ナンジャモンジャ:パッケージ

ゲーム名ナンジャモンジャ
メーカーすごろくや (2016)
デザイナーリーべディバ・アリョーナ(Лебедева Алёна)
人数2~6人
年齢4歳~
時間15分

不思議な生き物ナンジャモンジャに名前をつけよう!

ロシア生まれのゲームで、順番にカードをめくります。その時、出てきた不思議な生き物ナンジャモンジャに名前をつけます。

次に同じナンジャモンジャが出てきたら、その名前を呼ぶアクションカードゲームです。

一番最初に正しい名前を呼ぶことができると、それまでに出たカードを全て獲得することができます。

2016年にすごろくやが日本語版が発売され、各メディアで頻繁に取り上げられている人気のパーティーカードゲームです。

ゲームの準備

全員が見える位置にナンジャモンジャのカードの山札を作ります。それだけ。

ナンジャモンジャのカードは、全部で12種類で各5枚ずつあります。

ナンジャモンジャ

ゲームの流れ

スタートプレイヤーから順に手番を行います。手番でやることは、山札からカードを1枚めくるそれだけです。

ナンジャモンジャ

めくられたキャラクターが、初登場かどうかによって次のアクションが変わります。

【初登場の時】

カードをめくったプレイヤーが好きな名前をつけます。

取り上げられたTV番組『乃木坂工事中』でも、様々な名前がつけられていました。

ナンジャモンジャ:乃木坂工事中:目玉オンナ
目玉オンナ
ナンジャモンジャ:乃木坂工事中:承太郎
承太郎
ナンジャモンジャ:カビ田カビ男
カビ田カビ男
ナンジャモンジャ:ムラマツさん
ムラマツさん

【初登場ではないとき】

初登場の時につけられた名前を呼びます。

一番最初に正しく名前を呼べたプレイヤーが、それまでにめくられたカードを全て獲得します。

ゲームの終了

ナンジャモンジャ:カード

山札がなくなるとゲームが終了します。最も多くの枚数を持っているプレイヤーがゲームに勝利します。

実際に遊んでみて

一緒に遊ぶ人のネーミングセンスに一喜一憂しつつ、己の記憶力が試されるゲームとなっているため、カードがめくられる瞬間のドキドキ感が味わえます。

子供と本気でやっても勝てない場合もおおく、いい勝負が展開されます。(なんなら大人の方が弱いかも)。大人数でワイワイしながら楽しむと良いゲームです。

おわりに

今回は、『ナンジャモンジャ』を紹介しました小さい子から大人まで幅広く楽しむことのできる鉄板カードゲームです。

『ナンジャモンジャ』は、今回紹介した【ミドリ】の他に【シロ】もあり、両方が入った【ペアセット】なんかもあります。キャラクターイラストが気に入った方があるものを選べば良いと思います。

買えるお店は、ナンジャモンジャ公式サイトを御覧ください。

ゲーム紹介一覧へ

関連記事