4
ファクトリーファンナー
Factory Funner (Cwali, 2016)

デザイン:Corné van Moorsel
プレイ人数: 1~5人 対象年齢:11歳以上 プレイ時間:20~40分


(出典:Board Game Geek

    本作は、「Factory Fun」という作品の続編(リメイク?)となっており、
    前作では、長方形のタイルだったものがヘキサのタイルに変更されています。

    本作は、昨年末にKickstarterで約520万円の出資を集めたようです。

どんなゲーム?

    工場にラインを組立て、お金を稼ぐタイル配置ゲーム。

ゲームの流れ

    ヘキサ型の生産タイルを選んで配置します。
    6枚のタイルを配置するとゲームが終了します。
    2016-04-23-16-16-29

手番でやること

    手番では、主に4つのアクションを行います。
    1. タイルを出す
    2. タイルを取る
    3. タイルを配置してつなぐ
    4. 収入を得る

1.タイルを出す

    各プレイヤーは、手元に6枚の裏向きの状態で生産タイルを持っています。
    これを中央に出し、各プレイヤー同時に表向きにします。

2.タイルを取る

    生産タイルが表向きになった瞬間、早いもの勝ちでタイルを引きます。
    このとき、タイルを出した手ではない方の手で取らなくてはいけません。

    最初にとったプレイヤーは+1金。最後にとったプレイヤーは-1金を支払い義務が発生します。
    生産力のあるタイルも早くなくなるので、自分の必要なタイルについての瞬時の判断力が必要です。

3.タイルを配置してつなぐ

    生産タイルには、生産物の色毎に入出力が書かれています。
    これに矛盾が発生しないように、つなぎ合わせます。


    (出典:Board Game Geek

    エネルギー源と生産タイルは、パイプなどを使用してつなぎます。
    上の写真にあるように、パイプを立体交差しての配置が可能です。

    エネルギー源やパイプの配置には、1個あたり1金を支払う必要があります。
    生産タイル同士で入出力がつながると、透明のマーカーを置くことができます。

4.収入を得る

    配置した生産タイルに書かれた金額から、
    その他に使った敷設費用などを差し引いた額を受け取ります。

決算

    6枚のタイルを配置し終わると、ゲーム終了です。
    透明マーカーの置かれた箇所は、生産物の数字×3倍のお金をもらえます。

    ここで、一発逆転も狙えるので、無理をしてでもタイル同士をつなぎ合わせるといいと思います。

感想

    最初の生産タイル選択時は、アクションゲームなのですが、その後のタイル配置が悩ましいです。

    いかに生産タイル同士をつなぎ合わせるかを考えるのが面白いゲームでした。
    ウボンゴなどが好きな人には、気に言ってもらえるんじゃないかなと個人的に思っています。

    正直、とても欲しいです。入手難なのが残念なところ。

オンラインソロプレイ

    この記事を書いていて見つけたのですが、
    なんとオンラインでソロプレイができちゃいます!

    どんなゲームか気になった方は、是非お試しあれ。
    http://factory-funner-online.com/

    結果は$41でした。ちょっとパイプ接続のプレイアビリティーがいまいちなのが残念。
    でも、かなり楽しめます。