image

2016年8月22日~8月28日の「ボードゲームニュース」まとめです。
【国内ニュース】

CEDEC 2016でボードゲーム講演

    International Gmers Awards
    日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」で、「アナログゲームが熱いって本当?~メカニクスデザインの最前線~”」というタイトルで、東京工芸大学教授の遠藤雅伸氏・ドロッセルマイヤー商會の渡辺範明氏・すごろくやの丸田康司氏の3人が講演を行いました。

    ボードゲームの取り巻く環境と最近のボードゲーム市場の成長などの全体的な内容を伝える講演内容だったようです。詳細などは、各レポートをご覧いただくと良いかと思います。
【海外ニュース】

『国際ゲーマーズ賞2016』ノミネート作品発表

    International Gmers Awards
    『国際ゲーマーズ賞(International Gamers Award)』は、世界各国27名の審査員が作品をノミネートし、「一般ストラテジー賞」と「2人用ストラテジー賞」の2部門の大賞を9月末に発表します。

    『一般ストラテジー賞』

    ブラッドレイジ (Blood Rage)

    コードネーム (Codenames)

    フードチェーンマグネイト (Food Chain Magnate)

    グランドオーストリアホテル (Grand Austria Hotel)

    スカイアイランド (Isle of Skye)

    モンバサ (Mombasa)

    ニッポン:明治維新 (Nippon)

    パンデミックレガシー (Pandemic Legacy)

    クアドロポリス (Quadropolis)

    タイムストーリーズ (T.I.M.E. Stories)

    『2人用ストラテジー賞』

    世界の七不思議:デュエル (7 Wonders Duel)

    パッチワーク (Patchwork)

    ラプトル (Raptor)

    スターウォーズ:リベリオン (Star Wars: Rebellion)

    路面電車 (Trambahn)

『グラフ・ルード2016』ノミネート作品発表

    Graf Ludo 2016
    『グラフ・ルード(Graf Ludo)』は、ボードゲームの絵やコンポーネントの見栄えをボードゲームファンが選ぶゲーム賞です。「ファミリーゲーム部門」と「子供ゲーム部門」の2部門があり、9月末に各部門の大賞が決まります。

    『ファミリーゲーム部門』

    ブラッディ・イン (The bloody inn)

    壁に耳あり (Die Wände haben Ohren)

    ミステリウム (Mysterium)

    『子供ゲーム部門』

    Bau Boom

    Insekten Hotel

    Spookies



    Nominierungen | Graf Ludo -
【気になったボードゲーム記事】

ボードゲームWeb漫画『チェックめいと! ~魔王さん、手番ですよ!~』

    International Gmers Awards
    「サンデーうぇぶり」上でボードゲームWeb漫画『『チェックめいと! ~魔王さん、手番ですよ!~』が連載中です。現在7話まで公開されており、無料で全話読むことができます。

    お姫様を助けに来た勇者が魔王とボードゲームで対決するゲームコメディマンガとです。

「クロノス・クラウン」の柳井政和氏が作家デビュー

    クロノス・クラウン
    「クロノス・クラウン」の柳井政和氏が作家デビューをしました。柳井政和氏は、2002年に「クロノス・クラウン」を 立ち上げ、『スペースステーション』や『ヒット』などのボードゲームを発表し、ゲームデザインを手掛けていました。現在では様々な事業展開を行っており、今回『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』というミステリー小説で作家デビューしました。

    理系ミステリー小説となっているそうなので、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

    海外ニュースは、大賞系のニュースが続きました。各ゲームの紹介などは、別途記事にしようと思っていますのでしばしお待ちください。

    ご意見・ご感想などありましたら遠慮なくいただけると幸いです。

    それではまた~
関連記事: