ゲームマーケット2016春『500円ゲーム特集』

いよいよ明後日に迫ったゲームマーケット2015秋で販売される

新作500円ゲームをピックアップしてみました。

103610

なぜ500円ゲーム?

まず、ワンコインというリーズナブルな価格で購入できる!

そして、隠れた名作があるかも?な点。

ご存じの方も多いかと思いますが、「ラブレター」「Sail To India」「ダンジョンオブマンダム/Welcome to the dungeon」など世界中で販売されているこれらのゲームは、今から2~3年前のゲームマーケットにて500円ゲームとして販売されていたのです!

というわけで、今回のゲームマーケットでもたくさんの新作500円ゲームがあるので、

その中に、未来の世界的ヒットゲームがあるかも?!

(ここまで、秋のコピペです。)

トリトレレース/をしだや [F31]

    image

    (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

    人数 3~5人

    時間 10~20分

    年齢 7歳~

    誰かがコースを一周するまでに獲得したスコアを競うゲームです。

    ただし、ゲーム終了時に1位か2位になっていなければ、その時点でゲームから脱落してしまいます。

    (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

    プレイ中にできることは、

    ・サイコロの出目をポイントとして獲得し、他のプレイヤーのコマを進めるか

    ・サイコロの出目分自分のコマを進め、その分だけ他のプレイヤーにポイントを配分するか

    の2つに1つ

    (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

    500円ながら、100枚ものカードを使ったレースゲーム。

    レース終了時に1位 or 2位にならなくてはいけないが、

    さらに、その時の獲得ポイントが勝っていなければいけない。

    進むかポイントを獲るかのシンプルなジレンマがあるゲームのように見えました。面白そう。

トリックオブチキン/イリクンデ [F20]

    image

    (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

    人数 3~4人

    時間 20~40分

    年齢 18歳~

    最後にトリックをとることを狙うイリクンデさんに新作トリックテイキングゲーム。

    説明書のPDFには、プリントプレイ用のカードもついています!

    ゾンビが来るぞ/ヴィレッジ・ブリッジ [L13]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 1~4人

      時間 5~20分

      年齢 10歳~

      「ゾンビが来るぞ」は、協力して群がるゾンビを倒し、ウィルス抗体所持者を建物から脱出させることを目的とした、協力型カードゲームです。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト
       

      「ウィルス抗体所持者」「軍人」「ビル管理人」「一般人」の4人の役職をそれぞれがもっており、

      うまく各自の能力を駆使することで、ビルからヘリコプターで脱出するゲームになっているとのこと。

      各自の役割や、ヘリコプターというワードから「禁断の島」を連想させるゲームですね。気になります。

    忍者ゴリラ(評価版)/トイドロップ [D07-08]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 3~5人

      時間 15分

      年齢 8歳~

      忍者の技を習得したゴリラは「忍者ゴリラ」と呼ばれ、村の集に恐れられていた。

      プレイヤーは忍者ゴリラとなり、如何に潜伏し、また、他の忍者ゴリラを如何に暴くのか?

      ゴリラの頭脳が試される。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      今回のゴリラ枠の1つ。忍者ゴリラらしさとはどの辺なのかが気になる作品。独特な忍法を使うのかしら。

    奇面村へようこそ/こっち屋 [E01]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 3~5人

      時間 10~15分

      年齢 8歳~

      毎回1人が出題者になります。それ以外の人は回答者になります。

      出題者はランダムで決定された2つの気持ちを1回の表情で表現してください。

      回答者はそれを見て、どの気持ちの組合せか一斉に回答します。

      組合せに正解した人と、正解者が1人でもいれば出題者にも点数が入ります。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      顔を使ったコミュニケーションゲーム。新しいアイデアですね。

      顔芸に自信のある人は要チェック!

    The load of owl’s/ぷくまにあ [L07]

    対戦ガバディ/ManifestDestiny [K03-04]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 2人

      時間 20~30分

      年齢 10歳~

      対戦鬼ごっこの異名を持つ(持たない)カバディを、カードとサイコロで再現したゲームです!

