image

2017年3月6日~3月12日の「ボードゲームニュース」まとめです。

【国内ニュース】

『ゲームマーケット2017神戸』開催!

3/12に『ゲームマーケット2017神戸』が開催されました。今回の来場者数は、前回から約27%増の4,700人でした。

イベント内では、様々な発表がされました。なので、今週は国内ニュース盛りだくさんです。イベントの様子は、個別記事をご覧くださいませ。

次回は『ゲームマーケット2017春』で、5/14に東京ビックサイトで開催されます。

関連記事

『日本ボードゲーム大賞2016』結果発表!

#alt

『日本ボードゲーム大賞2016』は、「世界のボードゲームを広める会ゆうもあ」が運営するゲーム賞です。一般の人の投票によって大賞が決定する【大賞部門】と、審査員によって大賞が決定する【ゆうもあ賞】の2つがあります。

今回、大賞に『コードネーム』、ゆうもあ賞に『カルバ』が選ばれました。

大賞『コードネーム』


ゲーム名コードネーム (Czech Games Edition, 2015)
人数2~8人
年齢14歳~
時間15分

スパイになり、散りばめられた仲間のスパイのコードネームを見つけ出すチーム戦の協力ゲームです。

共通の場には、25枚のカードが置かれています。その中から、自分のチームのコードネームに関してスパイマスターが手下に伝え、手下がそれを読み取って正解することを目指します。

2016年のドイツ年間ゲーム大賞(SDJ)をはじめ、数多くの大賞を受賞した世界的なメガヒットタイトルです。

ゆうもあ賞『カルバ』


ゲーム名 カルバ (HABA, 2015)
デザイン Rüdiger Dorn
人数 1~4人
年齢 10歳~
時間 40分

探検家となり、島に道を敷いてゴールを目指すタイル配置ゲームです。

全員が同じタイルを 同じ順番で配置するのに異なった道が出来上がるのが面白く、ルールも単純などが魅力的なゲームです。

グループSNEがアナログゲーム雑誌『ゲーム・マスタリー』の創刊を発表!

#alt

グループSNEが、アナログゲーム雑誌『ゲーム・マスタリー(GMマガジン)』を創刊することを発表しました。

内容としては、テーブルトークRPGとボード/カードゲームを含んだ総合サポート誌となるそうです。

創刊準備号(24p)がゲームマーケット2017春で発売され、創刊号(160p)が夏に発売される予定です。

 

ボードゲーム専門店『キウイゲームズ』が2号店のオープンを発表!

#alt
(出典:KIWIGAMES(キウイゲームズ)

日本橋のボードゲーム専門店「キウイゲームズ」が、新大阪駅近くに2号店をオープンすることを発表しました。オープン日は、4月下旬を予定しているとのこと。

関西へ行く際に乗り降りの多い、新大阪駅付近への出店とのことで出張者には嬉しい立地ですね。

『放課後さいころ倶楽部』第9巻発売!

3/10にボードゲーム漫画『放課後さいころ倶楽部』の第9巻が発売されました。

第8巻は、新入生の奈央と環菜がメインでのストーリーでした。ついに第9巻では、「放課後さいころ倶楽部」のメンバー4人と新入生の2人が出会います。

第9巻で紹介されたゲームは、『お邪魔者』『アンドールの伝説』『コードネーム』『ディクシット』の4作品です。

【海外ニュース】

Board Game Geek『Golden Geek Award』結果発表!

#alt

3/7に世界最大級のボードゲームデータベースサイトBoard Game Geek上で、ユーザー投票によって決まるゲーム賞『Golden Geek Award』の結果が発表されました。

全16部門でWinnerが決まり、『SCYTHE』が大賞部門を含む5部門でWinnerとなる結果になりました。

`     
大賞部門
Scythe
2人用ゲーム部門
Star Wars: Rebellion
カードゲーム部門
Arkham Horror: The Card Game
協力ゲーム部門
#alt
(出典:Board Game Geek
Mechs vs. Minions
拡張ゲーム部門
世界の七不思議:デュエル パンテオン
ファミリーゲーム部門
コードネーム:ピクチャーズ
イノベーティブ部門
Captain Sonar
パーティーゲーム部門
コードネーム:ピクチャーズ
プリントアンドプレイ部門
#alt
Star Trek: The Dice Game
1人用ゲーム部門
Scythe
ストラテジーゲーム部門
Scythe
テーマゲーム部門
Scythe
ウォーゲーム部門
Falling Sky: Gallic Revolt Against Caesar
ベストポッドキャスト部門
#alt
Shut Up & Sid Down: The Podcast!
ベストゲームアプリ部門
#alt
Twilight Struggle

5部門で賞を受賞した『SCYTHE』は、アークライトゲームズさんから日本語版がリリースされることも案内されています。

「ヒッポダイス・デザイナーコンテスト」結果発表!

hippodice
(出典:Wettbewerb 2017

ドイツのゲームサークル「ヒッポダイス」が主催するゲームデザインコンテスト「ヒッポダイス・デザイナーコンテスト」の結果が発表されました。

「ヒッポダイス・デザイナーコンテスト」は、過去に様々なゲームデザイナーを排出しているゲームコンテストです。昨年ドイツゲーム賞を受賞した『モンバサ』の原型となるゲームもこちらで1位を獲得したゲームです。

各ゲームの詳細は「ヒッポダイス」に掲載されているPDFから読むことができます。

1位『Happy Hotel』by Timo Petteri Aho (FI)

ホテルを経営するゲームで、8ラウンド(朝・夜を4日間)に渡り、プレイヤーは1枚のアクションカードを実行します。その後、残ったカードは他のプレイヤーに渡します。

2位『Shanghai』by Florian Racky (DE)

上海を舞台にした貿易ゲームです。北京や日本に上海の港から様々な商品を届けます。

3位『The Lucifer Effect』by Albert Ma (GB)

「天使」と「悪魔」の2つの陣営にわかれて行う非対称の半協力パズルゲームです。

審査員

  • Wolfgang Lüdtke – Kosmos
  • Jan Guijarro – Games4Gamers
  • Moritz Brunnhofer – Hans-im-Glück
  • Matthias Wagner – ABACUSSPIELE
  • Matthias Nagy – FROSTED GAMES
  • Uwe Mölter – Amigo
  • Uli Blennemann – Spielworxx
  • Stefan Stadler – Pegasus Spiele
  • Roman Mathar – Argentum Verlag
  • Daniel Greiner – Ravensburger
  • Philippe Schmit – eggertspiele
  • Sebastian Wenzlaff – Asmodee
【気になったWEB記事】

フルコース仕立てのボードゲーム入門で昇天する


VRボードゲーム最新作「モニャイの仮面」が面白い! 初心者もガチ勢も楽しめるゲーム性とは?

副音声

おわりに

今週は、ゲームマーケット2017神戸があったこともあり様々な発表がありました。

そして、『SCYTHE』は勢いがとまりませんね。日本語版のリリースもアークライトさんから発表されたので、いつ発売するのかが今から楽しみな限りです。

ご意見・ご感想などは@nico_bodoまで頂ければ幸いです。TweetのRTなんかも大歓迎でございます。それではまた〜

関連記事