『Dice Tower Award 2015』ノミネート作品一覧

今回は、『Dice Tower Award 2015』のノミネート作品が発表されたので、
どんなゲームがノミネートされているのかをざっくりと紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Dice Tower Awardとは?

    “The Dice Tower”は、アメリカのボードゲームポッドキャスト番組です。
    そのエピソード数は、この記事を書いている時点で522エピソードになります。

    そんな”The Dice Tower”が主となり、
    毎年ベストボードゲームを決めています。

    2015年に発売された4000個以上のゲームの中から、
    14カテゴリに分けて5つずつゲームをノミネートしています。

    結果は、7月に行われる「Dice Tower Con」で発表されます。
    メインとなる「BEST GAME OF THE YEAR」のノミネートゲームの紹介になります。

世界の七不思議:デュエル

    image
    (出典:Amazon.co.jp)

    このゲームでは、各プレイヤーは1つの文明を率い、建造物や七不思議を建造することになる。

    2011年にドイツ年間ボードゲームのエキスパート大賞を受賞した「世界の七不思議」をベースに、2人専用ゲームにした作品。

    世界の七不思議を テーマに、自分の都市を発展させます。
    戦争や科学の力で押し切られないよう、互いに牽制しあいながら勝利を目指します。

    2016年には、拡張の発売も予定されています。

Blood Rage

    image
    (出典:Board Game Geek

     北欧神話をベースとしたミニチュアボードゲーム。
    世界が燃え尽きる迄に、最も多くの栄光を成し遂げるゲームのようです。

    しみくんのボードゲーム脳」さんに内容の説明などがありますので、
    気になる方はチェックしてみてください。

Cthulhu Wars

    image
    (出典:Board Game Geek

    クトゥルフ神話の邪神達が未来の地球で激突するというボードゲームだそうです。
    モンスターバトルですね。こちらもミニチュアがたっぷりと入っています。

    4Gamer」さんに詳しい内容が記事になっているので、
    気になる方はチェックしてみてください。

コードネーム

    image
    (出典:ホビージャパン 公式サイト

    スパイマスターのヒントを手掛かりに、敵対組織より先に味方のエージェント全員と接触せよ!

    スパイになり、散りばめられた仲間のスパイのコードネームを見つけ出すチーム戦の協力ゲーム。

    場にあるカードを複数正解できるような、言葉の選び方が難しく、
    鉄板なパーティーゲームでもあります。

ELYSIUM

    image
    (出典:Amazon.co.jp

    エリジウム ―― 英雄たちの魂が集う死後の楽園 ――
    全ての物語が記されたのち、ただの人の子であった英雄は、
    オリンポスの神々に名を連ねる存在へとなるだろう……

    カードをドラフトして、カードセットを作るゲームです。
    神々に貢献することで、神様に近づくことを目指すようです。

The Gallerist

    image
    (出典:Board Game Geek
    美術館のオーナーになり、美術品を展示したり売買することで、
    名誉のある美術館に成長させるゲーム。

    美術品の得点を得るため、お客さんを増やしたりしながら、徐々に発展させていきます。
    イラストやコンポーネントも非常に美しい3時間級の重ゲーになっています。

ミステリウム

    image
    (出典:ホビージャパン 公式サイト

    幽霊が徘徊している怪しげな屋敷に立ち入る勇気はありますか?
    あなたは大胆にも、幽霊が徘徊している怪しげな屋敷に立ち入っています……何と勇敢なことでしょう!
    現世に取り残された魂を安らかに眠らせるため、奇妙な降霊会の準備ができたら、
    テーブルの周りに座って心を解放し、あなたの第六感を覚醒させましょう……。

    幽霊の殺人犯を探す、非対称協力型ゲームです。

    幽霊は、霊能力者にメッセージを伝えるが、
    なかなかうまく伝わらず四苦八苦する推理ゲームになっています。
    (4~5回プレイして、一度もクリアしたことないです…)

パンデミックレガシー

    image
    (出典:ホビージャパン 公式サイト

    「パンデミック・レガシー」はプレイヤー同士が協力して勝利を目指す協力ゲームだ。
    このゲームでは、4つの病原体が人類の生存圏を脅かす前に治療薬を発見し、アウトブレイクを防ぐために全プレイヤーは協力しなければならない。

    ゲーム世界内での1年間をプレイし、全員が勝利するか、さもなければ全員――人類の敗北となる結末に!
    君たちは1年を生き延び、人類を救うことができるだろうか?

    人気協力ボードゲーム「パンデミック」に時間経過を追加した作品。
    最低でも12回プレイしなければ、クリアできない。
    その上、ネタバレ要素があるため1度遊んだら2度遊べない作品となっている。

    徐々に変化していく世界、またキャラクターへの愛着など、
    今まで体験したことのない「パンデミック」の楽しみ方ができます。
    今回、7部門にノミネートされています。

T.I.M.E Stories

    image
    (出典:Board Game Geek

    時空警察になり、時間を行き来しながら謎を解決する協力ボードゲーム。
    今回、8部門にノミネートされており非常に評価が高いことがうかがえます。

    日本では、「Trick Play」さんが取扱いをされていますが、
    毎回入荷後にすぐ売り切れてしまうゲームとなっています。

マルコポーロの旅路

    image
    (出典:Arclight Games

    マルコポーロのように各地の都市を交易しながら旅してより多くの利益を獲得しよう。

    2015年のドイツゲーム賞を受賞したゲーム。
    マルコポーロの仲間となり、シルクロードを築きます。

     キャラクター毎に異なった能力を持っており、
    毎回違ったプレイ感が楽しめるゲームになっています。

ロールフォーザギャラクシー

    image
    (出典:『ゲームマーケット』公式サイト)

    プレイヤーは自分の星系国家を受け持ち、帝国の発展を目指す。
    ゲームで使用する専用の特殊ダイスは、自帝国の国民である「労働者」だ。
    毎ラウンドこのダイスをふって各フェイズに配置し、市民として労働を行う。

    その労働により、帝国は新たなテクノロジーを開発したり、
    新たな星系に入植したり、産物を輸送することができる。

    探索、開発、入植、生産、交易などの行動を選択し、
    もっとも繁栄した帝国を建設したプレイヤーが勝者だ!

