d0094245_18432298

8月下旬に発売される新作ボードゲームの発売情報をまとめました。どんなゲームが発売するのかの参考になれば幸いです。メビウスゲームズさんが取り扱うゲーム情報が抜けていたので、8月下旬発売ではありませんが追加しています。

『スルー・ジ・エイジズ 日本語版』 (8/16 発売)

    ゲーム名 スルー・ジ・エイジズ 日本語版
    メーカー New Games Order (2016)
    デザイナー Vlaada Chvátil
    人数 2~4人
    年齢 14歳~
    時間 120分

    プレイヤーは、古代から現代に至るまでの人類の文明を発展の歴史を作り、より良い文明を築くことを目的とします。本作は、2016 年のドイツ年間ゲーム大賞を『コードネーム』で受賞したゲームデザイナー ヴラーダ・フヴァチル氏の出世作となります。世界最大級のボードゲームデータベースサイト「Board Game Geek」で2位の平均評価を獲得している、人気作品です。

    今回の日本語化にあたり、New Games Orderさんが本作に向けた想いをブログで語っており、作品にかける想いが伝わってくる内容となっています。ここまでの、日本のボードゲームシーンも振り返った内容となっているので一読の価値ありです!

『そして二人は手を取り合って。』 (8/18発売)

    ゲーム名 そして二人は手を取り合って。 / ...and then, we held hands.
    メーカー LudiCreations (2016), 取扱:ホビージャパン
    デザイナー デヴィッド・チルコップ、ヤニク・マッサ
    人数 2人
    年齢 12歳~
    時間 30~45分
    『そして二人は手を取り合って。』は、2人用の協力ゲームです。イラストの描かれた「感情カード」を使うことで、お互いの状況を見ながらボードの中心に進むことを目指します。
    d0094245_18432298
    クラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、約670万円の資金を調達しており、カードのイラストや盤面が非常にカラフルなのが特徴です。個人的には、とても好きなデザインです。

『八分帝国:伝説 日本語版』 (8/19発売)


    ゲーム名 八分帝国:伝説 日本語版
    メーカー ホビージャパン (2016)
    デザイナー Ryan Laukat
    人数 2~4人
    年齢 12歳~
    時間 8~20分
    短時間で終わる陣取りゲーム『八分帝国』の続編で、単体でプレイすることができるゲームとなっています。 共通の場に並んだ6枚のカードから1枚とってアクションすることで、地域支配して陣地を形成していきます。基本のルールは、前作と同じです。
    d0094245_18432298
    今回は、新たな選択ルールと新しいマップで遊べるようになっています。新しいマップは可変マップとなっており、リプレイ性がより増しているようです。

    前作がどはまりだったので、本作も遊んでみたくてたまりません。

『セイラム』 (8月下旬発売)

    ゲーム名 セイラム / SALEM
    メーカー Passport Games (2016), 取扱:ホビージャパン
    デザイナー Joshua Gerald Balvin
    人数 3~7人
    年齢 12歳~
    時間 90分
    1692年にアメリカのセイラム村で実際に行われた「セイラム魔女裁判」がテーマの論理推理ボードゲームです。村に潜む3人の魔女を探し出します。ゲームは「魔女狩り」と「魔女裁判」の2つのフェーズに分かれており、「魔女狩り」フェイズの間、プレイヤーは刑務所に送られた住民が投獄されるためのアリバイを提供し、どの住民が魔女であるかを探し出します。 d0094245_18432298
    どのように魔女をあぶりだしていくのかが非常に気になりました。そして、箱絵こわっ

『カルカソンヌJ』 (8/2発売)

    ゲーム名 カルカソンヌJ / Carcassonne 2.1 Japanese version
    メーカー Hans im Gluck, メビウスゲームズ (2016)
    デザイナー Klaus-Jurgen Wrede
    人数 2~5人
    年齢 7歳~
    時間 35分
    城壁都市「カルカソンヌ」を完成させるタイル配置ゲームです。ボードゲームをプレイしたことある人の中で知らない人は少ないであろう名作ゲームの第2版です。今回、各タイルのデザインがリニューアルされ「川」と「修道院長」のタイルが追加されています。そして、日本版限定の観光地タイルも追加されています。これは、「修道院」のタイルと入れ替えて使うようです。

『コウモリ城』(8/10発売)

    ゲーム名 コウモリ城 / Burg Flatterstein
    メーカー Drei Magier (2016), 取扱:メビウスゲームズ
    デザイナー Duido Hoffmann
    人数 2人
    年齢 12歳~
    時間 30分
    布でできたコウモリを風の力で飛ばすアクションゲームです。飛ばしたコウモリがゲームボードに着地したら、コマを進めることができ、城のてっぺんを目指します。 d0094245_18432298


    ギミックにワクワクするゲームですね。どんな感じに飛ぶのかは、オフィシャルムービーをご覧くださいませ。

『コンプレット』(8/10発売)

    ゲーム名 コンプレット / Completto
    メーカー Schmidt (2016), 取扱:メビウスゲームズ
    デザイン Heinz Meiste
    人数 2~4人
    年齢 8歳~
    時間 30分

    手元にある22個の木駒を昇順に揃えるボードゲームです。1~100が書かれた木の駒が共通の場に並んでおり、そこから1枚選んで表向きにして数字が昇順になるように並べていきます。

    どこの数字を狙ってスペースを空けておくかが悩ましいゲームです。詳細は、過去記事をご覧ください。木の手触りがたまらないゲームです。

ベガス拡張セット(8/10発売)

    ゲーム名 ベガス拡張セット / Las Vegas Boulevard
    メーカー alea / Ravensburger (2014), 取扱:メビウスゲームズ
    デザイナー Rudiger Dorn
    人数 1~8人
    年齢 8歳~
    時間 20~75分
    ダイスを振り、同じ数字のダイスをカジノに割り振ってお金を稼ぐボードゲーム「ベガス」の拡張セットです。 9種類の新しいルールが付属していて、通常ゲームに追加して遊びます。

    スロットマシンや他のプレイヤーのダイスをキックするダイス、10万ドルカードなど様々です。好きにカスタマイズして、違ったプレイ感が楽しめます。

おわりに

    気になるゲームまたは、気になっていたけど発売されているの知らなかった!なんて情報が見つかれば幸いです。

    それではまた~