pic3300649

NSKN Games社が、ドイツで行われるゲームイベント「SPIEL'18」(2018/10/25~2018/10/28)で発表する新作ゲームを紹介します。

【1. 新作ゲーム】

ピラミッドを建造するワーカープレイスメントゲーム!『テオティワカン:シティオブゴッズ』

ゲーム名 テオティワカン:シティオブゴッズ
(Teotihuacan: City of gods)
デザイナー Daniele Tascini, David Turczi
プレイ人数 1~4人
プレイ時間 90〜120分
対象年齢 14歳~
メーカー NSKN Games / テンデイズゲームズ

『テオティワカン:シティオブゴッズ』は、メキシコに実在する遺跡テオティワカンをテーマにしたワーカープレイスメントゲームです。

8箇所のアクションスペースにワーカーを配置してアクションを行います。アクションを行うとダイスの目が上がったり複数のダイスが同じアクションスペースに来るとより強いアクションを実行できます。

テオティワカン:ゲーム概要

得点要素も非常に多いゲーマーズゲームとなっています。詳細は個別記事を御覧ください。

袋からダイスを引いてアクションを行うゲーム!『ダイスセトラーズ』

ゲーム名Dice Settlers
デザイナーDávid Turczi
人数1~4人
時間45~60分
年齢14歳~

目の構成が違う、さまざまなダイスを獲得し、その出目から効果的なアクションを行い、自分の勢力を発展させていきましょう。

メインとなるのは、「バッグビルド」と呼ばれるシステムです。プレイヤーは、各自、袋を持ち、その袋からダイスを引いては振り、その出目に基づいて、各ラウンドのアクションを実行していきます。ゲーム中にさまざまなダイスを獲得し、袋の中の構成をコントロールすることで、戦略を組み立てることになるのです。

ダイスの目によって行えるアクションは、土地となるゲームボードを広げるためにタイルをめくる「探検」、ゲームを通して特別な効果を使うことが出来るようになる「発明」、さまざまな資源を獲得する「収穫」、新たなダイスを獲得する「雇用」、集めた資源を得点へと変換する「取引」など、実にさまざま。色分けされたダイスは、その色ごとに、これらのアクションを行うための目の構成が違っており、自分の戦略をうまく展開させるには、ダイス選びがカギとなるのです。

このゲームではゲーム終了のタイミングも重要な要素となっています。ゲームの終了は、タイルやダイス、得点が尽きるか決められた数まで減ると訪れます。戦略に応じ、そのタイミングをうまく見極めましょう。また、このことにより、システムやテーマからイメージするよりも引き締まった展開が待っていると言え、大きな魅力になっています。

ダイス目に翻弄されつつも、うまくゲームを展開させていきましょう。

(引用:テンデイズゲームズ -TendaysGames-

おわりに

今回はSPIEL'18で発売が予定されているNSKN Gmaesの新作ゲームをご紹介しました。

2作とも既にテンデイズゲームズから日本語版が発売されており、遊んでいる方も多いのでは?『ダイスセトラーズ』は近く遊んでみたいと思っています!

SPIEL'18新作一覧へ