ゲーム紹介『トロール&ドラゴン』

ゲーム名トロール&ドラゴン (Troll and Dragon)
デザイナーアレクサンドル・エマリット (Alexandre Emerit)
人数2~5人
時間20分
年齢7歳~
メーカーLOKI

ダンジョンに潜ってダイヤモンドと金を獲得するダイスロールゲーム!

トロール&ドラゴン:ゲーム概要
(引用:Board Game Geek

『トロール&ドラゴン』は、冒険家としてダンジョンに潜りダイヤモンドと金を獲得するダイスロールゲームです。

ただし、ダンジョンにはトロルと宝を守っているドラゴンがいます。獲得したお宝を奪い返されないようにいい所で脱出を試みます。

ゲームデザイナーは、アレクサンドル・エマリット氏。過去作にはHABA社のゲーム『ブン・バン・ゴールド』があります。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

場からダイヤモンドか金塊がなくなるとゲームが終了します。



ゲームの準備

トロール&ドラゴン:ゲームの準備

各プレイヤーに財宝を入れる袋を配ります。

トロール&ドラゴン:ゲームの準備2

ゲームの箱には、ダイヤモンドと金塊を入れます。

手番でやること

財宝を探るダンジョンは『ダイヤモンドの洞穴』『財宝の洞窟』の2種類があります。まずは『ダイヤモンドの洞穴』を探険し、条件が揃うと『財宝の洞窟』へ行くことができます。

ダイヤモンドの洞穴

トロール&ドラゴン:ダイヤモンドの洞穴

手番では、4つのダイスを振ります。ダイスは何度でも振ることができ、ダイス目の指示に従いますを

ダイスには4種類の出目が書かれています。

トロール

トロール&ドラゴン:財宝の没収t

トロールの出たダイスは振り直すことができません。

4つ全ての出目が『トロール』になると、今まで獲得したダイヤをトロールに渡して手番が終了します。

ダイヤモンド

トロール&ドラゴン:ダイヤモンド

ダイヤモンドを獲得します。ダンジョンを無事に脱出するまで、袋の横に置いておきます。

扉と鍵

トロール&ドラゴン:扉と鍵

「扉」と「鍵」はダイスをキープすることができます。「鍵」の出目が出ると、『財宝の洞窟』を探険することができます。(もちろん振り直してもOK)

脱出

『トロールの洞穴』からの脱出を宣言します。「扉」と「鍵」ご揃っている場合には、『財宝の洞窟』へ進みます。

『財宝の洞窟』へ進まない場合は、今まで獲得したダイヤモンドが自分のものとして確定します。

財宝の洞窟

#alt

財宝の洞窟でも4つのダイスを使います。

黄色のダイスは手番プレイヤー赤色のダイスは手番ではないプレイヤーが使います。

黄色のダイス

出目に金塊のアイコンがあれば、獲得することができます。

赤色のダイス

金塊の獲得を阻止するため、ドラゴンを目覚めさせるとこを手番以外のプレイヤーは試みます。

まず1つのダイスを振りドラゴンの出目が出たら、もう1つのダイスを振ります。2つともドラゴンの目が出れば、手番プレイヤーが今まで獲得したダイスを全て山分けすることになります。

脱出

『財宝の洞窟』からの脱出を宣言します。これにより、今までに獲得した財宝が自分のものとして確定します。



得点計算

ゲーム終了時、以下の得点を計算します。

  • ダイヤモンド:1点/個
  • 金塊:3点/個

合計得点の最も高いプレイヤーがゲームに勝利します。

実際に遊んでみて

ダイヤモンドの洞穴では、自分でどこまで振るかの判断ができる自分との戦い。後半の財宝の洞窟では、他プレイヤーとの争い&いくつ金塊を取れるかのスピード勝負をすることができます。

キッズ向けのゲームなので、ダイスの出目の出たとこ勝負なのですが得点効率を考えるとなるべく財宝の洞窟に進んだ方が良いのですが、万が一獲得に失敗してしまうと他プレイヤーに点が入ってしまうリスクがあります。なので、ドラゴンダイスでの駆け引きが一番の盛り上がりどころとなっています。

ただ、どちらのダンジョンも「脱出」を宣言するタイミングは自分次第なので、脱出タイミング力(?)が試されるゲームでした。

おわりに

今回はダイヤモンドと金塊を集めて脱出するダイスゲーム『トロール&ドラゴン』をご紹介しました。

ダイスゲームやチキンレース系のゲームが好きな方は遊んでみると良いと思います。