2015年9月にアメリカのサンノゼに仕事で行く機会があったので、休日を利用してボードゲームショップを巡ってきました。行ったボードゲームスポットの紹介をしたいと思います。
(※昨年、記事にしたものを再加筆したものになります。)

「サンノゼ」ってどの辺?

    アメリカのカリフォルニア州にある都市で、サンフランシスコから車で南下すること約1時間で到着します。別名「シリコンバレー」とも呼ばれ、Google, Apple, Facebookなどの有名IT企業の本社があります。
    そんなエリアで、レンタカーを借りて1人で好き勝手に色々めぐってみました。ちなみに、車は右ハンドルなので、数えきれないほどウィンカーとワイパーを間違えました(笑)

「Illusive Comics & Games」について

    ピンク色の壁面が目立つ建物の1区画にあります。店名にある通り、「アメリカンコミック」と「ボードゲーム/カードゲーム」をメインに扱ったお店です。


    店の外にあるショーケースには、「マンチキン(Munchkin)」の色々なゲームが並んでいました。

    この後に行ったどの店舗でも、「マンチキン」のコーナーがあり、アメリカでの人気が高いのがうかがい知れました。

    「マンチキン」について


    (引用:Board Game Geek
    マンチキン(Munchkin)は、テーブルトークRPG (TRPG) のプレイ風景をテーマにしたスティーブ・ジャクソン・ゲームズのカードゲーム、あるいはそのシリーズ。
    ダンジョン探索と戦闘を中心とするTRPG(例えば、D&Dのような)において、ルールの濫用やズルを用いてでも自分のPCだけを強く有利にしようとする"マンチキン"なプレイヤーの暴れぶりをモチーフとする多人数用カードゲームである。プレイヤーはモンスターを倒し、宝物を手に入れ、仲間(他のプレイヤー)を陥れて、勝利を目指す。
    (引用:Wikipedia

店内の様子

    店内に入ると中央にカウンターがあり、右側が「ボードゲーム」。左側が「アメリカンコミック」という並びです。 こちらのお店が一軒目だったこともあり、店員さんに声をかけるのに緊張してしまい、店内の写真を撮れませんでした。(>_<)

    新作の棚などはありませんでした。日本語化されているメジャータイトルをメインに揃えていました。「チケット・トゥ・ライド」、「カタン」、「パンデミック」などなど。

    トレーディングカードも扱っているためか、カードゲームの取り扱いが多めでした。「ラブレター」については全ての種類が売られていて、非常に驚きました。

    AEG版「ラブレター」について

    「ラブレター」は姫に恋文を渡すため、協力者を駆使して最後の1人になることを目指すカードゲームです。

    アメリカでは、AEG社から「ラブレター」が発売されており、非常にたくさんの種類があります。
    バットマンバージョンやサンタレターなんてものまで。

    (引用:alderac.com
    行った当時のラインナップは以下の通りでした。
    • Love Letter Tempest Edition
    • Love Letter Kanai Factory
    • EditionLove Letter Legend of the Five Rings
    • Love Letter Wedding Edition
    • Munchkin Loot Letter
    • Letters to Santa
    • Love Letter: Batman Edition
    • Love Letter: The Hobbit: The Battle of the Five Armies
    最新情報は、AEGのオフィシャルサイトをご覧いただくといいと思います。

    Home - Love Letter

店舗情報

    店名 Illusive Comics & Games
    電話 408-985-7481
    住所 2725 El Camino Real #105 Santa Clara, CA, 95051
    営業時間 11:00~19:00(日~火曜)
    10:00~21:00(水曜)
    11:00~21:00(木~金曜)
    10:00~19:00(土曜)
    定休日 なし
    URL http://illusivecomics.com