『ドイツ年間ゲーム大賞2017』ノミネート作品紹介(エキスパート部門編)

『ドイツ年間ゲーム大賞2017』のノミネート作品が発表されました。エキスパート部門にノミネートされた3作品は、『脱出:ザ・ゲーム』『Räuber der Nordsee』『テラフォーミング・マーズ』でした。今回は、各ゲームの簡単な紹介をします。

『ドイツ年間ゲーム大賞』について

image

『ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jares)』は、1979年から続くドイツのアナログゲーム賞です。ノミネートから大賞決定まで、審査員が決定します。非常に歴史が長いこともあり、ボードゲーム界隈では非常に名誉のある賞です。

受賞したゲームは、ゲームの箱に大賞をとったことを表すポーンマークをつけることができます。2000年からはキッズゲーム大賞、2007年からはエキスパートゲーム大賞も新たに設けられており、現在は大賞を含めた合計3部門の発表が行われます。

年間キッズゲーム大賞は6月に。年間ゲーム大賞・年間エキスパート大賞は7月に発表されます。

今回は、ゲーマー向けの賞である年間エキスパート大賞にノミネートされた3作品をご紹介します。

ノミネート作品一覧

年間ゲーム大賞部門

    年間ゲーム大賞部門
  • キングドミノ(Kingdomino) / Pegasus|Blue Orange
  • マジックメイズ(Magic Maze) / Sit Up
  • エルドラド(Wettlauf nach El Dorado) / Ravensburger)

年間キッズゲーム大賞部門

    年間キッズゲーム大賞
  • Captain Silver / Queen Games
  • アイスクール(ICE Cool) / Amigo
  • Der mysteriöse Wald / IELLO|Huch! and friends

年間エキスパート大賞部門

    年間エキスパート大賞部門
  • 脱出:ザ・ゲーム(EXIT: Das Spiele) / Kosmos
  • Räuber der Nordsee / Schwerkraft
  • テラフォーミングマーズ(Terraforming Mars) / Schwerkraft|Fryx


ボードゲーム版脱出ゲーム!『脱出:ザ・ゲーム』シリーズ

脱出:ザ・ゲーム
(引用:EXIT - The game

ゲーム名脱出:ザ・ゲーム (Exit: Das Spiel)
メーカーKosmos (2016)
ゲームデザイナーInka Brand, Markus Brand
人数1~6人
時間45~90分
年齢12歳~

『脱出:ザ・ゲーム』は、Kosmos社とブラント夫妻のタッグによるボードゲーム版脱出ゲームです。

現在までに3作品は発売されており、今回の『ドイツ年間ゲーム大賞2017』ではシリーズとしての受賞となりました。

日本語版のアナウンスがGroupSNEさんからされており、2017年7月から順次される予定になっています。

ストーリー

プレイヤーは、不思議な空間に閉じ込められました。突然ドアが閉まり、時計は刻々と進み始めます。一つの重要なメッセージが現れます「すべてのパズルを解いて部屋から出ろ!」

脱出するには、チームのコンビネーション・精神力・創造性が必要になります。脱出方法を探り、隠された手がかりを見つけてコードを解くことを目指します。

EXIT: The Game – The Secret Lab

あなたは研究室で実験結果を報告しなければいけません。もちろん、あなたは時間厳守です。しかし、あなたと離れてここには誰もいないようです。ここは何かがおかしい。テストチューブから蒸気が上がり、めまぐるしくなる。あなたが目を覚ますと、ドアはロックされ、ノートブックと奇妙なターンテーブルが見つかります...

脱出:ザ・ゲーム
(引用:Board Game Geek

火星を開拓して人が住める環境を作ろう!『テラフォーミング・マーズ』

ゲーム名テラフォーミングマーズ(Terraforming Mars)
メーカーSchwerkraft-Verlag (2016)
ゲームデザイナーJacob Fryxelius
人数1~5人
時間90~120分
年齢12歳~

巨大企業のオーナーになり、火星開拓への貢献や、ソーラーシステムなどの人間のインフラ構造を進歩させることで、貢献することを目指します。

ストーリー

2400年代にはいり、人類は火星の惑星の開拓を開始します。地球上の世界政府が主導し各企業業は、環境が居住可能になるまで温度、酸素レベル、海域を上げるためのプロジェクトを開始します。

alt

200枚以上のプロジェクトカードで多彩な戦略がとれる!

プレイヤーは、200以上の異なるプロジェクトカードを手に入れ様々なアクションを行います。

プロジェクトカードは、植物の生命や動物の育成、小惑星の開拓、都市の建設、大気を温める温室効果ガスの生成など様々です。カードは即座に効果を発揮するだけでなく、継続的な効果も発揮することで資源の生産量などを増やすことができます。

日本語版のアナウンスがアークライトゲームズさんからされており、2017年中に発売する予定になっています。詳細は、個別記事をご覧ください。

バイキングになって略奪を繰り返せ!『Räuber der Nordsee』

Räuber der Nordsee
(引用:Board Game Geek
ゲーム名Räuber der Nordsee
メーカーSchwerkraft-Verlag (2016)
ゲームデザイナーShem Phillips
人数2~4人
時間60~80分
年齢10歳~

酋長に認められるため略奪を!

『Räuber der Nordsee』は、バイキング時代の戦士として、クルーを集め、金・鉄・家畜を略奪するために北海へ旅をします。

酋長に自分の実績を報することで勝利点を獲得します。勝利点を獲得する手段は、襲撃による資源の略奪などです。

『ドイツ年間ゲーム大賞2017』ノミネート作品紹介(エキスパート部門編):Räuber der Nordsee
(引用:Board Game Geek

ワーカープレイス&リムーブ

手番でやることは、「働く」「襲撃する」かのどちらかです。

襲撃するためにはクルーと食料が必要なため、それを「働く」のアクションで集めます。そして、襲撃可能な条件を満足させて「襲撃する」という感じです。

それぞれのアクションは「労働者を配置」もしくは「労働者の回収」によってそこに書かれたアクションを行います。

推奨リスト入り作品

Capture10

推奨リストに入った作品は以下の通り。

大いなる狂気の書

大いなる狂気の書

キャプテンソナー

キャプテンソナー

グレート・ウエスタン・トレイル
(Great Western Trail)

Les Poilus (The Grizzled)

Les Poilus (The Grizzled)

おわりに

『Räuber der Nordsee』は、『Raiders of the North Sea』というタイトルで2015年に発売された作品ですが、あまり見かけたことがないゲームです。なので、どんなゲームかが気になります。

そして、トレンドである脱出ゲームがエキスパート大賞にノミネートされましたね。既にKosmos社からは続編となる3作品も発表済みとなっており、ますます影響力を増しそうです。

個人的には推しのファーストクラス入らなくて残念でした。というわけで、そいではまた~

関連記事