【特集】2020年開催の大規模ボードゲームイベント情報

『ゲームマーケット2016秋』気になる新作ゲーム10作品

12月になりましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

12/11に開催される日本最大級のアナログゲームイベント『ゲームマーケット2016秋』で、発表される新作ゲームで個人的に気になる作品を紹介してみようと思います。今回は、その前編です。

『ゲームマーケット2016秋』について

image
(出典: 『ゲームマーケット』公式サイト

開催日 2016 年 12 月 11 日(日)
開催時間 10時~17時
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東7,8ホール
住所 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
入場料 1000円(会場マップ 入場チケット付き)
1500円(カタログ 入場チケット付き)
※チケットは、ボードゲームショップなどで販売しています。
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

日本最大級のアナログゲームイベントです。前回のゲームマーケット2016春では、出展者数は約480ディーラー ・参加者数 約11,000人でした。

新作のボードゲーム・創作ゲームの販売などが行われます。今回は前回からスケールアップしています。

参考 『ゲームマーケット』公式サイト | 国内最大規模のアナログゲーム・ テーブルゲーム イベント

王座を奪いあう2人用カードゲーム!『聖杯サクセクション』

聖杯セクション
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 聖杯サクセクション
ブース名 大気圏内ゲームズ
ブース番号 G01-02
デザイン シマムラナオ/ドウゲンノブタケ
イラスト ツクダヒナミ
人数 2人
時間 10~20分
年齢 10歳~
価格 1000円

最近「シンデレラが多すぎる」をアークライトから発売した大気圏内ゲームズの新作です。

中世の王位継承をテーマにした2人用カードゲームとなっており、「多くの得点を獲得する」もしくは「全ての聖杯カードを獲得する」ことで、勝敗を決めます。

手番では「手札を1枚場に出す」と「場からカードを獲得する」のどちらかを選ぶだけです。手札のカードは、一旦場に置かないと獲得することができないので、取るためにカードを出すのか取らせるためにカードを出すのかの戦略や駆け引きがアツそうです。

参考 聖杯サクセション|大気圏内ゲームズ《公式》

落ちゲー風パズルゲーム!『Sweets Stack(スイーツスタック)』

Sweets Stack(スイーツスタック)
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 Sweets Stack(スイーツスタック)
ブース名 操られ人形館
ブース番号 K01
デザイン 常時次人
イラスト 井上磨
人数 2~4人
時間 30~45分
年齢 13歳~
価格 2500円

ハロウィンがテーマの落ちゲー風パズルゲームです。

バケツにより多くのお菓子を詰め込むことを目指します。

スイーツスタック
(出典:操られ人形館

手札を消費することで、ブロックの形をしたカードを回転させてバケツカードに入れていきます。

カード版テトリスのような感じですね。

参考 操られ人形館[同人ボードゲーム/カードゲーム 制作サークル]> Sweets Stack(スイーツスタック)

ハンバーガーを食べまくるトリックテイキングゲーム!『FINAL BURGER -LAST ORDER-』

FINAL BURGER -LAST ORDER-
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 FINAL BURGER -LAST ORDER-
ブース名 四等星
ブース番号 O37-38
デザイン モリ(mor!)
イラスト 食材カードとピエロのイラスト:skrparr
説明書や広告、ボブなど:モリ
人数 3~5人
時間 40~90分
年齢 10歳~
価格 2500円

4日間で、どれだけハンバーガーを食べれるか競うトリックテイキングカードゲームです。

手番でカードを1枚出し、勝利したプレイヤーがカードを各プレイヤーが出したカードを獲得。その食材を使って、ハンバーガーを完成させて食べます。

カードには、片方がバンズ、もう片方に食材が書かれていてそれらをうまく使って、得点の高いハンバーガーを作ることを狙います。色鮮やかな見た目がたまりません。

参考 FINAL BURGER -LAST ORDER- | 四等星 | ゲームマーケット

ぐるぐる循環するカードゲーム!『リカーーーリング(ReCURRRing)』

リカーーーリング(ReCURRRing)
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 リカーーーリング(ReCURRRing)
ブース名 賽苑
ブース番号 J01
デザイン 賽苑
イラスト 賽苑
人数 3~5人
時間 30分
年齢 8歳~
価格 1800円

場札と手札を交換して、より強いカードを場に出すことを目指すカードゲームです。

場札と手札を交換する時は、「場のカードと同じ枚数のより数字が小さいカード」もしくは「場のカード+1枚の同じ数字のカード」を出す必要があります。

これを繰り返し、誰も勝てなくなったときに最後のカードを出したプレイヤーが場に残ったカードを獲得して得点になります。

各カードは、数字の数と同じ分だけカードが用意されています。(「1」は1枚、「2」は2枚といった感じ。)

