『ゲームマーケット2017春』気になる新作ゲーム(前編)

来週の5/14に開催されるアナログゲームイベント『ゲームマーケット2017春』で、発表される新作ゲームで個人的に気になる作品を紹介してみようと思います。今回は、その前編です。

スポンサーリンク

『ゲームマーケット2017春』について

image

(出典: 『ゲームマーケット』公式サイト

開催日 2017 年 5 月 14 日(日)
開催時間 10時~17時
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1,2ホール
住所 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
入場料 1000円(会場マップ 入場チケット付き)

1500円(カタログ 入場チケット付き)
※チケットは、ボードゲームショップなどで販売しています。
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

『ゲームマーケット』は日本最大級のアナログゲームイベントです。新作のボードゲーム・創作ゲームの販売などが行われます。

年に3回開催され、東京が2回・関西が1回となっています。

http://gamemarket.jp/

魔物に最後の一撃を!『トドメ騎士団』

トドメの騎士団
(出典:Board Game Geek
ゲーム名 トドメ騎士団
ブース名 インスタント・インスト
ブース番号 L15-16
デザイン 古川リョーヤ
イラスト 古川リョーヤ
人数 2~5人
時間 20~30分~
年齢 8歳~
価格 2000円

魔物にトドメを刺すことを目指して戦うカードゲームです。

プレイヤーは「ナイト」「アーチャー」「ビースト」の3つの種族を操ります。各カードは「0」~「7」の8枚で構成されています。数字の小さいキャラクターから順に攻撃をしていき、魔物を倒します。

魔物達もキャラクター毎に様々な能力をもっており多彩なので、毎回違ったゲーム展開が楽しめそうです。

ゲームの内容もさることながら、全てユニークなキャラクターカード達も魅力です。カード依頼ストを眺めるだけでも楽しめそうです。

http://gamemarket.jp/game/%e3%83%88%e3%83%89%e3%83%a1%e9%a8%8e%e5%a3%ab%e5%9b%a3/

暴走したアンドロイドから逃げ切れ!『CAPTURING CAGE』

ゲーム名 CAPTURING CAGE
ブース名 TUKAPON
ブース番号 D31
デザイン Kenji Mishima
イラスト decotdesign
人数 3~5人
時間 ~30分
年齢 10歳~
価格 2000円

暴走したアンドロイドから科学者が逃げるゲームです。

科学者陣営とアンドロイド陣営にわかれて、鬼ごっこを行います。ゲームマーケットブログによると、『スコットランドヤード』+『呪いのミイラ』とのこと。

科学者側は、3アクションを使ってアンドロイドから逃げつつサーバーをダウンさせることを目指します。

一方、アンドロイド側は5アクションを使いサーバーをダウンされないように、科学者を捕まえることを目指します。

構図的には、『スコットランドヤード』とは逆の構図になっています。「High!High?High!!」や「捕込」のデザインした「TUKAPON」さんの作品とあって期待しちゃいます。

http://gamemarket.jp/game/capturing-cage/

惑星から様々な資源を獲得して影響力を拡大!『プラネトリコ』

ゲーム名 プラネトリコ
ブース名 四等星
ブース番号 B15-16
デザイン りかち
イラスト mor!
人数 3~5人
時間 50~70分~
年齢 9歳~

惑星での影響力を増やすことを目指す拡大再生産ゲームです。

惑星にワーカーを派遣し、惑星から帰還する際に様々な資源を獲得します。この資源を使って、様々なガジェットを開発したり惑星を自分のものにすることで、影響力を拡大していきます。

ゲームデザインは、『ラミネートラミー』のデザイナー・りかち氏です。『ラミネートラミー』がとても楽しかったので、新作も気になる限りです。

http://gamemarket.jp/game/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B3/

指を使ったミニマムなジェスチャーゲーム!『ゆびリンピック』

ゲーム名 ゆびリンピック
ブース名 スタジオくるくる
ブース番号 M13
デザイン 神田右京
イラスト イラスト:RS
グラフィック:やまざきおさむ
人数 3~8人
時間 10~20分
年齢 8歳~
価格 2000円

指を使って、スポーツを表現するミニマムなジェスチャーゲームです。

競技者(ジェスチャーする人)は、以下の4つのルールに従わなければいけません。

  • 指カードで決まった指のみを使う
  • 片手の手首より上を使う
  • 相談、発生禁止
  • 体全体を使ったり、大きな身振り手振りは禁止

使うのを限られた指のみで、どこまで表現できるのかが実際に遊んでみないとわからない気もしますが、ミニマムなジェスチャーながら盛り上がりそうな気がしました。

http://gamemarket.jp/game/%E3%80%90%EF%BD%8D%EF%BC%91%EF%BC%93%E3%80%91%E3%82%86%E3%81%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF/

始皇帝に仕えるナンバー1の部下になれ!『エンペラーズ・チョイス』

エンペラーズ・チョイス
(出典:Board Game Geek
ゲーム名 エンペラーズ・チョイス
ブース名 OKAZU brand
ブース番号 L23-24
デザイン HISASHI HAYASHI (林 尚志)
イラスト ryo@にゃも
人数 3~5人
時間 90~120分
年齢 12歳~
価格 5000円

始皇帝の部下となり、功績をおさめることを目指す重量級ボードゲームです。

ゲームは以下の3つのフェイズを行うことで進みます。

  • 「競りフェイズ」:必要なタイルを集めるために他プレイヤーと争う
  • 「内政フェイズ」:人材確保や宮殿建設などで自分の力を上げたり、皇帝の信頼を上げる
  • 「詔勅フェイズ」:皇帝一番の信頼者が行える、決算を行う政策カードを操作する

優秀な人物やタイルを獲得しつつ、皇帝の信頼を得ていく必要があります。

Kickstarterで約4500万円の出資を集めた『横濱紳商伝』に続く重量級ゲームということで大注目のゲームです。

エンペラーズ・チョイス/Emperor's Choice
ボードゲーム「エンペラーズ・チョイス/Emperor's Choice」の紹介ページです。

関連記事

http://nicobodo.com/archives/21074008.html

http://nicobodo.com/archives/21332012.html