4
aboveandbelow_box_02
(引用:Red Raven Games

ゲーム名 Above and Below (2015, Red Raven Games)
デザイン Ryan Laukat
人数 2~4人
年齢 13歳~
時間 90~120分

『Above and Below』について

地下を探険して村を発展させる拡大再生産ゲームです。探険してのお宝ゲットが楽しいゲームです。

「Ryan Laukat」氏と「Red Raven Games」について

    ゲームデザインは、「Ryan Laukat」氏。代表作は、「八分帝国(Eight-Minute Empire)」や 「鋼鉄都市(City of Iron)」です。

    『Red Raven Games』は「Ryan Laukat」氏が社長をつとめるプライベートブランドで、全ゲームのゲームデザイン及びアートワークも手がけているのが特徴です。

    Red Raven Games


ゲームの内容を説明しようと思うのですが、手元に説明書がないため用語などは適当ですのでご容赦ください。

ゲームの流れ

    全7ラウンドを行います。 各ラウンドは、全プレイヤーがラウンドから降りることを選択するまで行います。

    目的

    地上や地下に建物を建築し、自分の村を発展させます。

    勝利条件

    ゲーム終了時に最も村を発展させた(勝利点の高い)プレイヤーが勝利します。

    得点方法

    ゲームを進めていく上で、建築する建物や冒険などで獲得した特産品によって勝利点を得ます。

手番で行うこと

    手番でできることは5つあります。手番が来たとき、これらのうち1つを選び実行します。
    これらのアクションを実行する時、自分の村の「働けるエリア」にいる住人を使用する必要があります。ゲーム開始時の住人は3人で、ゲーム中人数を増やしていきます。
    image1
    住人は、働くと「休憩エリア」へ移動します。ここから「働けるエリア」へ戻るにはラウンド終了時にベッドを割り当てる必要があります。

    1. 地下洞窟を探険する(2人以上)
    2. 特産品を収穫する
    3. 建物を建築する
    4. 住人を増やす
    5. お金と酒樽を獲得する

    建物や住民は、共通の場から選びます。
    2016-07-09-15-32-09

1.地下洞窟を探険する

    このゲームメインとなるアクションです。自分の村人2人以上を連れて、地下洞窟に冒険に行きます。このアクションを選択後、地下洞窟のカードを1枚引いた後にダイスを振り、何番のストーリーを進めるかを選びます。
    image
    カードに書かれた番号に対応した物語が別冊のゲームブックに書かれています。これを次のプレイヤーが音読して、物語を進めます。物語が進むと、最後に選択肢が用意されており、どのようにアクションを行うかを選びます。


    洞窟で看板を持っている魚人を見つけました。魚人に話かけますか?それともこれを無視して冒険を続けますか?
    という感じの問いです。(説明用に適当に創作したものです。)

    選択肢を選んだ後に、住人の人数分のダイスを振って自分達の探険スキルを判定します。そのため、地下洞窟を探険する人数は、多いほど多い探険スキルを獲得することができます。また、住人を「病院エリア」に送ることで探険スキルを1つ分追加することができます。

    探険スキルポイントの判定時、一定のポイントを超えていると、お宝を獲得できます。何が獲得できるかは物語次第です。それに加え、地下に建物を1軒建築できるようになります。

    下の写真の2人で冒険に行った場合、ダイスの出目が2つとも4を超えた場合の探険スキルポイントは『4』となります。2人を「病院エリア」に配置した場合には『6』です。
    image

2.特産品を収穫する

    ゲームをすすめていく上で、建築できる建物の中には特産品(魚や果物など)を産出する建物が含まれています。
    image
    このアクションを実行することで、これらの特産品を収穫して自分のものにすることができます。特産品は多品種を揃えることで、獲得できる勝利点が増えていきます。
    2016-07-09-15-31-35

    個人得点ボードの下部分に勝利点が書かれており、左から順に種類が増えると1つの特産品により獲得できる勝利点も増えます。

    下の写真では、魚が3つ・ロープが1つあるので合計4勝利点となります。
    2016-07-09-15-31-06

3.建物を建築する

    お金を支払うことで、建物を建築することができます。建物を建築できるのは、木槌のマークのアイコンを持った住人のみです。建物には様々な効果があり、これをうまく使うことで、特産品を獲得したり村人のベッドを増やしたりして村を拡大します。

4.住人を増やす

    村の住人を増やすことができます。住人を増やすことができるのは、羽のマークのアイコンを持った住人のみです。住人毎にスキルが異なるので、戦略に応じて住人を増やします。

5.お金と酒樽を獲得する

    1金と酒樽を1個獲得します。酒樽は、ベッド1つ分の効果がありますが、1回使いきりの効果になります。

ラウンド終了時の処理

    各ラウンドが終了時、「収入の獲得」と「住人の移動」を行い、次のラウンドを開始します。住人は、建物に書かれているベッドの数分だけ移動することができます。 

おわりに

    大体どんなことをしてゲームを進めるのかが伝われば幸いです。もっと細かい内容などはGIGAZINEなどの紹介記事をご覧いただくといいかもしれません。

    地底を探検し素材収集して街を構築する徹底的に練り込まれた設定のボードゲーム「Above and Below」をプレイしてみました - GIGAZINE

    プレイしての感想。

    ワーカープレイスメントによる拡大再生産と、冒険によるダイス運がうまく相まってより万人受けしやすいゲームになっている印象を受けました。

    このゲームの根幹は、やはり地下洞窟への探険をするという点。毎回違ったストーリーが展開するのも魅力的です。探険ポイント判定時にもらえるお宝が異なりますがポイントが高いほど多くのものを獲得することができるのも楽しく、どんどんと洞窟に住人を送り込みたくなります。

    冒険によって獲得できる資源は、冒険する本人にはわからない点も展開が読みづらいと感じる人もいるかもしれません。ただ、冒険でもらえるものは、貰えたらもらったでラッキーくらいの感じでゲームに望むといい気はします。

    ゲームの展開としては、前半にベッドなどの住人を増やすことをサポートする建物が人気で後半に進むに従って勝利点を得るための建物が人気になっていきます。今回のプレイでは、地下の建物1軒につき勝利点を2点得る建物と1点を得る建物を獲得できたので、64点という高得点でゲームを終えることができました。

    初期配置されている建物カードの効果は非常に強いです。(ダイスの振り直しなど)そのため、ゲーム開始時に全員の認識をあわせておくといいかと思います。今回のプレイでは、初期配置の建物カードの重要性に気づかずふてくされてしまうおじさんが発生する事案が発生しました(笑)

    現在こちらのゲームは「トリックプレイ」さんでのみの取り扱いがあります。入荷するとすぐに売り切れてしまうゲームなので、どうしても欲しい人はトリックプレイさんのTwitterを要チェックです!!

    神戸三宮のボードゲームショップ&プレイスペース「トリックプレイ」

    それではまた~