    人気カードゲーム『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』をダイスゲーム化した作品。
    ゲームマーケット2016春では、日本語版が先行販売された。
    少しずつ、自分の領土となる惑星を増やしていくのが楽しいゲームでした。

その他部門

以下は、英語の紹介のままになります。

コンポーネント部門 (BEST BOARD GAME COMPONENTS)

  • Blood Rage – CoolMiniOrNot
  • Cthulhu Wars – Green Eye Games
  • Star Wars Armada – Fantasy Flight Games
  • Flick ’em Up! – Pretzel Games
  • Forbidden Stars – Fantasy Flight Games

協力ゲーム部門 (BEST CO-OP GAMES)

  • The Grizzled – CoolMiniOrNot
  • Mysterium – Libellud
  • Pandemic Legacy – Z-Man Games
  • T.I.M.E. Stores – Space Cowboys
  • XCOM: The Board Game – Fantasy Flight Games

ファミリーゲーム部門 (BEST FAMILY GAMES)

  • Codenames – Czech Games Edition
  • Flick ’em Up! – Pretzel Games
  • Lanterns: The Harvest Festival – Renegade Games
  • Mysterium – Libellud
  • New York 1901 – Blue Orange Games

アートワーク部門 (BEST GAME ARTWORK)

  • Above and Below – Ryan Laukat
  • Ashes: Rise of the Phoenixborn – David Richards, Fernanda Suarez
  • The Grizzled – Tignous
  • Mysterium – Igor Burlakov, Xavier Collette
  • T.I.M.E. Stores – Ben Carre, Vincent Dutrait, David Lecossu, Pascal Quidault

拡張ゲーム部門 (BEST GAME EXPANSIONS)

  • Colt Express: Horses and Stagecoach – Pretzel Games
  • Five Tribes: Artisans of Naqala – Days of Wonder
  • Roll for the Galaxy: Ambition – Rio Grande Games
  • Russian Railroads: German Railroads – Z-Man Games
  • Ticket to Ride Map Collection Volume 5: UK and Pennsylvania – Days of Wonder

新人ゲームデザイナー部門 (BEST GAME FROM A NEW DESIGNER)

  • Between Two Cities – Matthew O’Malley,Morten Monrad Pedersen, Ben Rosset
  • New York 1901 – Chenier La Salle
  • Stockpile – Brett Sobol, Seth Van Orden
  • T.I.M.E. Stories – Manuel Rozoy
  • Tides of Time – Kristian Čurla

再販ゲーム部門 (BEST GAME REPRINT)

  • El Grande Bix Box – Z-Man Games
  • Fury of Dracula (3rd Edition) – Fantasy Flight Games
  • Mission Red Planet – Fantasy Fli/ght Games
  • Stronghold (2nd Edition) – Stronghold Games
  • Through the Ages: A New Story of Civilization – Czech Games Edition

テーマ部門 (BEST GAME THEMING)

  • T.I.M.E. Stores – Space Cowboys
  • Pandemic Legacy – Z-Man Games
  • Baseball Highlights 2045 – Eagle-Gryphon Games
  • Food Chain Magnate – Splotter Spellen
  • Blood Rage – CoolMiniOrNot

パーティーゲーム部門 (BEST PARTY GAME)

  • Codenames – Czech Games Edition
  • Mysterium – Libellud
  • Mafia de Cuba – Lui-meme
  • Deception: Murder in Hong Kong – Grey Fox Games
  • Two Rooms and a Boom – Tuesday Knight Games

マイナーメーカー部門(BEST SMALL PUBLISHER GAME)

  • Lanterns: The Harvest Festival – Renegade Games
  • Between Two Cities – Stonemaier Games
  • Burgle Bros. – Self-published by Tim Fowers
  • Champions of Midgard – Grey Fox Games
  • Stockpile – Nauvoo Games

ストラテジーゲーム部門(BEST STRATEGY GAME)

  • Blood Rage – CoolMiniOrNot
  • Pandemic Legacy – Z-Man Games
  • Elysium – Space Cowboys
  • The Voyages of Marco Polo – Z-Man Games
  • Roll for the Galaxy – Rio Grande Games

2人用ゲーム部門(BEST TWO PLAYER GAME)

  • 7 Wonders: Duel – Repos Productions
  • Baseball Highlights 2045 – Eagle-Gryphon Games
  • Ashes: Rise of the Phoenixborn – Plaid Hat Games
  • Raptor – Matagot
  • Risk: Star Wars Edition – Hasbro

イノベーティブ部門 (MOST INNOVATIVE GAME)

  • Codenames – Czech Games Edition
  • Mysterium – Libellud
  • T.I.M.E. Stores – Space Cowboys
  • XCOM: The Board Game – Fantasy Flight Games
  • 504 – 2F-Spiele

おわりに

    今回のノミネート作品は、「Dice Tower News」で発表された内容になります。
    未知の面白そうなゲームが見つかったら幸いです。

    それではまた~