ボードゲームランキング(2017年10月23日〜10月29日)

2017年10月23日~10月29日に発表された様々なボードゲームランキングをまとめました。

Role&Roll Station 週間TOP5 (10/17~10/22)

秋葉原のボードゲーム専門店Role&Roll Stationさんの週間ランキングです。

1位 (NEW
EXIT 脱出:ザ・ゲーム ファラオの玄室

EXIT 脱出:ザ・ゲーム ファラオの玄室

デザイン:インカ・ブラント、マルクス・ブラント
人数:1~6人
時間:45~90分
年齢:12才~
メーカー:GroupSNE
価格:2,500円(税別)

ドイツ年間ゲーム大賞2017のエキスパート部門で大賞を獲得した脱出ゲームシリーズの第2弾。今回は、ファラオの玄室からの脱出を目指します。

2位(NEW
ギリギリカレー
(引用:『ゲームマーケット』公式サイト

ギリギリカレー

デザイン:大塚健吾
人数:2~5人
時間:20分
年齢:8才~
価格:2,000円(税別)

手札から具材カードを好きな鍋に投入し、レシピ通りに作れるかを競うカードゲーム。

3位(圏外)
俺の会社が労働裁判で潰れるわけがない!!

俺の会社が労働裁判で潰れるわけがない!!

デザイナー:はむお
人数:2~5人
時間:10~20分
年齢:7才~
メーカー:鳴海製作所娯楽部
価格:2,300円(税別)

労働力を酷使し、会社の利益を最大化するゲーム。

4位(3位)

ハーフパイントヒーローズ

ハーフパイントヒーローズ

デザイナー:Roland Goslar, Johannes Goslar, Søren Schaffstein
人数:2~7人
時間:30~60分
年齢:9才~
メーカー:Corax Games
販売元:テンデイズゲームズ
価格:2,800円(税別)

酒場での喧嘩がテーマの数比べゲーム。

5位(NEW
私が夢みるとき

私が夢みるとき

デザイン:Chris Darsaklis
人数:4~10人
時間:約30分
年齢:8才~
メーカー:ホビージャパン
価格:4,500円(税別)

目隠しをしたプレイヤーが、他のプレイヤーの出すヒントだけを頼りにキーワードを当てるコミュニケーションワードゲーム



イエローサブマリン 販売個数ランキング (10/12~10/18)

イエローサブマリンさんの週間販売個数ランキングです。

1位 (NEW
ギリギリカレー
(引用:『ゲームマーケット』公式サイト

ギリギリカレー

デザイン:大塚健吾
人数:2~5人
時間:20分
年齢:8才~
価格:2,000円(税別)

手札から具材カードを好きな鍋に投入し、レシピ通りに作れるかを競うカードゲーム。

2位 (NEW
EXIT 脱出:ザ・ゲーム ファラオの玄室

EXIT 脱出:ザ・ゲーム ファラオの玄室

デザイン:インカ・ブラント、マルクス・ブラント
人数:1~6人
時間:45~90分
年齢:12才~
メーカー:GroupSNE
価格:2,500円(税別)

ドイツ年間ゲーム大賞2017のエキスパート部門で大賞を獲得した脱出ゲームシリーズの第2弾。今回は、ファラオの玄室からの脱出を目指します。

3位 (1位)
犯人は踊る 第三版

犯人は踊る 第三版

デザイン:鍋野ぺす
人数:3~8人
時間:約10分
年齢:8才~
メーカー:すごろくや
価格:1,200円(税別)

犯人の手札を誰が持っているかを探し当てるパーティーカードゲーム。

4位(2位)
Not My Fault! ~俺のせいじゃない!~

Not My Fault! ~俺のせいじゃない!~

デザイン:スパ帝
人数:2~8人
時間:10分
年齢:10才~
メーカー:スパ帝国
価格:925円(税別)

IT開発会社の社員となりプロジェクトを進め、他プレイヤーの作業状況が申告通りかを見抜くブラフゲーム。

5位(3位)
ダンジョンオブマンダム エイト

ダンジョンオブマンダム エイト

デザイン:I was game + Antoine Bouza
人数:2~5人
時間:約30分
年齢:10才~
メーカー:オインクゲームズ
価格:2,200円(税別)

装備品を投げ捨ててからダンジョンに潜り財宝を持ち帰るチキンレースゲーム。 前作「ダンジョンオブマンダム」に、7種の職業、40種の装備、7体のモンスターを追加。

6位(NEW

狂気山脈

デザイン:ロブ・ダヴィオー
人数:3~5人
時間:60分
年齢:12才~
メーカー:ホビージャパン
価格:5,000円(税込)

