Isle of Skye: Wanderer

ゲーム名Isle of Skye: Wanderer
メーカーLookout Spiele (2017)
ゲームデザイナーAndreas Pelikan, Alexander Pfister
人数2~5人
時間約75分
年齢10歳~

2016年にドイツ年間ゲーム大賞のエキスパート部門で大賞を受賞した『アイル・オブ・スカイ:族長から王へ』の拡張『Isle of Skye: Wanderer』を購入したので、開封レビューをします。

『Isle of Skye: Wanderer』について

2016年にドイツ年間ゲーム大賞のエキスパート部門で大賞を受賞した『アイル・オブ・スカイ:族長から王へ』の拡張ゲームです。

『アイル・オブ・スカイ:族長から王へ』は、競りをして自分の場に配置するタイル配置ゲームです。個人的に殿堂入りしているゲームで、ミニ拡張を全て揃える程好きです。

ゲームデザイナーは、本編と同様アレクサンダー・プフィシュター氏アンドレアス・ペリカン氏のコンビ。

ドイツ語版のタイトルは『Isle of Skye: Wanderer』、英語版のタイトルは『Isle of Skye: Journeyman』となっています。

「Wanderer」の意味は「放浪者」や「旅人」。一方で「Journeyman」の意味は「熟練した職人」という意味のようです。

外観チェック!

Isle of Skye: Wanderer

箱はこんな感じです!本編の方でサイドにいたおっさんが前面の左側に登場です。

羊飼いのおじさんもすこし成長しています。建物の前には道ができていて、道標のようなものも建ってますね。なので、本編のあとのストーリーなのかなと思われます。

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

箱のサイズは、本編と同じです。拡張であることを示す『ERWEITERUNG』というマークが左下に大きく入っています。この辺は、『アグリコラ』の拡張なんかと同じですね。

本編なのか拡張なのか、ゲーマーじゃない人はわからないことの配慮なのかなと勘ぐったりしています。

おっさんの顔色がよくなってる!!

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

写真の写りが悪くわかりづらいかもしれないのですが、おじさんの顔色が良くなっています。

本編では血の気が少なめだったのですが、かなり血色がよくなっています。族長から王になって生活レベルが向上したのかもしれません。

背面は「ドラゴンボール」形式で繋がってる!

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

背面を並べると、イラストがひとつなぎになっています。コミック版のドラゴンボールと同じ感じです。これは、第2弾拡張も期待してできるのかなと想像が膨らみます☆



箱を開封!!

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

下から、「説明書」「個人ボード」「タイル」「木駒」「袋」という感じで入っています。

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

広げるとこのようになっています。「個人ボード」は5枚(写真は1枚隠れてる)、「タイル」は3枚となっています。

タイル構成はこんな感じ!

今回は登場しませんが、実際に遊ぶとこんな感じになるみたいです。

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

抜いたタイルを仕分けしてみます。

個人ボードと組み合わせて使うチップが9枚!

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

各プレイヤー用のタイルが9枚ずつあります。こちらは個人ボードと一緒に使います。

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

背面にI〜Ⅲのローマ数字が書かれていて、それぞれ3枚ずつあります。

50/100の得点計算用チップ

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

表面が「50」、裏面が「100」になってます。得点がより増える感じになるものと思われます。

7金

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

1金チップが7枚。ボードのスペース余ったし追加しとく?みたいな感じだったのかなと想像。

開封レビュー『Isle of Skye: Wanderer』

15本はいってました。タイルの上に配置して道のつながっていない箇所をつなげるようです。最初、小枝かな?と思いました。


おわりに

今回は、『アイル・オブ・スカイ:族長から王へ』の拡張『Isle of Skye: Wanderer』の開封レビューをしました。

来週にでも遊びたいなと目論んでいるところです。そいではまた~