カテゴリ: ボードゲーム紹介

ゲームマーケット2016春まで残りあと3日。
みなさんいかがお過ごしでしょう。

日本の創作ゲーム界で多くの作品のアートワークを手掛けてらっしゃる長谷川登鯉さん。

(iPhoneスマホケースの写真)

今回は(も)、最高潮に長谷川さんの携わった作品が多くない?と思ったので、まとめてみました。

外人ダッシュ/ボウザ&ルブラ [D33]

    image
    (出典:ゲームマーケット『公式サイト』

    人数:3~6人
    時間:15分
    年齢:7歳~
    価格:2500円

     「世界の七不思議」のゲームデザイナー ボウザ氏と
    「アリ・ババ」のゲームデザイナー ルブラ氏がデザインしたゲーム。

    海外の有名デザイナーのお2人が個人で出展するということで、話題のブース。 ポーカーチップを使ったアクション系ゲームになっているようです。
続きを読む

5
花見小路
Hanamikoji (EmperorS4 Games, 2016)

デザイン:中山宏太
プレイ人数: 2人 対象年齢:10歳以上 プレイ時間:15分


(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

ゲームについて

    京都にある「花見小路通」を舞台にした2人用カードゲーム。
     
    ゲームデザインは、高天原の中山宏太さん。
    2013年に高天原さんで発売した『二十一輪の花』のリメイクになるようです。

    今回は、『Burano』などを手掛ける台湾の『EmperorS4 Games』から出版されています。
続きを読む

4
ファクトリーファンナー
Factory Funner (Cwali, 2016)

デザイン:Corné van Moorsel
プレイ人数: 1~5人 対象年齢:11歳以上 プレイ時間:20~40分


(出典:Board Game Geek

    本作は、「Factory Fun」という作品の続編(リメイク?)となっており、
    前作では、長方形のタイルだったものがヘキサのタイルに変更されています。

    本作は、昨年末にKickstarterで約520万円の出資を集めたようです。
続きを読む

どーも、ニコです。

今回はゲームマーケット2016春で販売される新作の猫ゲームをピックアップしてみます。

なぜ猫ゲーム?

自分が猫を飼っていて、猫が好き。
ってのが、まずあります。

それはそれとして、毎回ゲームマーケットではたくさんの猫ゲームが売られています。
(犬ゲームってあまり見かけない…)

最近、自分の中で至った考察が1つあります。
犬ってシルエットが様々だけど、猫のシルエットはそんなに種類が多くないので、
イラストなどにしやすいんじゃないかと。

あとは、インドア派のボードゲーマーには猫好きが多いんだろうと勝手に思っています。

そんな話はさておき、お気に入りの猫ゲー探しの参考になれば幸いです。 
続きを読む

3

ゲーム名 ラストスパイク (Last Spike)
メーカー Columbia Games (2016)
ゲームデザイナー Tom Dalgliesh
人数 2~6人
時間 30~45分
年齢 10歳~
続きを読む

5

ワールズフェア 1893 (World's Fair 1893)

ゲーム名ワールズフェア1893 (World's Fair 1893)
メーカーFoxtrot Games (2016)
ゲームデザイナーJ. Alex Kevern
人数2~4人
時間35~45分
年齢10歳~
続きを読む

3

ブルゴーニュ:カードゲーム

ゲーム名ブルゴーニュ:カードゲーム (The Castles of Burgundy: The Card Game)
メーカーalea (2016)
ゲームデザイナーStefan Feld
人数1~4人
時間20~45分
年齢12歳~
続きを読む

4

ゲーム名 イムホテップ(Imhotep)
メーカー Kosmos (2016)
ゲームデザイナー フィル・ワォーカー・ハーディン
(Phil Walker-Harding)
人数 2~4人
時間 40分
年齢 10歳~
続きを読む

5
このエントリーは、ボドゲ紹介 Advent Calendar 2015 の7日目です。
前日はアンプログさんの「ディクシット」とおすすめの遊び方の紹介でした。

今回、私が紹介するボードゲームは、「チケット・トゥ・ライド:メルクリン(Ticket to Ride: Märklin)」です。



まずは、「チケット・トゥ・ライド」がどのようなゲームかを紹介させて頂きます。 続きを読む

どうも、ニコです。

今回は、ゲームマーケット2015秋の新作トリックテイキングゲームを特集してみます。

トリックテイキングゲームとは?

プレイングカード(トランプ)を使って遊ぶカードゲームの遊び方の1種です。
「コントラクトブリッジ」や「ナポレオン」などが有名。 

     各プレイヤーに同じ枚数の手札を裏向きに配る。枚数は遊戯毎に違う。札を配り終わったら、札が無くなるまでトリックと呼ばれるミニゲームを繰り返し、各ミニゲーム毎に勝者を決める。勝ったトリックの数が最も多い人がゲームの勝者になる。
quate by Wikipedia

日本では、プレイングカードのことを「トランプ」という名前で親しまれていますが、
この「トランプ」という言葉も切り札を意味するトリックテイキングゲームで使われる用語の1つです。 (詳細はWikipediaをご参照ください。)

最近新作トリックテイキングゲームの数が増えており、
今回のゲームマーケット2015秋でも、多くの新作が発表されています。

作品数の多さから創作ゲームの1つの流行になってきているようにも見えます。
というわけで、今回はそんなトリックテイキングゲームをまとめてみました。
続きを読む

↑このページのトップヘ