狂気の山を踏破し、脱出することを目指すパーティー協力ゲーム。

7位(6位)
ドラスレ

ドラスレ

デザイナー:KTR
人数:2~5人
時間:30分
年齢:10才~
メーカー:ジャイアントホビー
価格:3,500円(税別)

ドラゴンを討伐することを目指す協力ゲーム。

8位(5位)

ワードバスケット 濁点半濁点拡張カード

『ワードバスケット』の拡張カード。基本セットに追加して遊びます。

9位(4位)
桜降る代に決闘を 拡張弐 機巧革命

桜降る代に決闘を 拡張弐 機巧革命

デザイン:Bakafire
人数:2人
時間:10~20分
年齢:12才~
メーカー:Bakafire Party
価格:1,800円(税別)

眼前構築型決闘ボードゲーム『桜降る代に決闘を』の第2拡張セット。

10位(7位)
ニューロストレガシー

ニューロストレガシー

デザイン:Dr. Jesús Torres Castro
人数:2~4人
時間:約10分
年齢:10才~
メーカー:ワンドロー
価格:1,400円(税別)

古代人の”失われた遺産”を探すミニマルカードゲームの新版。



Board Game Geekページビューランキング (10/11)

世界最大級のボードゲームデータベースBoard Game Geekのページビューランキングです。

1位 (➡︎1位)

The 7th Continent
(引用:Board Game Geek

The 7th Continent

デザイン:Ludovic Roudy, Bruno Sautter
人数:1~4人
時間:5~1000分
年齢:12才~ メーカー:Serious Poulp

第7大陸の呪いを解くことを目指す、探険ボードゲーム。

2位 (3位)

Gloomhaven

デザイン:Isaac Childres
人数:1~4人
時間:90~150分
年齢:12才~
メーカー:Cephalofair Games

レガシーシステムによってストーリーが進むゲームで、ダンジョンや遺跡を取り除くことを目指します。

3位(2位)

Wasteland Express Delivery Service

デザイン:Jonathan Gilmour, Ben Pinchback, Matt Riddle
人数:2~5人
時間:60~90分
年齢:10才~
メーカー:Pandasaurus Games

世紀末の混沌とした世界の運送会社になり、様々な課題を解決するゲーム。

4位 (圏外)


(引用:Board Game Geek

Kingdom Death: Monster

デザイン:Adam Poots
人数:1~6人
時間:60~180分
年齢:17才~
メーカー:Kingdom Death

モンスターや武器を揃えて戦い生き残る協力ゲームです。

5位 (➔5位)

テラフォーミング・マーズ

テラフォーミング・マーズ

デザイン:Jacob Fryxelius
人数:1~5人
時間:90~120分
年齢:12才~
メーカー:Stronghold Games

火星を開拓する拡大再生産ゲーム。

6位 (7位)

アーカムホラー ザ・カードゲーム

アーカムホラー ザ・カードゲーム

デザイン:Geoff Bottone,Colleen Skadl,Cliff Bohm
人数:1~2人
時間:60~120分
年齢:14才~

7位 (NEW)

Alien Artifacts
(引用:Board Game Geek

Alien Artifacts

デザイン:Marcin Senior Ropka, Viola Kijowska
人数:2~5人
時間:60分
年齢:10才~
メーカー:Portal Games

4Xスタイルのカードゲーム。船を未開拓の空間に送り、知識とパワーを拡大します。新しい技術を開発し船をパワーアップして、遠く離れた惑星を探険します。

8位( 6位)

サイズ:大鎌戦役

デザイン:Jamey Stegmaier
人数:1~5人
時間:90~115分
年齢:14才~
メーカー:Stonemaier Games

1920年代のヨーロッパを舞台に国を豊かにすることを目指すゲーム。

9位 (7位)

Betrayal at House on the Hill

デザイン:Rob Daviau, Bruce Glassco, Bill McQuillan, Mike Selinker, Teeuwynn Woodruff
人数:3~6人
時間:60分
年齢:12才~
メーカー:Avalon Hill Games, Inc

10位 (NEW)

オーティス

デザイン:Claude Lucchini
人数:2~4人
時間:60分
年齢:14才~
メーカー:Pearl Games

海上コロニーの一員となり、ダイバーを派遣して、深海から有用な資源を引き揚げるゲーム。

おわりに

国内ランキングは『ギリギリーカレー』と『EXIT ザ・ゲーム』の第2弾が1位&2位を独占。ギリギリカレーは、理想の納豆をベースにしたゲームのようなのでどんなアレンジがされているのか気になります。

ご意見・ご感想などは@nico_bodoまで頂ければ幸いです。TweetのRTなんかも大歓迎でございます。それではまた〜