6/11にドイツ年間ゲーム大賞2018(Spiel des Jahres 2018)のキッズ部門の大賞作が発表され、『Funkelschatz』に決定しました。

『ドイツ年間ゲーム大賞』について

image

『ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jares)』は、1979年から続くドイツのアナログゲーム賞です。ノミネートから大賞決定まで、審査員が決定します。非常に歴史が長いこともあり、ボードゲーム界隈では非常に名誉のある賞です。

受賞したゲームは、ゲームの箱に大賞をとったことを表すポーンマークをつけることができます。2000年からはキッズゲーム大賞、2007年からはエキスパートゲーム大賞も新たに設けられており、現在は大賞を含めた合計3部門の発表が行われます。

年間キッズゲーム大賞は6月に。年間ゲーム大賞・年間エキスパート大賞は7月に発表されます。

各部門のノミネート作品については、こちら↓の記事をご覧ください。



『Funkelschatz』について

ゲーム名Funkelschatz
デザイナーGünter Burkhardt, Lena Burkhardt
人数2~4人
時間10~20分
年齢5歳~

4体のドラゴンの子供達はある日輝く宝石を発見します。宝石は氷の中に埋まっており、氷の柱を溶かしてお宝を獲得することを目指します。

Funkelschatz
(引用:Board Game Geek

お父さんドラゴンがファイアーブレスで氷を溶かし、子どもたちが宝石を集めます。最も多くの宝石を集めたプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲームデザイナーは、ギュンター・ブルクハルト(Günter Burkhardt)氏レナ・ブルクハルト(Lena Burkhardt)氏のコンビです。

2人でデザインしたゲームには『ベルサイユ庭園』があり、ギュンター・ブルクハルト氏単独としては、『ウルムの黄金時代』や『ポテトマン』などがあります。

大賞受賞の様子

すごろくやから6月流通予定!

『Funkelschatz』については既にすごろくやから国内流通が案内されており、6月中を予定しているとのことです。

気になる方はこちらを待ってみるといいかもしれません。邦題もどのような名前になるのか大変気になるところです。(ドイツ語タイトル:きらめく宝物、英語タイトル:ドラゴン・ブレス)

おわりに

今回は、ドイツ年間ゲーム大賞2018のキッズゲーム部門大賞に輝いたゲーム『Funkelschatz』を簡単にご紹介しました。

立体感のあるコンポーネントで、子供受けも良さそうです!