image

(出典:Spiel des Jahres

7/17に『ドイツ年間ゲーム大賞2017』の年間大賞部門とエキスパート大賞部門の結果が発表されました。大賞部門は、『キングドミノ』、エキスパート大賞部門は、『脱出:ザ・ゲーム』が受賞しました。どんなゲームかを簡単にご紹介します。

『ドイツ年間ゲーム大賞』について

ドイツ年間ゲーム大賞

『ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jares)』は、1979年から続くドイツのアナログゲーム賞です。ノミネートから大賞決定まで、審査員が決定します。非常に歴史が長いこともあり、ボードゲーム界隈では非常に名誉のある賞です。

受賞したゲームは、ゲームの箱に大賞をとったことを表すポーンマークをつけることができます。2000年からはキッズゲーム大賞、2007年からはエキスパートゲーム大賞も新たに設けられており、現在は大賞を含めた合計3部門の発表が行われています。

発表当日の様子

年間ゲーム大賞部門『キングドミノ』

ボードゲームレビュー『キングドミノ (Kingdomino)』

ゲーム名キングドミノ (Kingdomino)
メーカーBlue Orange, Pegasus Spiele (2016)
ゲームデザイナーブルーノ・カタラ (Bruno Cathala)
人数2~4人
時間15分
年齢8歳~

王国を作るタイル配置ゲーム

『キングドミノ(Kingdomino)』は、自分の王国を作るタイル配置ゲームです。手番毎に1枚の長方形タイルを獲得し、自分の王国に配置していきます。

ボードゲームレビュー『キングドミノ (Kingdomino)』

ゲームデザイナーは、ブルーノ・カタラ (Bruno Cathala)氏です。代表作には『世界の七不思議:デュエル(7 wonders: Duel)』『ファイブ・トライブス:ナカラの魔人(Five Trives)』などがあります。

タイルの獲得➔配置➔王様駒を移動

ボードゲームレビュー『キングドミノ (Kingdomino)』

手番では、各プレイヤーは「タイルの獲得&配置」「王様駒の移動」の2つを順に行います。

価値の高いタイルを選ぶと、手番順が後ろになって次のタイルの選択肢が少なくなるというシステムが非常に悩ましいです。個人的には、4人で遊ぶこと推奨です。

国内では、テンデイズゲームズさんから販売されています。

エキスパート大賞部門『脱出:ザ・ゲーム』シリーズ

脱出:ザ・ゲーム
(引用:EXIT - The game

ゲーム名脱出:ザ・ゲーム (Exit: Das Spiel)
メーカーKosmos (2016)
ゲームデザイナーInka Brand, Markus Brand
人数1~6人
時間45~90分
年齢12歳~

『脱出:ザ・ゲーム』は、Kosmos社とブラント夫妻のタッグによるボードゲーム版脱出ゲームです。

現在までに3作品は発売されており、今回の『ドイツ年間ゲーム大賞2017』ではシリーズとしての受賞となりました。

日本語版のアナウンスがGroupSNEさんからされており、2017年7月から順次される予定になっています。

ストーリー

プレイヤーは、不思議な空間に閉じ込められました。突然ドアが閉まり、時計は刻々と進み始めます。一つの重要なメッセージが現れます「すべてのパズルを解いて部屋から出ろ!」

脱出するには、チームのコンビネーション・精神力・創造性が必要になります。脱出方法を探り、隠された手がかりを見つけてコードを解くことを目指します。

EXIT: The Game – The Secret Lab

あなたは研究室で実験結果を報告しなければいけません。もちろん、あなたは時間厳守です。しかし、あなたと離れてここには誰もいないようです。ここは何かがおかしい。テストチューブから蒸気が上がり、めまぐるしくなる。あなたが目を覚ますと、ドアはロックされ、ノートブックと奇妙なターンテーブルが見つかります...

脱出:ザ・ゲーム
(引用:Board Game Geek

キッズゲーム大賞部門『アイスクール』

ゲーム名アイスクール(Ice Cool)
メーカーBrain Games (2016)
ゲームデザイナーBrian Gomez
人数2~4人
時間約30分
年齢6歳~

ストーリー

プレイヤーはペンギン学校の生徒となり、1人は風紀委員(捕まえ役)のペンギンとなります。風紀委員の目的は、ドアからぶら下がっている魚を集めている他の生徒(逃げ役)を捕まえること。プレイヤーは逃げ役のペンギンを捕まえたり、魚を集めたりしてポイントを稼ぎます。
(引用:アイスクール | ホビージャパン アナログゲームインデックス
アイスクール:プレイ風景
(引用:アイスクール | ホビージャパン アナログゲームインデックス

指でペンギンを弾いてミラクルショット!

「起き上がり小法師」のようなペンギン駒を指で弾きます。魚のぶら下がった部屋の下をくぐって魚を獲得したり、他のペンギン駒に自分の駒をぶつけて捕獲したりすることでポイントを稼ぎます。

弾き方によっては、ペンギンは宙を舞って他の部屋に移動することもできます。大人が真剣にやっても勝てなかったりするゲームなので、子供との実力差も出にくい気がしています。

おわりに

今回は、ドイツ年間ゲーム大賞2017の受賞作品を簡単にご紹介しました。(おまけでキッズ大賞のも)審査員が悩みに悩んだ↑で選びぬいたゲームなので、未プレイの方は是非プレイしてみてください。

関連記事