来週の日曜日3/12に開催されるアナログゲームイベント『ゲームマーケット2017神戸』で、発表される新作ゲームで個人的に気になる作品を紹介してみようと思います。今回は、その前編です。

image
(出典: 『ゲームマーケット』公式サイト

開催日 2017 年 3 月 12 日(日)
開催時間 10時~17時
会場 神戸国際展示場(3号館)
住所 〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1
入場料 1000円(会場マップ 入場チケット付き)
1500円(カタログ 入場チケット付き)
※チケットは、ボードゲームショップなどで販売しています。
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

『ゲームマーケット』は日本最大級のアナログゲームイベントです。新作のボードゲーム・創作ゲームの販売などが行われます。

年に3回開催され、東京が2回・関西が1回となっています。関西は、2016年から会場を神戸にうつしています。

採掘道具を拡大再生産するカードゲーム!『ワイルドゴールド』

ワイルドゴールド
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名ワイルドゴールド
ブース名ロクジゾー
ブース番号H10
デザインナラセン
イラストカムラジュンタ
人数3~4人
時間30分~
年齢8歳~
価格1500円

金鉱夫となり、様々な採掘道具を作って沢山のお宝を獲得するカードゲームです。

カードは100枚入っており、様々な素材が書かれています。これを獲得することで採掘道具を段々とパワーアップしていく拡大再生産カードゲームとなっています。

ワイルドゴールド
(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

カードを実際の道具の形にして並べるというのは、非常に新しいシステムだなと思いました。パッケージのアートも、キャラクターの目が「$」になっていて何だかワクワク感をそそります。

星に光を灯すダイスゲーム!『星コロ』

星コロ
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名星コロ
ブース名広島 ものづくりジム
ブース番号A16
デザインこいのぼる(住吉 伸彦)
イラスト中井 誠也
人数2~4人
時間30~40分
年齢7歳~
価格2000円

光をなくしてしまった星たちに再び、光を灯すダイスゲームです。

プレイヤーは、ダイスを振り出目に応じて木製キューブを星座のカードに配置します。5つのキューブを置くことにより、星座を完成させることを目指すゲームのようです。

星コロ

(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

シンプルでオシャレなアートが非常に気になりました。そして、内容物も木製キューブが52個も入っていたりとかなり豪華です。(これで2000円!!)

行くことを説得させるコミュニケーションゲーム『絶対来いよ!行けたら行くわ太郎』

絶対来いよ!行けたら行くわ太郎
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名絶対来いよ!行けたら行くわ太郎
ブース名なべとびすこ(鍋ラボ)
ブース番号F36
デザインなべとびすこ
イラストkinomi
人数4~6人
時間15~30分
年齢12歳~
価格1000円
「絶対来いよ!行けたら行くわ太郎」は「行けたら行くわ」と言ったら絶対来ないことで有名な「行けたら行くわ太郎」を説得するコミュニケーションゲームです。
(出典:絶対来いよ!行けたら行くわ太郎 | なべとびすこ(鍋ラボ) | ゲームマーケット

「行けたら行くわ太郎」を説得するコミュニケーションゲームです。

この簡潔なゲーム説明の文章と、知り合いにリアル「行けたら行くわ太郎」がいるのもあって気になった作品です。ゲームシステムの詳細が気になる限りです。

ブロックの配置を推理するゲーム!『YOMEN』

YOMEN
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名YOMEN
ブース名ブッコ
ブース番号E14
デザイン倉橋 良平
人数2人
時間~20分
年齢10歳~
価格1000円

相手のブロックの配置を、正解することを目指す2人専用推理ゲームです。

3×3のマス目にブロックを配置して、A~Lまである列にどの色があるかを確認して相手の配置を推理していきます。

YOMEN
(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

平面に関する情報を三次元の情報に置き換えて推理するのが面白そうだなと思いました。

直線と正円だけのお絵かきゲーム『みんなでぽんこつペイント』

みんなでぽんこつペイント
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名みんなでポンコツペイント
ブース名モグワイ
ブース番号G06
デザインちかすず
イラスト長谷川登鯉
人数3~12人
時間10分~
年齢10歳~
価格2500円

直線と正円のみで、お題の絵を描き上げるお絵かきゲームです。

『ぽんこつペイント』2011年にぽんこつファームから発表された作品です。今回、モグワイからタイトルを『みんなでぽんこつペイント』としてリメイクされました。新たに拡張ルールとして図形カードの要素が追加されています。

みんなでポンコツペイント
リメイク元の『ぽんこつペイント』のプレイ風景

全プレイヤーが同時に同じお題についてイラストを描きます。その際、直線と正円しか使えませんが、好きなだけ使って絵を描くことができます。

使った数の少ないプレイヤーから、お題を知らない親に発表していき、最初に親に正解してもらったプレイヤーが得点を獲得します。

リメイク元の『ぽんこつペイント』で遊んだことがあるのですが、いかに直線と正円を最小限にして親に伝えるかの加減が難しくも楽しいゲームでした。

後編