3

ゲーム名オーティス (Otys)
ゲームデザイナーClaude Lucchini
人数2~4人
時間約60分
年齢14歳~
版元Libellud, Pearl Games (2017)
メーカーホビージャパン (2017)

ダイバーチームのボスとなり、様々な資源を回収するゲーム!

オーティス (Otys)
(引用:Board Game Geek

『オーティス』は、コロニーの一員としてダイバーを深海に送り込み、資源を回収することでより多くの報酬を得るゲームです。

様々な能力を持ったコロニーのメンバーが、個人タイル上でダイブを繰り返すことでキャラクタータイルが動くのが特徴です。

また、本作の世界観は以下の通りとなっています。

ストーリー

22世紀のまっただ中にようこそ。不摂生、否定、無謀の300年のあと、海面水位の上昇が陸地の最後のかけらを飲み込みました。

生存者たちは、かつてないほど高くそびえ立っている海上コロニーで暮らしており、 深海から引き揚げた過去の残滓を利用して持ちこたえ、生き延びるために奮闘しています。
(引用:Amazon | OTYS(オーティス) 日本語版

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

いずれかのプレイヤーの得点が18点を超えると、ゲームが終了します。



ゲームの準備

ゲーム紹介『オーティス (Otys)』:ゲームボード

共通で使用するゲームボード中央に配置し、タイルなどを配置します。

ゲーム紹介『オーティス』:個人ボード

その後個人ボードを配置して、ダイバータイルや数字タイルを上の通り並べます。(ダイバータイルは位置を各プレイヤーが決めます。)



手番でやること

手番では、「1」~「5」の数字タイルを選んだあと、2つのアクションを行います。

1つは、個人ボードのキャラクタータイルを使用するメインアクションと、選んだ数字タイルに応じて共通ボードのアクションを行うサブアクションの2つがあります。毎に個人ボード上のメインアクションを行います。どのアクションかは、そこに潜っているキャラクターのアクションを行います。

メインアクション

#alt

上の写真のような感じでタイルを右にスライドします。

#alt

キャラクターは、全8人。各キャラクターのアクションはそれぞれ異なり以下の通りとなっています。

キャラクターがアクションを行うと、そのキャラクターは地上に戻っていきます。

  1. 各色(黒・青・緑・白)の資源を獲得する
  2. 資源を売買する
  3. 個人ボードをアップグレードする
  4. 個人ボードにボーナスタイルを追加する
  5. ジャンク品カードの獲得/他プレイヤーのアクションをコピーする

1.各色(黒・青・緑・白)の資源を獲得する

キャラクタータイルに書かれている資源を獲得します。

2.資源を売買する

共通ボード上で資源の購入や資源を売却することによる「お金」や「勝利点の獲得」を行います

3.個人ボードをアップグレードする

個人ボードには、右辺と下辺にタイルが付属しています。それぞれ、役割は以下の通り。

  • 右辺:ダイバータイル入れ替え時の移動数(バッテリー使用で対応可能)
  • 下辺:アクションタイル復活までの残りアクション数

4.個人ボードに追加タイルを追加する

共通ボードから選んだ列に応じて追加タイルを獲得して、その効果を得ます。その後、個人ボードにタイルを配置します。これによって、追加ボーナスがもらえるようになります。

5.ジャンク品カードの獲得/他プレイヤーのアクションをコピーする

ジャンク品カードの山札から4枚引き、そのうち1枚を獲得します。

もしくは、同じ列にある他のプレイヤーのキャラクターのアクションを行うことができます。

サブアクション

#alt

サブアクションは、選んだ数字タイルに応じて行います。アクションは、以下の通り全5種類あります。

  1. 1金獲得
  2. 1バッテリー獲得
  3. キャラクタータイルのアップグレード
  4. メインアクションを2回行う
  5. メインアクションタイルを回収する

バッテリーについては、ダイバータイルの入れ替えを行うことができます。また、キャラクターのアップグレードはアクション時のコストダウンができます。

これを繰り返し、

ジャンク品カードの達成

alt

ジャンク品カードは、各個人の手札にあるものと共通の場に並ぶ4枚のものを好きなタイミングで達成することができます。

達成条件として、全ての資源が同じドック内に揃っていることになります。

点数の大きいものなどは、深い階層のドックでないと完成することができないようになっています。

達成するとカードの上側に書かれているものを即時獲得します。

実際に遊んでみて

ある1つのドックに集中的に資源を集めて、ジャンク品カードの獲得を進めたいのですが、それができないため、いくつかのドックに分散させながらアクションを行う必要があります。

上から落ちてくるキャラクターアクションと、恩恵の大きいサブアクションの最適なコンボを考えながら戦略を考えるのが楽しいポイントだと感じました。

サブアクションの効果の中でも、ダブルアクションは非常に強いと感じました。 段々とゲームが進むとお金にも困らなくなってくるため、ダブルアクションをつかって目的の資源を適切な場所に置くかの戦いになります。

ネガティヴな点としては、盤面がゲーム開始時と終了時りであまりかわらないところかなと。

初回プレイでは、契約特化して1位で終わりました。上級者向けのサブアクションタイルもあるそうなので次回遊ぶときはそちらかなと思っている次第。

おわりに

今回は、ダイバーを派遣して資源を集めるゲーム『オーティス』をご紹介しました。

アクションを組み合わせるパズル的なゲームが好きな方にオススメです。そいではまた〜

お気に入り度
★★★★★★☆☆☆☆ (6/10)

ゲーム紹介一覧へ