3


(引用:Board Game Geek

ゲーム名コブラズ(Cobras)
メーカーCardboard Edison (2017)
ゲームデザイナーChris Zinsli, Suzanne Zinsli
人数1~5人
時間30~45分
年齢13歳~

コブラを集めて利益を得るトリックテイキングゲーム!

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:Kickstarter
(引用:Cobras - A Trick-Taking Game for 1-5 Players by Cardboard Edison — Kickstarter

プレイヤーはコブラ商となり、より多くの懸賞金を獲得することを目指すトリックテイキングゲームです。

ストーリー

コブラが村にあふれかえったので、イギリス政府は懸賞金を出しました。

これを幸いと、あなたは臨時収入のため、密かにコブラの飼育を始めました。しかし、 あなたの目論見もいつかは露見してしまいます。そして当局が懸賞金を廃止する時、残さ れたコブラがあなたに噛み付くでしょう!
(引用:Japanese Rule of "Cobras"

Kickstarterで140万円を調達!

クラウドファンディングサイト『Kickstarter』で、約140万円を調達しています。プリントアンドプレイデータが公開されており、日本では事前に遊んだ方々の間で話題となりました。

ゲームの目的

多くの懸賞金を獲得することを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時、最も勝利点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

いずれかのプレイヤーが100点以上でラウンドを終えた時、ゲームが終了します。

カード構成

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:カードイラスト
(引用:Cobras - A Trick-Taking Game for 1-5 Players by Cardboard Edison — Kickstarter

カードは、4スート13ランクで構成されています(トランプと同じ)。カードにはコブラが描かれており、数字によってコブラの数が異なります。

数字コブラの数
1~41匹
5~92匹
10 ~133匹

キングコブラカード

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:キングコブラカード

各プレイヤーに「キングコブラカード」は1枚ずつ配られます。このカードは、トリックで勝つか負けるかを選べるカードです。



ゲームの準備

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:スコアカードとキングコブラカード

各プレイヤーにスコアカード&マーカーキングコブラカードを配ります。

その後、手札を配ります。(カードは、基本的に配り切り)

手番でやること

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:手札

プレイヤーは、手番で手札からカードを1枚出します。

開始プレイヤーから順に手札を出し、他のプレイヤーは開始プレイヤーが出したカードと同じスートを出す必要があります。

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:手札のプレイ

全プレイヤーがカードを出した後、開始プレイヤーが出したカードと同じスートカードで数字を比べます。負けたプレイヤーは「コブラの獲得」を勝ったプレイヤーは「コブラの売却」を行います。

この処理をディールと呼びます。ラウンド終了条件を満たすまで、ディールを繰り返します。

コブラの獲得

負けたプレイヤーは、「コブラの獲得」を行います。

全プレイヤーが出したカードに書かれたコブラの数分だけコブラチップを用意します。その後、負けたプレイヤーでコブラチップが等分になるように山分けします。

コブラの売却

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:コブラの売却

勝ったプレイヤーは、「コブラの売却」を行います。

所有しているコブラチップの数に応じて、得点を獲得します。7つのコブラチップを売却したとき、最も高い得点を得ることができます。

また、勝ったプレイヤーは次のディールの開始プレイヤーになります。

コブラチップの数得点
11
15
21
15
10+

ラウンドの終了

ボードゲームレビュー『コブラズ (Cobras)』:ラウンドの終了

手番で10~13のカードが場に出た場合、まとめて横に置いておきます。これが10枚になったときラウンドが終了します。

これをゲーム終了条件を満たす(いずれかのプレイヤーが100点を超える)まで続けます。

実際に遊んでみて

どこで勝つか負けるかが明確なトリックテイキングゲームでした。

トリックに負けても、コブラチップが貰えるので何だか嬉しい感じがします。

なるべくコブラチップの数が7になるようにマネジメントします。なので、ラウンド開始直後は負ける必要性が出てきます。うっかり勝ってしまうと効率の悪いコブラ売却となるため、負けてしまうと他のプレイヤーに遅れを取ります。

3人プレイでは、各プレイヤーの売却したいタイミングがいい具合にずれており、あまり妨害などは発生しませんでした。相手を妨害するために勝っても、コブラチップが一定数以上でないとメリットが少ないためです。

人数が変わると、この辺の利害関係のバランスが変わるはずなので、4〜5人でリプレイしたいです。

おわりに

今回は、Kickstarterで140万円を調達したゲーム『コブラズ』をご紹介しました。気になる方は、プリントアンドプレイのカードを使って遊んでみてはいかがでしょう。そいではまた〜

ゲーム紹介一覧へ