3

バイソン将棋 (Bison)

ゲーム名バイソン将棋 (Bison)
ゲームデザイナーアレックス・ランドルフ
人数2人
時間30分
年齢8歳~
メーカー Piatnik, ジーピー

世界名作ボードゲームコレクション第2弾!

ゲーム紹介『バイソン将棋』:駒対決

『バイソン将棋』は、バイソンとインディアンのそれぞれに分かれてそれぞれの勝利条件を満たすように対決する2人用ゲームです。

駒の動き方が将棋の駒と似ていることから、日本語版のタイトルは『バイソン将棋』となりました。昨今の将棋ブームに乗っかった形でしょうか。『コスタリカ』に続く世界名作ボードゲームコレクション第2弾となっています。

ゲームデザイナーは、アレックス・ランドルフ氏。『ハゲタカのえじき』や『ガイスター』など、シンプルなルールの人気ゲームを世に送り出したデザイナーです。

勝利条件

2つの陣営それぞれで1度ずつ終了条件を満たしたプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

バイソン陣営

1つのバイソン駒が対面にある川を渡りきる。

インディアン陣営

バイソン陣営が動けない状態にする。

ゲームの準備

ゲーム紹介『バイソン将棋 (Bison)』:盤面イメージ

ゲームボードを中央に広げ、それぞれの陣営の駒を配置します。

ゲームは、バイソン陣営から始めます。



手番でやること

バイソン陣営

バイソン陣営は、バイソン駒を10個使います。

ゲーム紹介『バイソン将棋』:バイソン駒

手番では、1つの駒を前方のマスに1歩駒を進めます。将棋でいうところの「歩」とおなじ動き方をします。

インディアン陣営

インディアン陣営は、1つの酋長駒4つの犬駒を使います。手番では、どちらかの駒を1つ動かします。

酋長駒

ゲーム紹介『バイソン将棋』:酋長駒

酋長駒の周囲8マスに移動することができます。移動先にバイソン駒がいる場合は、ゲームから取り除くことができます。将棋でいうところの「王」と同じ動き方をします。

犬駒

ゲーム紹介『バイソン将棋』:犬駒

犬駒の縦横左右の直線状にあるマスに移動することができます。移動先にバイソン駒がいても特になにもすることはできず、足止めをする役割を果たします。

ゲーム紹介『バイソン将棋』:足止め

このようにバイソンの前に犬駒を置かれた場合、バイソンはこれ以上進むことができません。

陣営の交代

どちらかが終了条件を満たすまで手番を繰り返します。勝敗が決まったら、陣営を交代します。

どちらかのプレイヤーが両陣営で勝利すると、ゲームが終了します。両陣営で勝利したプレイヤーが、ゲームの勝者となります。

実際に遊んでみて

大好きなゲームデザイナーであるアレックス・ランドルフ氏のゲームが、日本語版で登場とあって購入してみました。「バイソン将棋」というだけあり、将棋を知っていればルールは理解がし易かったです。

今回遊んだ限りではバイソン陣営の勝ち率が高かったのですが、Twitterで頂いたところによるとインディアン陣営の方が強いというコメントも頂きました。

ゲーム紹介『バイソン将棋』:盤面の様子

バイソン陣営をやった際には、両サイドのバイソンのラインをじわじわと上げて犬の包囲網を突破するという形を取っていました。

一方のインディアン陣営は、サイドを犬で食い止めつついかにバイソンを追っ払うかが重要になります。あまりサイドを寄せすぎると逆側で突破をされてしまうので、酋長が犬に乗れればいいのにと何度思ったかわかりません(笑)

それぞれの陣営で動き方が全く異なる非対称ゲームとなっており、それぞれの違ったプレイ感を楽しむことができます。プレイ時間が10分程度終わるので、ついつい繰り返し遊んでしまう感じでした。

おわりに

今回は、バイソンとインディアンになって対決する2人用ゲーム『バイソン将棋』をご紹介しました。

どうぶつしょうぎを遊んだお子さんのセカンドステップにいいかもしれないなぁと思ったり。そいではまた~

お気に入り度
★★★★★★☆☆☆☆ (6/10)