カテゴリ: ボードゲームレビュー

umi_beach
8月になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。ゲームに旬ってあるとおもいますか?私はあると思ってます。新作ゲームや再販されたゲーム。同じゲームでも、時によってその需要は変わると思っています。

というわけで今回は、夏が旬なボードゲームを5つ程取り上げてみたいとおもいます。 続きを読む

3

ゲーム名 ラブクラフト・レター (Lovecraft Letter)
メーカー アークライトゲームズ (2016)
デザイン カナイセイジ
人数 2~6人
年齢 10歳~
時間 5~15分
続きを読む

3
image

ゲーム概要

探検家になり、島を切り開いて財宝にたどり着くタイル配置ゲームです。

ゲームデザイナー

ゲームデザインは、「リューディガー・ドーン(Rüdiger Dorn)」氏。代表作は、『ゴア(Goa)』や『イスタンブール(Istanbul)』です。

子供向けゲームを数多く手がけてきたHABA社からの大人向けゲームとして、発売されました。2016年の「ドイツ年間ゲーム大賞」にノミネートされています。 続きを読む

3
ダーダオチェン(翻轉大稻埕/Dadaocheng)

 台湾の台北にある都市「大稲埕」が舞台のパズルゲームです。

共通の場に4×4に配置されたタイルを裏返したり、配置換えをしたりすることで資源を得ます。これを元手に、建物の購入や交易を行うことで、発展させていきます。
続きを読む

今回は、先日「Dice Tower Award 2015」の大賞と部門賞が発表されたので紹介したいと思います。

結果は、大賞が『パンデミックレガシー』。
その他各部門では、『タイムストーリーズ』が3冠、『ブラッドレイジ』と『コードネーム』がそれぞれ2冠となっています。

Dice Tower Awardとは?

    "The Dice Tower"は、アメリカのボードゲームポッドキャスト番組です。
    そのエピソード数は、この記事を書いている時点で522エピソードになります。

    そんな"The Dice Tower"が主となり、
    毎年ベストボードゲームを決めています。
    dtawards_snu3py
    2015年に発売された4000個以上のゲームの中から、
    14カテゴリに分けて5つずつゲームをノミネートしています。
続きを読む

4
aboveandbelow_box_02
(引用:Red Raven Games

ゲーム名 Above and Below (2015, Red Raven Games)
デザイン Ryan Laukat
人数 2~4人
年齢 13歳~
時間 90~120分

『Above and Below』について

地下を探険して村を発展させる拡大再生産ゲームです。探険してのお宝ゲットが楽しいゲームです。 続きを読む

3

Dynasties
(出典:Hans im Glück

ゲーム名 ダイナスティ
Dynasties: Heirate & Herrsche (2016, Hans im Glück)
デザイン Matthias Cramer
人数 3~5人
年齢 12歳~
時間 60~90分
続きを読む

今回は、『ルーマニア年間ゲーム大賞2015』の結果が発表されたので、簡単に結果に紹介したいと思います。

「ルーマニア年間ゲーム大賞」について

    一般ユーザーの投票によってノミネート作品を決め、その中から審査員がゲーム大賞を選ぶようになっているそうです。部門は「初心者部門」と「上級者部門」の2つの部門があります。


    (出典:Jocul Anului în România
続きを読む

今回は、『ポルトガル年間ゲーム大賞2016』のノミネート作品が発表されたので、
どんなゲームがノミネートされているのかをざっくりと紹介したいと思います。


(出典:Spielbox続きを読む

3
ブルームサービス:カードゲーム
Broom Service: The Card Game (alea 2016)

デザイン:Andreas Pelikan, Alexander Pfister
プレイ人数: 3~6人 対象年齢:8歳以上 プレイ時間:15~30分
2016-06-30-23-31-40 続きを読む

↑このページのトップヘ