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      インドの国技「カバディ」を題材にしたゲーム。

      相手の体にタッチすると得点が入るスポーツ。

      これをプレイすれば、カバディ博士になれるらしいです!(紹介文より)

    トラブルライダーズ/ManifestDestiny [K03-04]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 3~4人

      時間 15~25分

      年齢 10歳~

      命知らずの冒険家たちが、遺跡からお宝を頂戴する競りゲームです。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      サイコロの出目を所持金として、お宝を競るゲーム。

      競りに使用したサイコロは、次からは裏面になるとのことで、

      どの目で競り落とすかが非常に悩ましそうです。

    Tomorrow,I may die.(私は明日、死ぬかも知れない。)/やづ屋 [Q03]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 3~5人

      時間 5~分

      年齢 13歳~

      ストレスをテーマにしたサバイバルゲームです。カードをプレイするか脱落するか、最後の一人になるまで繰り返します。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      酒、タバコ、精神安定剤を駆使してストレスを適度に解消しながら、長生きするゲーム。

      昔のロックスターの生きざまをイメージしました。ダークネス!

    スピリットオブバトル/Gregory [L32]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 2~4人

      時間 5~30分

      年齢 10歳~

      読み合いサバイバルカードゲーム!

      チップを掛けてハッタリで相手をゲームから降ろしたり、ブラフを掛けて逆転したりと、サバゲーの緊張感を再現しております

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      手榴弾やハンドガンのイラストが見受けられますね。

      サバイバルゲーム好きは要チェック(?)

    グールズ&パンチャー/テレキネシスゲームズ [K05]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 2人

      時間 10分

      年齢 10歳~

      平和だったボクらの街に恐ろしい<グール軍団>が襲来した!

      このままみんなヤツらのエジキになってしまうのか!?

      そんなとき、強烈なパンチを引っさげて凄いアイツがやってきた!

      アイツの名は<としひこ>。天下無敵のパンチャーだ。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      略して「グルパン」。2人用格闘カードゲーム?なのかな。説明文の勢いが凄い。

    激突爆食野郎~弐㌔カレー地獄変~/テレキネシスゲームズ [K05]

      image

      (出典:『ゲームマーケット』公式サイト

      人数 2~3人

      時間 10分

      年齢 10歳~

      このゲームは<爆食野郎>たちによる

      食欲の限界を遥かに超える戦いを再現した

      世界で唯一の対戦ゲームです。

      (引用:『ゲームマーケット』公式サイト

      2キロのカレーを10杯食べるのを競うゲームらしいです。

      グールズ&パンチャーといい、テレキネシスゲームズさんのゲームは世界観が振り切れてていいですね。

    ネコトコバン ねこかぶりへん



      (出典:ゲームマーケット『公式サイト』

      人数:3~6人

      時間:15~30分

      年齢:7歳~

      価格:500円

      3枚の小判カードと1枚の猫カードで行うバッティングカードゲーム。

      親と子に役割が分かれています。

      各自、自分の手前に4枚のカードを並べ、猫カードの位置を探り合う。

      子は親とかぶらないと、親は子とかぶると得点を獲得できます。

      ワイワイしながら盛り上がる感じのゲームなのかなという印象です。

    ねこやしき



      (出典:ゲームマーケット『公式サイト』

      人数:3~4人

      時間:15~25分

      年齢:10歳~

      価格:500円

      空き地から自分の庭に猫を集め、見栄の張合いあうゲーム。

      全部で6種類の猫がおり、最大勢力の柄が幅を利かさないよう

      平和に庭に猫を増やしていきます。

      その後、猫の柄ごとに対決をして他の庭に勝っていると、得点がより多くもらえます。

      空き地の猫と自分の庭とのにらめっこが面白そうに感じました。

    さいごに

      すごーくざっくりなコメントと共にご紹介させて頂きました。

      テーマが多様な作品が目白押しですね。

      ワンコインですし、テーマが気にいったら買ってみるというのも、

      ゲームマーケットの楽しみ方の一つかなぁと思ってます。

      お気に入りが見つかれば幸いです。

      それではまた~。