ロビンソン漂流記:ボックスアート

ゲーム名ロビンソン漂流記 (Friday)
メーカーアークライトゲームズ, 2F Spiele
ゲームデザイナーFriedemann Friese
人数1人
時間25分
年齢8歳~
価格2,000円(税抜)

ロビンソン・クルーソーを助ける1人専用ゲーム!

ロビンソン漂流記:イメージ
(引用:Board Game Geek

『ロビンソン漂流記』は、漂流してきたロビンソン・クルーソーを助ける1人専用ゲームです。

プレイヤーは島の住人Fridayとなり、漂流してきたロビンソン・クルーソーを影からサポートして彼を成長させ、島から出ていってもらうことを目指します。

ゲームデザイナーは、『電力会社』などを手がけるフリードマン・フリーゼ氏。このゲームは、2012年に「ドイツ年間ゲーム大賞」の推薦ゲームに入っています。

勝利条件

ゲーム終了時、デッキのカードの得点合計値に応じてランクが決まります。

終了条件

全3ラウンドが終了後、2隻の海賊船と戦うとゲームが終了します。



ゲームの準備

ロビンソン漂流記:ゲームの準備

ゲームの準備では、ロビンソンカードのデッキと課題カードのデッキを2つ作り、2枚のロビンソンカードを受け取ります。

ロビンソンカードと課題カードは上下によって見分けるようにできており、課題カードを解決すると解決したカードをロビンソンカードデッキに追加することができるようになります。

1つずつ課題を解決して、ロビンソンカードのデッキを充実させていくデッキ構築型ゲームとなっています。

手番でやること

#alt

手番では課題カードを山札から引き、ロビンソンカードを使って解決します。

ロビンソンカードを山札から引いて、左上の数字が課題カードを上回ればクリアです。カードはいくらでも山札から引けますが、所定の枚数を超えると1枚引くたびにライフが減ります。

クリアできない場合は、体力チップとロビンソンカードを取り除くことになります。この処理はデッキ圧縮の効果があるため、計画的な敗北も必要になります。

ロビンソン漂流記:難易度

課題カードには3色のマークと数字が書かれており、課題カードの山札が尽きると色が変化して課題カードの難易度も上がります。緑➡︎黄➡︎赤の順で変化します。

海賊船との対決

#alt

課題カードの山札が3回循環したあとは、2隻の海賊カードと対決をします。勝敗に応じて勝利点がもらえます。

実際に遊んでみて

解決した課題カードが、後に自分のカードになるというシステムが斬新でした。

先を見越して強いカードを取りつつも、計画的にデッキを圧縮して強いカード構成にするのが楽しいです。追加でカードを引いたり、他のカードをコピーする効果のカードもあるのでこの辺のコンボが決まった時は気持ち良いです。

ただ1人プレイであるため、内なる盛り上がりで完結してしまうのは残念なところでしょうか。

おわりに

今回は、『ロビンソン漂流記』をご紹介しました。

デッキ構築ゲームが好きな方に遊んで頂きたい一作です。そいではまた~

お気に入り度

★★★☆☆(6/10)

ゲーム紹介一覧へ