pic1376840_md

IELLOが、ドイツで行われるゲームイベント「SPIEL'17」(2017/10/26~2017/10/29)で発表する新作ゲームを紹介します。

ウサギの王国を拡大しよう!『バニーキングダム』

ゲーム名バニーキングダム
デザイナーリチャード・ガーフィールド
人数2~4人
時間45分
年齢14才~

『バニーキングダム』は、ウサギの国を舞台にしたドラフト&タイル配置の陣取りゲームです。

『マジック・オブ・ザ・ギャザリング』や『キングオブトーキョー』のゲームデザイナーリチャード・ファーフィールド氏の最新作でもあります。

#alt

全4ラウンドをプレイします。プレイヤーは「領地の拡張」「都市の建設」「資源を生産」「親書を受けとり」などを通して、バニーキングダムでの影響力を拡大します。

ストーリー

うさぎたちの侵攻が始まる!

うさぎ王の命のもと、うさぎの領主となって新世界を征服しよう。 新世界をまたにかけ、広い区域を支配し、都市を建設し資源を生産して領地を豊かにし、貴重な黄金にんじんを生産しよう。

ただし、陛下を満足させるために、任務を最大限満たすことも忘れずに。 勝利のためには様々な選択肢があるが、うさぎ王から「長耳」の称号を受けることができるのはただ一人だけ。君はそこまでたどり着けるか?
(引用:Amazon | バニーキングダム 日本語版 | ボードゲーム | おもちゃ 通販

狂気に満ちた南極の高山を踏破する協力ゲーム『狂気山脈』

#alt
(引用:Twitter

ゲーム名狂気山脈
デザイナーArtist Miguel Coimbra, Rob Daviau
人数3~5人
時間60~90分
年齢12才~

『狂気山脈』は、クトゥルフ神話の作者H.P.ラブクラフト氏による小説「Mountain of Madness」をテーマに、南極の高山を踏破することを目指す協力ゲームです。

#alt
(引用:Board Game Geek

ゲームデザイナーは『リスク』シリーズや『パンデミック:レガシー』を手がけたRob Daviau氏です。本作では、自らもアートワークも手がけています。

ストーリー

1931年:あなたの科学的探検は、南極の極円の真ん中にある新しく興味深い山脈を発見します。

これらの挑戦的な状況下では、チームの存続は、お互いにコミュニケーションを取ったり、各障害を克服するためのあなたの努力を調整する能力にかかっています。 徐々に自分の心に刻み込まれる狂気にもかかわらず、あなたは自分自身を理解できるでしょうか?
(引用:Twitter



「神々の勇者」の称号のために装備を整えて戦う対戦ゲーム!『アリーナ:神々の闘技場』

ゲーム名アリーナ:神々の闘技場
デザイナーマキシム・ランブール
人数2~6人
時間30分
年齢8才~

『アリーナ:神々の闘技場』は神々によって選ばれた英雄達が戦い「神々の勇者」になることを目指す対戦ゲームです。

ゲームデザイナーは、『大いなる狂気の書』を手がけたマキシム・ランブール氏

alt

装備品を整え、ダイスを振って他のプレイヤーと戦います。1人の英雄が戦いを諦めた時点でゲームが終了します。

おわりに

今回はSPIEL'17で発売が予定されているIELLOの新作ゲームをご紹介しました。

ご紹介した3作品はいずれも日本語版の案内がされているから驚きです!(ホビージャパンさんすごい)そいではまた~。

SPIEL'17新作一覧へ