3
プラネトリコ
(引用:プラネトリコルールブック
ゲーム名プラネトリコ (Planeta Rica)
メーカー四等星(2017)
ゲームデザイナーりかち
人数3~5人
時間50~70分
年齢9歳~

宇宙開発競争カードゲーム!

ゲーム紹介『プラネトリコ(Planeta Rica)』:内容物

惑星から様々な資源を獲得して、ガジェットを獲得することで影響力を拡大するワーカーリムーブメントゲームです。

ゲームデザイナーは、りかち氏です。『ラミネートラミー』をデザインされており、『プエルのトリコ』というウェブサイトで、様々なオリジナルトランプゲームのルールを公開されています。

ストーリー

ー時空を我が手に
140億光年彼方ニューアースを飛び出し、宇宙開発競争の幕が今、切って落とされました。プラネトリコは宇宙開発競争カードゲームです。ゲーム終了時に最も得点(VP)の高いプレイヤーが勝利します。惑星の侵略、ガジェットの開発、寄付による名声の獲得、広大な宇宙を開発する方法は一つではありません。
あなたのやり方で、この時空を手中におさめてください
(引用:『プラネトリコ』インストラクション)

ゲームの目的

宇宙開発で最も影響力を及ぼすことを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時、最も勝利点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

2つの条件のうちどちらかが満たされたあと、スタートプレイヤーの右隣のプレイヤーのターンが手番を行うとゲームが終了します。

  • 惑星カードとガジェットカードを12枚手に入れたとき
  • 名声点チップがなくなったとき


ゲームの準備

ゲーム紹介『プラネトリコ(Planeta Rica)』:各プレイヤーの初期セットアップ

各プレイヤーは、惑星カード「ニューアース」とサマリーカード、ワーカー駒を6個、5金を受け取ります。

場の中央に、『惑星カード』『ガジェットカード』を並べます。

ゲーム紹介『プラネトリコ(Planeta Rica)』:惑星カード
惑星カード
ゲーム紹介『プラネトリコ(Planeta Rica)』:ガジェットカード
ガジェットカード

手番でやること

手番では、『帰還フェイズ』『アクションフェイズ』の2つを行います。

1.帰還フェイズ

ゲーム紹介『プラネトリコ(Planeta Rica)』:帰還フェイズ

自分の惑星に派遣しているワーカーを上から1個帰還させます。これは、各惑星毎に発生します。

帰還する際、ワーカーの下に載っている資源等を獲得します。

2.アクションフェイズ

アクションフェイズでは、6つのアクションから1つを選びます。

  1. 帰還
    ワーカーを1個帰還させます。
  2. 派遣
    ワーカーを惑星に派遣します。ワーカー駒を配置する際、カードの上から配置します。
  3. 侵略
    『惑星カード』を獲得します。(コインを支払う)
  4. 開発
    『ガジェットカード』を獲得します。(資源を支払う)
  5. 集金
    1金獲得します。追加で資源を支払って、2金獲得することもできます。
  6. 寄付
    『3種類の資源』と『1金』を支払って、3名声点を獲得します。

これをいずれかのプレイヤーが、ゲーム終了条件を満たすまで行います。

レビュー

資源を獲得するために惑星にプロットをして、手番で順次回収していくシステムから『ツォルキン』に通じるところを感じました。

どのガジェットや惑星を獲得するかを考えつつ、資源を獲得して拡大再生産する感じが楽しいです。ゲーム終盤の様子は下の通りです。

ゲーム紹介『プラネトリコ(Planeta Rica)』:ゲーム終盤の様子

ガジェットカードの効果は本当に様々です。基本的には6つあるアクションを強化する役割を担っています。例えば、獲得できる勝利点やお金を増やす他、ワーカーを派遣する際に複数の惑星においても良いなど。

最終的に、やりたいことを全部やりきれずにゲームが終わるという点もリプレイ欲をそそります。

おわりに

今回は、宇宙開拓ゲーム『プラネトリコ』をご紹介しました。

ゲーム中で登場する惑星やガジェット名には様々なSF作品をインスパイアした内容となっているようです。そいではまた~

ゲーム紹介一覧へ