ゲーム名 ニムト (6 nimmt!)
メーカー Amigo (1994)
ゲームデザイナー ウォルフガング・クラマー (Wolfgang Kramer)
人数 2~10人
時間 45分
年齢 8歳~

今回は、ウォルフガング・クラマー 氏の人気カードゲーム『ニムト』と発売20周年を記念して作られた追加カードなどの紹介をします。



6枚目のカードを出さないようにするゲーム

『ニムト』は、場のカードをなるべく引き取らないように手札をなくすことを目指すカードゲームです。

ゲームデザイナーは、ウォルフガング・クラマー氏です。代表作は、『エルグランデ』『ティカル』『トーレス』などです。過去にドイツ年間ゲーム大賞を4度も受賞しており、超有名デザイナーの1人です。

勝利条件

ゲーム終了時失点の最も少ないプレイヤーが、ゲームに勝利します。

終了条件

10ラウンド目がおわったとき、ゲームが終了します。

ゲームの準備

カードは、1〜104まで1枚ずつで構成されています。

  • 各プレイヤーに手札のカードを10枚ずつ配ります。
  • 共通の場にカードを4つの列にカードを1枚ずつ並べます。


ゲームの流れ

全てのプレイヤーが同時に手番を行います。手番でやることは、手札のカードを1枚選んで場に配置するだけです。

カードは裏向きにして出し、一斉に表向きにします。その後、数字の小さいカードから順にカードを列に配置します。

#alt
配置ルール
  • 出したカードより小さく、最も近い数字の後ろにカードは配置されます。
    #alt
  • 各列にカードは5枚までしか配置できません。6枚目のカードになった場合は、1〜5枚目のカードを引き取ります。このカードは、カードに書かれた牛のマークだけマイナス点になります。
    #alt
    #alt

ゲームの終了

これを10枚の手札がなくなるまで繰り返し、最もマイナス点の低いプレイヤーがゲームに勝利します。

追加カードについて

『ニムト』の20周年記念版に付属の追加カードが、単品で発売になったのでどんなものなのかの説明をしたいと思います。

カード構成は、「0.0」〜「0.9」の計10枚です。

#alt
『ニムト』追加カード

通常ルールからの変更点

  • ゲーム開始時、手札に追加カードを1枚ずつ配ります。手札は合計11枚に
  • 追加カードは、配置する列を自由に選べます。
  • 実際にプレイするとこんな感じになります。

    #alt
    #alt

おわりに

今回は、『ニムト&追加カード』の紹介をしました。追加カード入りでは、まだ遊べていないのですが、追加カードが列を自由に選べるため狙ったプレイヤーにカードを取らせるなんてこともできそうです。

通常ルールに飽きたら入れてみるのもいいかもしれません。今回は紹介しませんでしたが、通常の『ニムト』のためのバリアントルール2つが、ルールブック上で紹介されています。

追加カードは、300円と安いので『ニムト』を既に持っている方は買いだと思います。そいではまた〜

ゲーム紹介一覧へ