、2つのみです。

  1. ビルパーツを配置する
  2. 手札を補充する

1.ビルパーツを配置する

手札のカードを1枚選んで使います。カードには、3×3のマス目が書かれており、その1箇所が赤くなっています。

マンハッタン(Manhattan)
手札カードの様子

この、赤くなっている箇所に自分のビルパーツを配置します。

自分のビルパーツが一番高い位置に置くと、そのビルの所有者になります。

2.手札を補充する

山札から手札を1枚補充します。手札の枚数は、常に4枚です。

ビルパーツ配置について

ビルパーツを配置することのできるエリアは、全部で6箇所あります。配置の条件を満たしていればどの場所にでも置くことができます。ただし、ビルを配置する場所は手札で示された場所になります。

マンハッタン(Manhattan)
ゲーム中の様子

ビルの配置条件

配置する先のマスの状態に応じて、条件が変わります。

ビルが建っていない場合

自由に配置することができます。

自分のビルが建っている場合

既に建てているものの上に、配置することができます。

他プレイヤーのビルが建っている場合

他のプレイヤーが既に立てている階数(高さ)の合計値以上になる場合、配置することができます。

得点計算

ラウンド終了後、得点を計算します。3つの項目について確認します。

1.最も高いビルの確認(※)

6つのエリア全体で、最も高いビルの所有しているプレイヤーが3点を獲得します。

※注意事項
版によっては、最も多くのビルを所有しているプレイヤーが3点を獲得するルールになっている場合もあります。

プレイ感や戦略が、大きく変わるのでお好きな方を探してみてもいいかもしれません。今回の説明は、メビウスゲームズさんの公開訳に基づいています。

2.各エリアのオーナー数の確認

6つのエリア毎に、最も多くのビルを所有しているプレイヤーが2点を獲得します。

3.所有ビル数の確認

所有しているビルの数につき1点を獲得します。

バリアントルール

メビウスゲームズさんのブログに、【ゴジラバリエーション】【ミニラバリエーション】の2つのバリアントルールが公開されています。

こちらのルールは、基本ルールに追加して遊ぶものになります。このルールが、なかなか面白いらしいとの噂を聞いたので、載せておきます。

ゴジラバリエーション

手番でビルを配置したあと、ゴジラのコマを1マス動かします。動かす方向は、出したカードの示したものと同じです。

ゴジラが移動した先にビルがある場合は、全てゲームから取り除きます。

ミニラバリエーション

手番でビルを配置したあと、ミニラのコマを1マス動かします。動かす方向は、出したカードの示したものと同じです。

ミニラが移動した先にビルがある場合は、ビルの一番上のパーツをゲームから取り除きます。

詳細は、メビウスゲームズさんのウェブページをご確認ください。

おわりに

ビルを置いては置かれてを繰り返す陣取りゲームです。奪い合いはとても熾烈です。他のプレイヤーの思惑を潰しつつ自分がどう伸びるかを考えるのが楽しいゲームだなと思いました。

ただ、手札によって配置できる場所絞られるため、どうにもならないこともあったりはします。

立体感のあるゲームなので、見た目からくるワクワク感はとても魅力的です。立体感のあるゲームや陣取りゲームが好きな方は、遊んでみてはいかがでしょうか。

お気に入り度:★★★☆☆ (6/10)

ゲーム紹介一覧へ