【ゲーム紹介】マネー (Money)

マネー (Money)

ゲーム名 マネー (Money)
デザイナー ライナー・クニツィア
人数 3~5人
時間 20~30分
年齢 10歳~
メーカー Group SNE

スポンサーリンク

お金でお金を競るセットコレクションゲーム!

マネー:ゲーム概要

『マネー』は、お金でお金を競り落とすセットコレクションゲームです。ゲーム中で使用する紙幣の種類は全8種類。手番では、手札からカードを出して最も高い額を出したプレイヤーから順にお金を競り落としていきます。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

山札が全てなくなると最終ラウンドになり、ゲームが終了します。

ゲームの準備

各プレイヤーに手札を配ります。初期所持金はランダムでうち1枚がダミーカードになります。(上の写真で一番右のカード)

マネー:ゲームの準備

場の2箇所に4枚ずつ合計8枚のカードを並べます。

手番でやること

マネー:手番でやること

手番は、全プレイヤー同時に行います。手札からカードを複数枚裏向きに伏せて出します。

全プレイヤーが手札を出し終えたら公開し、金額の大きいプレイヤーから順に出したカードを交換していきます。交換することができるのは、2箇所の場に並んだカードもしくは他のプレイヤーが出したカードです。

順にカードを交換していき、全プレイヤーが交換したあと受け取ったカードは手札になります。

この処理が終わるとラウンドが終了し、場の2箇所に4枚ずつになるようにカードが補充されて次のラウンドになります。

提示した金額が同額の場合

#alt

他のプレイヤーと提示した金額が一致した場合、お金のシリアルナンバーを比較します。このシリアルナンバーが低いカードを出したプレイヤーは先に交換することができます。

ニコ
ニコ

このシリアルナンバーが小さいので、老眼泣かせとか…

得点計算

ゲームが終了すると得点計算となります。

マネー得点計算

得点は、お金の種類毎に計算されます。

  1. 200以上:全ての合計値が得点
  2. 200未満:全ての合計値-100点が得点

同じ額のカードを3つ集めると100点のボーナス点を獲得できます。

マネー得点計算

得点計算のスコアシートは、カードサイズと同じでとっても小さいです。(いや、お金カードが大きいのか?)

実際に遊んでみて

お金の種類を絞ってセットコレクションするのが悩ましく、他のプレイヤーが集めている種類を把握しつつも自分の欲しいカードを集めていくのがなかなか難しかったです。

大きいお金が欲しいのですが、200点を超えないと得点が最大化しないため、不要な高額紙幣を集めつつ同じ種類のカードを集めるという感じでしょう。

#alt

今回のプレイでは、5人で遊んだため2種類集めるのが精一杯でした。ここのプレイ感は人数によって変わりそうです。

なので、序盤は3種類位にしぼろうと思っていたのですが進めていくうちにどうにも回らなくなってきて各プレイヤー最終的に2種類ずつ位を集めるという形になっていました。ただ、そこのシンプルな駆け引きが楽しい良策ゲームでした。

カードは非常に大きく、本物のお札のようなリアルさがある点は良いです。ただ、お金の額が確認しづらいという難点もあります。

おわりに

今回はお金を集めるセットコレクションゲーム『マネー』をご紹介しました。

競りゲームやセットコレクションゲームがお好きな方は一度遊んでみると良いと思います。

ちなみにアプリ版もリリースされています。

Reiner Knizia's Money

Reiner Knizia’s Money
開発元:Skotos Tech
¥360
posted withアプリーチ
お気に入り度

★★★★☆(7/10)