3

ゲーム名ダイス・スター
メーカーMatagot (2016)
ゲームデザイナーBruno Cathala, Ludovic Maublanc
人数1~4人
時間15~20分
年齢10歳~

点数を最大化するためにダイスを選ぶゲーム!

ダイス・スター

『ダイス・スター』は、ダイスを選んでより多くの点数をスコアカードに書き込むダイスゲームです。

ダイスは4色あり、以下のような構成になっています。(括弧内はダイスの出目)

  • 黄:5個(★×2、3、4、5、6)
  • 青:4個(★、2、3、4、5、6)
  • 紫:3個(★、2、3、4、5、6)
  • 黒:2個(★、2、3、4、5、6)

3つのダイス獲得方法

ダイスを振り、「同じ出目」「同じ色」「★」のうちいずれかを選んでダイスを獲得します。

これをスコアカードに記入していきます。

ダイス・スター
スコアカード

ブルーノ・カタラ氏×ルドヴィック・モーブロン氏の新作!

ブルーノ・カタラ ルドヴィック・モーブロン
(出典:Board Game Geek

ゲームデザイナーは、ブルーノ・カタラ氏ルドヴィック・モーブロン氏です。コンビでデザインしたゲームの代表作にはキクラデス (Cyclades)Mr.ジャック (Mr. Jack)などがあります。

ゲームの目的

より多くの得点の獲得を目指します。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の多いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

いずれかのプレイヤーがスコアカードの白いエリアを全て埋めたあと、全てのプレイヤーが手番を1回ずつ行うとゲームが終了します。

ダイス・スター


ゲーム詳細

手番でやることは、3つです。

  1. ダイスを振る
  2. ダイスを獲得する
  3. スコアカードに記入する

1.ダイスを振る

ダイスを1~3個袋から引き、振ります。

2.ダイスを獲得する

振ったダイスの出目から3つの方法のいずれか1つを選び、ダイスを獲得します。

選び方は、「同じ出目のダイス」「同じ色のダイス」「★のダイス」の3種類です。

場に残ったダイスは、次のプレイヤーが獲得する権利があります。前のプレイヤーがダイスを場に残した場合、自分の振ったダイスとあわせて獲得できます。

3.スコアカードに記入する

ダイス・スター

スコアカードには、獲得したダイスの合計値を記入します。

上の写真では、「4」「5」「6」を獲得しました。3つのダイスを選んだので3マス埋める必要があります。上から2つに「✘」を上から3つ目に合計値の「15」を記入します。

一方で「★」を選んだ場合は、スコアカード右側の黄色いエリアの好きな列に「✘」を記入します。

#alt

ゲーム終了時、★の列が埋まっていると左側のエリアで点数が倍になります。しかし列が埋まらないと、点数は0点になります。

なので、どの列で倍点を狙っていくかが悩みどころです。

ゲームの終了と得点計算

ゲーム終了条件を満足したあと、スコアカードの合計値を計算します。

#alt
ゲーム終了時のスコアカード

最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

おわりに

どのマスを埋めていくか、どのタイミングで★を獲得するのかを悩むゲームでした。

ルールは非常にわかりやすいので、遊びやすいと思います。その証拠に、ゲームパッケージの背面も超シンプルです。

ダイススター

今回は、★が1つ足りずに1位を逃して悔しかったのでまたやりたい。

ゲーム紹介一覧へ



この後、風呂の水をがぶ飲みしてました