3

キングOzo

ゲーム名キング・オゾ
メーカーホビージャパン (2017)
人数2~5人
時間約15分
年齢6歳~

紐の長さを競うパーティーアクションゲーム!

ゲーム紹介『キング・オゾ(King Ozo)』

『キング・オゾ』は、絡まったヒモからお題の色のヒモを獲得するパーティーアクションゲームです。

ゲームの目的

より多くのヒモを獲得し、長さを競います。

勝利条件

ゲーム終了時、最もヒモの長いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

残りのヒモが5本になるとゲームが終了します。



手番でやること

親プレイヤーがヒモの束を持ち、色を宣言してテーブルに落とします。

ゲーム紹介『キング・オゾ(King Ozo)』:プレイ中の様子
▲落とすとこんな感じに絡まります

全てのプレイヤーは、親プレイヤーの宣言した色のヒモをいち早く抜き取ります。この時、引っ張ることができるのは透明になっている部分です。

これをゲーム終了条件を満たすまで繰り返します。それぞれのヒモの長さは異なるので、全てを繋げて長さで勝者を決めます。

実際に遊んでみて

ありそうでなかったアクションゲームでした。そして、絡まったヒモの先端を探し出すのは難しい!

正直、得意かどうかが大きくわかれるゲームだと思います。自分は1本しか獲得出来ませんでした...

今回紹介した遊び方の他にも3種類あるそうなので、色々楽しめそうです。

おわりに

今回は、ホビージャパン ゲームフェスティバル2017秋で体験をした『キング・オゾ』をご紹介しました。

子供と遊ぶには良いアクティビティゲームだと思います。 そいではまた~

お気に入り度
★★★★★☆☆☆☆☆ (5/10)