【新作】SPIEL’18:コスモス (Kosmos)

logo_mobile

コスモス(Kosmos)社が、ドイツで行われるゲームイベント「SPIEL’18」(2018/10/25~2018/10/28)で発表する新作ゲームを紹介します。

【1. 新作ゲーム】

スポンサーリンク

パワーストーンを集めて国を守る協力ゲーム!『Roll for Adventure』

Catan Histories: Rise of the Inkas
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Roll for Adventure
デザイナー Matthew Dunstan, Brett J. Gilbert
人数 2~4人
時間 30分
年齢 10歳~

パワーストーンを集めて魔除けをつくり、王国を守ることを目的とした協力ゲーム。複数あるエリアのうち1つでも敵に侵略されてしまうと負けてしまいます。

作者は『エリジウム』『コスタリカ』などを手がけたMatthew Dunstan氏とBrett J. Gilbert氏のコンビ。

http://nicobodo.com/archives/10982241.html
https://boardgamegeek.com/boardgame/255683/roll-adventure

40分で3つの時代で争う文明構築ゲーム!『Tribes』

Catan Histories: Rise of the Inkas
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Tribes
デザイナー Rustan Håkansson
人数 1~4人
時間 30~50分
年齢 8歳~

約40分で石器時代、新石器時代、青銅器時代を体験することができる文明構築ゲームです。各プレイヤーが探索と発展を繰り返す3Xゲームとなっています。

作者は、『ネイションズ』シリーズのRustan Håkansson氏。

https://boardgamegeek.com/boardgame/210663/tribes-early-civilization

【2. シリーズ作】

今回のカタンはインカが舞台!『Catan Histories: Rise of the Inkas』

Catan Histories: Rise of the Inkas
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Catan Histories: Rise of the Inkas
デザイナー Klaus Teuber, Benjamin Teuber
人数 3~4人
時間 60分
年齢 12歳~

カタンシリーズの最新作。デザイナーには、クラウス・トイバー氏に加えて息子のベンジャミン・トイバー氏が参加しています。

本作は単独で遊べるゲームとなっており、インカがテーマ。自然によってできた土地にて居住地を開拓します。ゲーム中には、魚・コカ・羽根などの資源が登場。これを取引することでゲームが進みます。

https://boardgamegeek.com/boardgame/244144/catan-histories-rise-inkas

記念碑をかけて争う2人用続編!『Imhotep: Das Duell』

Imhotep: Das Duell
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Imhotep: Das Duell
デザイナー Phil Walker-Harding
人数 2人
時間 30分
年齢 10歳~

古代エジプトの建築家となり、様々な建物を建築することで、名声点を得るゲーム『イムホテップ』の2人専用スピンオフ作。

6つのボートから価値の高いタイルを積み降ろし、戦術的にタイルを配置します。それぞれが自分の4つの記念碑を建てることにより勝利点を得ます。

通常のイムホテップとは多少ルールが異なっており、争いはより熾烈になります。

http://nicobodo.com/archives/5413217.html
https://boardgamegeek.com/boardgame/255674/imhotep-das-duell

競りの要素が新たに追加したロストシティ!『Lost Cities: Rivals』

Lost Cities: Rivals
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Lost Cities: Rivals
デザイナー Reiner Knizia
人数 2~4人
時間 40分
年齢 10才~

『ロストシティ』シリーズの最新作。複数人のプレイに対応しており、デザイナーはオリジナル版同様にライナー・クニツィア氏。

Lost Cities: Rivals

プレイヤーは様々な色の探検カードを集めて数字が昇順になるように配置していきます。『ロストシティ』からの主な違いは、探検カードを置くためには競りに勝つ必要がある点です。

https://boardgamegeek.com/boardgame/253398/lost-cities-rivals

ファミリー向けの続編!『Word Slam Family』

Word Slam Family
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Word Slam Family
デザイナー Inka Brand, Markus Brand
人数 3~99人
時間 45分
年齢 10歳~

単語を並べてお題を当ててもらうコミュニケーションゲーム『ワードスラム』をコンパクトなパッケージにした続編。200枚の単語カードと100枚のお題カードが用意されています。

ファミリー向けの内容となっており、サイコロとタイマーはアプリによって提供されます。

https://boardgamegeek.com/boardgame/245389/word-slam-family

section>

大人向け仕様の続編!『Word Slam Midnight』

Word Slam Midnight
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Word Slam Midnight
デザイナー Inka Brand, Markus Brand
人数 3~99人
時間 45分
年齢 18歳~

単語を並べてお題を当ててもらうコミュニケーションゲーム『ワードスラム』をコンパクトなパッケージにした続編。200の単語カードと100のお題カードが用意されています。

4つの難易度レベルで遊ぶことができ、サイコロとタイマーはアプリによって提供されます。

https://boardgamegeek.com/boardgame/255678/word-slam-midnight

【3. 拡張ゲーム】

新たな3つのストーリ!『Die Legenden von Andor: Die verschollenen Legenden』

Die Legenden von Andor: Die verschollenen Legenden
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Die Legenden von Andor: Die verschollenen Legenden
デザイナー Dorothea Michels, Matthias Miller
人数 2~4人
時間 60~90分
年齢 10才~

『アンドールの伝説』の最新拡張。新たに3つのストーリーを追加。New HeroesもしくはDark Heroesでは6人プレイまで対応。

72枚の伝説カード、15体のフィギュアが同梱。

https://boardgamegeek.com/boardgameexpansion/255682/die-legenden-von-andor-die-verschollenen-legenden

おわりに

今回はSPIEL’18で発売が予定されているKOSMOS社の新作ゲームをご紹介しました。個人的にはイムホテップ:デュエルが大変気になっています!

なお、ルール詳細は読み込んでいないため実際の内容と違っていたら教えてください。