(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

ゲーム名 漢字伝説
メーカー EmperorS4 Games (2017)
ゲームデザイナー chauhsin-chou
人数 1~5人
時間 15~30分
年齢 7歳~

象形文字から、漢字を探し出すゲーム!

#alt

『漢字伝説』は、漢字の始祖と言われている伝説の人物蒼頡師匠の弟子となり、共に漢字を創り出すゲームです。

プレイヤーは、場にならんだ象形文字から手元にある漢字を探し出します。2枚のペアを見つけることができれば獲得となります。

ゲームの目的

より多くの漢字カードを獲得することを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時に最も得点の多いプレイヤーもしくは最初に10点を獲得した プレイヤーが、ゲームに勝利します。

終了条件

場から全ての漢字カードがなくなったとき、もしくはいずれかのプレイヤーが10点を獲得したときゲームが終了します。

ゲームの準備

#alt
初期セットアップ図
  • 場に漢字カード30枚を並べます。
  • 各プレイヤーにお題となる任務カードを3枚配ります。
    #alt


ゲームの流れ

スタートプレイヤーから順に、時計回りに手番を行います。

手番では、1つの必須アクション2つの任意アクションを行います。

処理の順番は任意アクションの実行 ➡︎ 必須アクションの実行です。


必須アクション『造字行動』

任務カードを1枚選び、その漢字と一致している場の漢字カードを2枚ずつ探します。

  • 2枚の漢字カードが、お題カードと一致した場合:
    めくった2枚の漢字カードを獲得します。
  • 2枚の漢字カードが、お題カードと一致しなかった場合:
    めくったカードを戻し、造字マーカーを獲得します。

漢字カードについて

#alt

表面に象形文字、裏面に漢字が書かれています。

また、同じ漢字カードのペアでも、象形文字形が異なっています。そのため、漢字によっては難易度の高いものもあります。

#alt

漢字カードには「効果カード」と「得点カード」を1枚ずつ獲得できます。

#alt

任意アクション『造字マーカーの使用』/『カードの使用』

2つのアクションのうち、1つを選んで行います。
(※ルールブックには、2つのアクションが両方行えるかどうかが書いてません。デザイナーに確認した所、どちらか1つを選んで遊ぶのを推奨するとのことでした。)

  1. 造字マーカーの使用
  2. カードの使用

1.造字マーカーの使用

1つ使用する場合:『造字行動』を行います。
その際、めくることのできるカードは2枚から3枚に増えます。

2つ使用する場合:任務カードを交換します。

#alt
造字マーカーの使用

2.カードの使用

既に獲得した漢字カードに書かれたアクションを行います。
漢字カードの表面は、文字の部分だけ光沢のあるエンボスになっています。

#alt

カードアクションについて

漢字カードには、様々なアクションが書かれています。

任務カードの交換


2017-03-12-07-07-42

お題となる任務カードを他のプレイヤーのものと交換します。

造字マーカーの獲得


漢字伝説

他のプレイヤーから造字マーカーを受け取ります。

漢字カードアクションのブロック


漢字伝説

他のプレイヤーの漢字カードアクションを取り消します。
※このカードのみ、他のプレイヤーの手番で使用します。

造字行動を行う


漢字伝説

造字行動を行います。手番でできる造字行動は2回になります。

などなど、様々なアクションがあります。少し煩雑なので、最初はカードアクションなしで遊んでもいいのかなと個人的に思いました。

ゲームの終了

これを漢字カードが全てなくなるか、いずれかのプレイヤーが10点を獲得するまで続けます。

ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーが、ゲームに勝利します。

おわりに

今回は、『漢字伝説』をご紹介しました。

普段使っている漢字の成り立ちも学べる教育ゲーム的な要素もあるゲームです。2枚カードを獲得しないと点数を獲得できないので、少し神経衰弱的でもあります。

繰り返し遊ぶと覚えてしまうかも?そいではまた~

ゲーム紹介一覧へ