カテゴリ: その他

どーも、ニコです。

今回はゲームマーケット2016春で販売される新作の猫ゲームをピックアップしてみます。

なぜ猫ゲーム?

自分が猫を飼っていて、猫が好き。
ってのが、まずあります。

それはそれとして、毎回ゲームマーケットではたくさんの猫ゲームが売られています。
(犬ゲームってあまり見かけない…)

最近、自分の中で至った考察が1つあります。
犬ってシルエットが様々だけど、猫のシルエットはそんなに種類が多くないので、
イラストなどにしやすいんじゃないかと。

あとは、インドア派のボードゲーマーには猫好きが多いんだろうと勝手に思っています。

そんな話はさておき、お気に入りの猫ゲー探しの参考になれば幸いです。 
続きを読む

『未来逆算思考』とは?

日本科学未来館にある4月20日に大規模リニューアルに伴い、新たに登場した常設展示の1つ。

この展示を「ドロッセルマイヤーズ」の渡辺範明さんがゲームデザイン/ディレクションをしており、巨大なボードゲームになっているのです!!
巨大なボードゲームであり、光と音のデジタルゲームであり、インタラクティブなメディアアートであり、そしてもちろん科学展示です。
(引用:ドロッセルマイヤーズ ブログ)
というわけで、今回はどんなゲームになっているのかを紹介しようと思います。

続きを読む

Capture

『全国ボードゲームマップ』を作りました。ボードゲームが購入できたり、遊べたりする場所が地図から見ることができるようになっています。

続きを読む

ゲーム名 イムホテップ(Imhotep)
メーカー Kosmos (2016)
ゲームデザイナー フィル・ワォーカー・ハーディン
(Phil Walker-Harding)
人数 2~4人
時間 40分
年齢 10歳~
続きを読む

東京ビックサイトで開催されたゲームマーケット2015秋に参加してきました。


太陽にちょっと神々しさを感じました。
続きを読む

どうも、ニコです。

今回は、ゲームマーケット2015秋の新作トリックテイキングゲームを特集してみます。

トリックテイキングゲームとは?

プレイングカード(トランプ)を使って遊ぶカードゲームの遊び方の1種です。
「コントラクトブリッジ」や「ナポレオン」などが有名。 

     各プレイヤーに同じ枚数の手札を裏向きに配る。枚数は遊戯毎に違う。札を配り終わったら、札が無くなるまでトリックと呼ばれるミニゲームを繰り返し、各ミニゲーム毎に勝者を決める。勝ったトリックの数が最も多い人がゲームの勝者になる。
quate by Wikipedia

日本では、プレイングカードのことを「トランプ」という名前で親しまれていますが、
この「トランプ」という言葉も切り札を意味するトリックテイキングゲームで使われる用語の1つです。 (詳細はWikipediaをご参照ください。)

最近新作トリックテイキングゲームの数が増えており、
今回のゲームマーケット2015秋でも、多くの新作が発表されています。

作品数の多さから創作ゲームの1つの流行になってきているようにも見えます。
というわけで、今回はそんなトリックテイキングゲームをまとめてみました。
続きを読む

どーも、ニコです。

今回はゲームマーケット2015秋で販売される猫ゲームをピックアップしてみます。

前回:
 ゲームマーケット2015秋:500円ゲーム特集

なぜ猫ゲーム?

自分が猫を飼っていて、猫が好き。
ってのが、まずあります。



それはそれとして、毎回ゲームマーケットではたくさんの猫ゲームが売られています。
(犬ゲームってあまり見かけない…)

インドア派のボードゲーマーには猫好きが多いのでは?
なんて勝手に思っています。

というわけで、お気に入りの猫ゲー探しの参考にしてみて下さい。 続きを読む

今月の11/22に開催されるゲームマーケット2015秋で販売される
新作500円ゲームをピックアップしてみました。

103610

なぜ500円ゲームを特集?

まず、ワンコインというリーズナブルな価格で購入できる!
そして、隠れた名作があるかも?な点。

ご存じの方も多いかと思いますが、「ラブレター」「Sail To India」「ダンジョンオブマンダム/Welcome to the dungeon」など世界中で販売されているこれらのゲームは、今から2~3年前のゲームマーケットにて500円ゲームとして販売されていたのです!

というわけで、今回のゲームマーケットでもたくさんの新作500円ゲームがあるので、
その中に、未来の世界的ヒットゲームがあるかも?!
続きを読む

今回は『マルコポーロの足あと』のミニ拡張のルールを翻訳してみたので、詳細内容をこちらに書いてみます。

最初は、まったくわからない原文のドイツ語を悪戦苦闘していたのですが、 Z-man版のルールブックを発見したので、 途中からそちらを参照しています。

ドイツ語版と、英語版には記載されている内容に多少の差異があるので誤りなどあれば、教えていただけると助かります。

「マルコポーロの足あと」ミニ拡張(購入編)

続きを読む

先日、『マルコポーロの足あと』のミニ拡張 "Die neuen Charaktere"を購入したので、どのように購入したのか等ついて書いてみようと思います。

The Voyages of Marco Polo

続きを読む

↑このページのトップヘ