3

ゲーム名スピード・カラーズ
ゲームデザイナーエルバン・モーリン
人数2~5人
時間約15~20分
年齢6歳~
メーカーホビージャパン

早塗り記憶ゲーム!

ゲーム紹介『スピード・カラーズ (Speed Colors)』:内容物
(引用:Board Game Geek

『スピード・カラーズ』は、カードに描かれた5色の色を覚えて早塗りをするパーティーゲームです。

ゲームの目的

カードに描かれた色を覚えて、正しくペンで塗ることを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時、もっとも得点の多いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

全4ラウンドが終了すると、ゲームが終了します。

内容物

スピード・カラーズ (Speed Colors):内容物

5色のペン、イラストカード、得点カード、収納ケースが入っています。

収納ケースは、なんだか可愛らしい感じです。

カードについて

スピード・カラーズ (Speed Colors):カード表面

カードの表面には、色が塗られたイラストが。

スピード・カラーズ (Speed Colors):カード裏面

裏面には、色が塗られていないイラストが描かれています。

手番でやること

各プレイヤーは1枚のカードを取ります。その後、色の描かれている面を一斉に3秒間確認します。その後、色を塗り始めます。

5本のペンは共通になっていて、1本ずつ取って塗ることができます。塗り終わったらペンを中央に戻して次の色を塗るという流れです。

スピード・カラーズ (Speed Colors):塗り終わり

一番最初に色が塗り終わったプレイヤーが「ストップ」と宣言し、他のプレイヤーが持っているペンの色を塗り終わるとラウンドが終了します。

得点計算

各プレイヤーの塗ったカードを確認します。

  • 正しい色で塗れた:2点
  • 正しくない色で塗れた:1点
  • 塗り漏れがあった:0点
  • 塗りがはみ出た:0点

獲得した点数に応じて、得点ボードを塗ります。

次のラウンドの準備

点数の最も低いプレイヤーは、2本のペンを選んでキャップを入れ替えます。



実際に遊んでみて

今回は、大人3人でプレイ。得点計算時の塗り判定の足の引っ張り合いが厳しいゲームとなりました(笑)

少しでも塗り漏れがあると、0点判定を他のプレイヤーが下すという展開に。この辺のさじ加減は、一緒に遊ぶ人のノリで良いと思います。

スピード・カラーズ (Speed Colors):ゲーム終了時の様子
▲ゲーム終了後に塗ったカードを並べた様子

ラウンド終了後のペンキャップの入れ替えは、かなり頭がこんがらがります。そのため、ラウンドを重ねるにつれて、色を記憶してもペンの色間違えをしてしまうという展開に。

色の記憶はふわっとした状態で、とにかく漏れがなく色をぬっていました。結果は、お仕事の雑さによる塗り漏れ指摘が相次ぎ、ビリでした。

おわりに

今回は、早塗りパーティーゲーム『スピード・カラーズ 』をご紹介しました。子供と一緒に遊ぶにはとても良いパーティーゲームだと思いました。そいではまた~

ボードゲーム専門店一覧

お気に入り度
★★★★★★☆☆☆☆ (6/10)

ゲーム紹介一覧へ