ボードゲームニュース(2018年1月15日〜1月21日)

IMG_9491

2018年1月15日~1月21日のボードゲームニュースです。

【国内ニュース】

『アズール日本語版』2月下旬発売が決定!

『アズール日本語版』がホビージャパンから2月下旬発売することが案内されました。

『アズール』はタイル職人となり、王宮の壁にタイルを敷き詰めアルハンブラ宮殿に魅せられた王様を満足させるゲームです。共通の場から同じ柄のタイルを獲得し、順次配置して完成していきます。

ゲーム詳細は個別記事を御覧ください。

2017年SPIELのスカウトアクションで3位にランクインしたゲームで、ネットでの先行予約も各所で締め切っている人気作となっています。

『ゲームマーケット2017秋』新作アンケート結果発表!

ゲームマーケット事務局が、『ゲームマーケット2017秋』の新作ゲーム評価アンケートの結果を発表しました。

今回から、上位作がゲームマーケット大賞の候補作に入るというシステムがなくなったのと、輸入ゲームなども評価の対象となりました。

各ランキングは、ゲームマーケットの公式サイトからご覧ください。

得点の1位は『アズール』、得票数の1位は『トロイカ』でした。


『ウヴェ・コレクション』シリーズ始動!

ウヴェ・コレクション
(引用:Board Game Geek

テンデイズゲームズのオーナー・タナカ マコト氏のツイートによると、『テラミスティカ』や『オーディンの祝祭』を手がけるボードゲームメーカー・ファイヤーラントがウヴェ・コレクションを始動したとのこと。

ウヴェ・ローゼンベルグ氏に影響を受けた新人デザイナーの作品をファイヤーラントがデベロップをして発売するというもので、その第1弾である『ローランド(Lowlands / Das tiefe Land)』の日本語版は、テンデイズゲームズから発売することが決定しており、春~初夏の発売を予定しているとのこと。






【海外ニュース】

チグリス&ユーフラテスの姉妹作『Yellow & Yangtze』発売決定!

Yellow & Yangtze
(引用:Board Game Geek

ライナー・クニツィア氏の新作ゲーム『Yellow & Yangtze』の発売が案内されました。

中国の戦国時代(紀元前475-221年)が舞台になっています。秦、朱、氣、燕、漢、魏、趙の7つのライバル国間での黄色と長江を中心んとした争いがテーマです。

Yellow & Yangtze
(引用:Board Game Geek

『Yellow & Yangtze』は、高い評価を得ているボードゲーム『チグリス&ユーフラテス』の姉妹ゲームです。中国の戦国時代を制し、王朝を勝利に導きます。

アプリ版『Axio』リリース!

Axio:パッケージ
(引用:Board Game Geek

『Axio』のアプリ版がリリースされました。『Axio』は、ライナー・クニツィア氏デザインのゲームです。

プレイヤーは共有プレイエリアにタイルを順番に配置します。 1~2つの色付きのシンボルが付いたタイルを使用して場に出すたびに、最近配置されたタイルから伸びている行にある同じ色のシンボルのポイントが得られます。

ゲームが終了すると、各シンボルのスコアをチェックし、最終スコアは全体の中で最も低い値が得点になります。

AXIO octa

AXIO octa
開発元:BrettspielWelt
¥480
posted with アプリーチ

『コードネームXXL』発売決定!

コードネームXXL

2016年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したチーム戦のコミュニケーションゲーム『コードネーム』が巨大版になって登場!

カードサイズは、2.6 “x 1.7″から4.7 “x 2.8″のカードになっており面積は約3倍になっています。発売は2018年Q2予定

カードゲームの巨大版ということで少し驚きですが、イベントで使用する際には良さそうですね。



気になったWEB記事





国内ゲーム発売予定


おわりに

ご意見・ご感想などは@nico_bodoまで頂ければ幸いです。TweetのRTなんかも大歓迎でございます。それではまた〜