【ガキの使いやあらへんで】第3回チキチキ『世界のテーブルゲームを遊び尽くせ~!!』で紹介されたボードゲーム4つ(ハリガリ、デュプリク、ゴブレット・ゴブラーズ、バンボレオ)

2018/11/18放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』内で、第3回チキチキ『世界のテーブルゲームを遊び尽くせ~!!』が放送され、番組内で4つのボードゲームが遊ばれました。

遊ばれたゲームは、『ハリガリ』『デュプリク』『ゴブレット・ゴブラーズ』『バンボレオ』の4つです。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』について

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』は、毎週日曜23時25分から日本テレビで放送されているバラエティ番組です。ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人が毎回様々な企画に挑戦します。

過去に2回放送しており、今回で3回目になります!

第一弾

第二弾



果物が5つ揃ったらベルを押せ!『ハリガリ』(ドイツ)

果物が5つ揃ったらベルを押せ!『ハリガリ』

『ハリガリ』は、手に持ったカードを順番に出していくカードゲームです。

様々な果物がカードに書かれており、どれかの種類の果物が5つになったらベルを早押しします。早押しできたプレイヤーは、出ているカードを総取り

果物が5つ揃ったらベルを押せ!『ハリガリ』

手に持ったカードがなくなってしまうと脱落で、最後に残ったプレイヤーのうち最も多くのカードを持っているプレイヤーがゲームに勝利します。

番組内では松本さんと遠藤さんが残り、最終戦をする流れに。なぜか遠藤さんのカードを総取りしてましたが松本さんの勝ち。

絵が下手でも楽しめる伝言お絵かきゲーム『デュプリク』(フランス)

絵が下手でも楽しめる伝言お絵かきゲーム『デュプリク』

『デュプリク』は、出題者がイラストを見て出すヒントをもとにイラストにするお絵かきゲーム 。

絵を描き終わると抑えておくべきポイントが出てくるので、それ通りに絵がかけているかどうかでポイントを競います。

得点になるポイントを抑えて描けていればOKなので、絵が苦手でも遊べます。

ガキ使メンバーの描いたイラストは以下の通り。

月亭方正氏作

#alt

ココリコ・遠藤氏作

#alt

ダウンタウン・松本氏作

#alt

ダウンタウン・浜田氏作

#alt

得点は浜田さんの作品が圧倒的に低かったのですが、イラストのタッチは個人的に好きでした。



1対1で戦うゲーム『ゴブレット・ゴブラーズ』(フランス)

1対1で戦うゲーム『ゴブレット・ゴブラーズ』

『ゴブレット・ゴブラーズ』は、進化系3目並べです。2人専用ゲームで、手番では手持ちのコマを場に配置するだけ。縦横ななめのいずれかで同じ色を揃えれば勝ちます。

このゲームの特徴は、それぞれ大・中・小のコマを2個ずつもっていて「大」は「中」&「小」、「中」は「小」の上にかぶせて上書きすることができます。

1対1で戦うゲーム『ゴブレット・ゴブラーズ』

どのコマをどこに配置するかに悩みます。番組内では、4人でトーナメント戦を行い方正さんが優勝しました。

コマを取っていくバランスゲーム『バンボレオ』(ドイツ)

コマを取っていくバランスゲーム『バンボレオ』

『バンボレオ』は、コルクボールの上に置いた皿に木駒が置かれておりお皿を落とさないように1つずつ木駒を取り除いていくバランスゲームです。

番組内では、初手で方正さんが崩してしまってブチ切れるという状況になりましたが2回目はかなりの接戦になっていました。

コマを取っていくバランスゲーム『バンボレオ』

おわりに

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』で紹介されたゲーム4作品を簡単ながらご紹介しました。

どのゲームも楽しそうにプレイしているのが印象的でした。お絵かきゲームでは各メンバーの絵力を知れたりしてニヤニヤしてしまいました。

この企画の監修は、高円寺のボードゲーム専門店『すごろくや』が手がけており紹介されたゲームはそちらの通販サイトなどを確認するといいかもしれません。➔ ボードゲーム すごろくや