ボードゲームニュース(2017年9月18日~9月24日)

IMG_7258

2017年9月18日~9月24日のボードゲームニュースです。

【国内ニュース】

スポンサーリンク

『テラフォーミング・マーズ』駿河屋予約分大量キャンセル発生!

テラフォーミング・マーズ

10/7に発売が予定されていた『テラフォーミング・マーズ 完全日本語版』に関して、駿河屋で事前予約をされていた方に対しキャンセルメールの案内がありました。

駿河屋がボードゲームのキャンセル案内をするのは『サントリーニ』に続いて今年2回目。

Twitter上では、予約者皆さんの悲鳴がタイムラインに流れていました。

発売元のアークライトゲームズの製造数が不足しており、駿河屋の注文数に応えることができなかったようです。再販には半年がかかると既に案内されています。

テンデイズゲームズが秋・冬の新作ラインナップを発表!

テンデイズゲームズ

テンデイズゲームズが、秋~冬の新作ゲームを発表しました。

ハーフパイント・ヒーローズ
(引用:Twitter

ハーフパイント・ヒーローズ

デザイナー:Roland Goslar, Johannes Goslar, Søren Schaffstein
人数:2~7人
時間:30~60分
年齢:9才〜
版元:Corax Games

アンユージュアルサスペクツ
(引用:Board Game Geek

アンユージュアルサスペクツ

デザイナー:Paolo Mori
人数:3~18人
時間:10~30分
年齢:13才〜
版元:Cranio Creations

テラミスティカ:ガイアプロジェクト
(引用:Board Game Geek

テラミスティカ:ガイアプロジェクト

デザイナー:Jens Drögemüller, Helge Ostertag
人数:1~4人
時間:60~150分
年齢:12才〜
版元:Feuerland Spiele

クイーンドミノ
(引用:Board Game Geek

クイーンドミノ

デザイナー:Bruno Cathala
人数:2~4人
時間:25分
年齢:8才〜
版元:Blue Orange Games

アルルの丘:拡張「紅茶と交易」
(引用:Twitter

アルルの丘:拡張「紅茶と交易」

デザイナー:Tido Lorenz, Uwe Rosenberg
人数:1~3人
時間:60~150分
年齢:12才〜
版元:Feuerland Spiele

パニックマンション
(引用:Board Game Geek

パニックマンション

デザイナー:Asger Harding Granerud, Daniel Skjold Pedersen
人数:2~4人
時間:20分
年齢:6才~
版元:Blue Orange Games

アメン・ラー:カードゲーム
(引用:Board Game Geek

Amun-Re: The Card Game

デザイナー:Reiner Knizia
人数:2~5人
時間:NA
年齢:NA
版元:Super Meeple

アメン・ラー:カードゲーム
(引用:Board Game Geek

Mafiozoo

デザイナー:Rüdiger Dorn
人数:2~4人
時間:60分
年齢:12才~
版元:Super Meeple



【海外ニュース】

ドイツゲーム賞2017を『テラフォーミング・マーズ』が受賞!

9/18に『ドイツゲーム賞2017(Deutscher Spielepreis 2017)』の結果が発表され、大賞に『テラフォーミング・マーズ』、キッズ大賞に『アイスクール』が選ばれました。

ドイツゲーム賞2017を『テラフォーミングマーズ』が受賞
『ドイツゲーム賞(Deutscher Spielepreis)』は、一般のゲームファンによって選定されるボードゲーム賞です。DSPという略称で呼ばれることが多いです。1990年から始まっており、ゲームファンの投票によって順位が決まり、次点以下の順位とともに発表されます。比較的ゲーマー向けのゲームが選ばれる傾向にあり、2016年は『モンバサ』が大賞を受賞しました。9/18に『ドイツゲーム賞2017(Deutscher Spielepreis 2017)』の結果が発表され、大賞に『テラフォーミング・マーズ』、キッズ大賞に『アイスクール』が選ばれました。今回は、それぞれがどんなゲームかなどについて紹介します。

『テラフォーミング・マーズ』は、火星を人類の住める星になるように開拓するゲームです。10/7に日本語版の発売も予定されています。

ゲーム詳細は、個別記事をご覧ください。

【ゲーム紹介】テラフォーミング・マーズ (Terraforming Mars)
『テラフォーミングマーズ』は企業のオーナーになり、火星を開拓する拡大再生産ゲームです。手番でプロジェクトカードを出して、火星に都市を建築したり火星の大気を温めたりして徐々に人が住める環境を構築していきます。カードでコンボを決めつつ、各パラメータをいかに上昇させていくかに頭を悩ませるゲームです。

ラベンスバーガー社がThinkfun社の買収を発表!

2012年、Swabianのゲーム制作者で子供向け書籍の出版社であるRavensburgerが、2015年に米国のゲーム出版社WonderForgeを受賞しました。その後、スウェーデンの玩具メーカーBrio、今年のイギリスの子ども向け書籍出版社Wonderblyに投資しました。現在、Ravensburgerは別の買収で国際化を加速しています。9/30に、米国バージニア州でパズルとロジックゲームの開発者であるThinkfunの新しいオーナーになりたいと考えています。 32年前、ThinkfunはBill RitchieとAndrea Barthelloによって設立されました。彼らはデジタルゲームの理解を持ち、ThinkFunの成長の可能性を提供する強力な国際ブランドのパートナーを探しています。いくつかの将来のバイヤーの中で、彼らは選んだ。ドイツ人は、Thinkfunが米国のマーケットリーダーであると考えているジャンルである「脳のゲーム」に焦点を当て、その範囲を広げることに取り組んでいます。さらに、Ravensburgerはアメリカの玩具市場での地位を強化したいと考えています。パズルは最大の製品グループと成長エンジンとみなされています。 Thinkfunは、Alexandriaの経営陣と一緒に、Alexandriaの独立系ブランドとして継続したいと考えています。共同設立者のリッチーはチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして理事会に滞在したいと考えています。現在、Thinkfunは41人を雇用しています。プログラムの最も有名なゲームはラッシュアワー(写真)です。

『innoSPIEL 2017』ノミネート作品3作を発表!

innoSPIEL 2017

『innoSPIEL』は革新的なゲームに送るゲーム賞で、審査員によって決定します。

今回、ノミネート作品が発表されました。作品は『くだもの伝説』『LYNGK』『マジックメイズ』の3作品

『くだもの伝説』

『LYNGK』

『マジックメイズ』

デパートからお宝を盗む協力ゲームです。





【気になったWEB記事など】

ボードゲーム履歴書

ボードゲーム経歴を記入する履歴書フォーマット。自分も近々書いてみようと思ってます。
➡︎ PDF版: https://t.co/ruYIrAwWGq?amp=1

世紀の大発明!”>

ボードゲーマーにはおなじみのゲーマーじゃんけんについての記事。大人数でも短時間で決まるので常用してますが、最初は戸惑った思い出があります。

https://spice.eplus.jp/articles/57354

おわりに

ご意見・ご感想などは@nico_bodoまで頂ければ幸いです。TweetのRTなんかも大歓迎でございます。それではまた〜