カードのカウンティングと循環による戦略が奥深そうなゲームです。

参考 リカーーーリング(ReCURRRing) | 賽苑 | ゲームマーケット

和菓子を作ってお客様にお届け!『をかしや』

をかしや
(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 をかしや
ブース名 桜遊庵
ブース番号 G03-04
デザイン 折口 日向
イラスト 舟岡
人数 3~4人
時間 60~90分
年齢 10歳~
価格 4500円

和菓子屋になり、和菓子を作ってお客さんに届けるゲームです。

手番では、アクションポイントを使って様々なアクションを行うことができます。

  • 移動
  • 材料の購入
  • 注文の達成
  • 店コマの配置
  • 収入

これらのアクションを使って問屋から効率良く材料を集め、お客さんに届けます。

マップ上に建てる店舗が輸送路の役割を果たすので、店舗の建て方によってアクションの効率なども変わってきます。

和を全面に出していますが、ゲームシステムは本格的なユーロゲームになっています。パッケージも和風aleaっぽいですね。

参考 をかしや | 卓上遊戯創作処 桜遊庵

ジャングルを進んで黄金郷を目指そう!『ジャングリラ』

ジャングリラ

(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 ジャングリラ
ブース名 OKAZU brand
ブース番号 N29-30
デザイン HISASHI HAYASHI (林 尚志)
イラスト ryo@にゃも
人数 2~5人
時間 30~45分
年齢 6歳~
価格 2500円

探検家となり、ジャングルを探険して多くの財宝獲得を競うゲームです。

各プレイヤーはダイスを振り、ジャングルの奥地へ進んでいきます。各マスには様々な発見物があり、それらを獲得することでできることが増えていきます。

エリアは3エリアに分かれていて、後半の勝利点獲得に向けてどの発見物を獲得することで備えるかの戦略が悩ましそうです。

特に、カスタムオーダーのダイスが入っているのは凄いなと思いました!


参考 ジャングリラ/Junglila

弟子を使って道場を大きくしよう!『老師敬服』

老師敬服

(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 老師敬服
ブース名 HOY GAMES
ブース番号 L13
デザイン 矢沢 賢太郎
イラスト 山内 貴司
人数 3~5人
時間 45~60分
年齢 12歳~
価格 3500円

武術を極めた老師となり、道場を大きくするゲームです。

道場にいる弟子達に指示をして、アクションを行っていきます。新しい奥義を完成させたり、新しい弟子を雇ったり、お金を獲得したり、酒を買い出しに行かせたりと様々です。

他プレイヤーの手番では、「敬服」をすることで同じアクションを行うことができます。

「敬服」することは、相手の得になります。しかし、自分も1つ多くのアクションを行うことで得をするというWin-Winの関係になります。

いい具合に敬服することで、手番を増やせるようにアクションを選ぶのが面白そうです!

参考 新作「老師敬服」: HOY GAMES BLOG

正体隠匿バランスゲーム!『BABEL』

BABEL

(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 BABEL
ブース名 こぐま工房
ブース番号 M18
デザイン たきざわまさかず
イラスト たきざわまさかず
人数 1~5人
時間 15~30分
年齢 10歳~
価格 2000円

2つの陣営に分かれてバベルの塔を建設するバランスゲームです。

陣営には、塔を完成させたい「建設者」と塔を完成させたくない「狂信者」に分かれてバベルの塔を建築します。

塔は、2本の柱の上に屋根載せて建築していきます。

柱のカードは、5種類の高さのものが用意されているので、正しいパートナー選びが必要になります。

「狂信者」に邪魔をされないように、バランスのいい塔を築くことができるかがハラハラしそうです。

参考 BABEL | こぐま工房 | ゲームマーケット

島を開拓して王国を創ろう!『エンデの建国者』

エンデの建国者

(出典:ゲームマーケット『公式サイト』
ゲーム名 エンデの建国者
ブース名 imagine GAMES
ブース番号 A21
デザイン 山田空太
イラスト 山田空太
人数 3~4人
時間 50~70分
年齢 10歳~
価格 3000円

エンデ島の入植者のリーダーとなり、王国を築くことを目指すゲームです。

手番では、様々な職人カードを使うことで資源の獲得や資源の変換をして、島での影響力を拡大していきます。

クラシックなユーロゲームを彷彿とさせるマップと、171個も入った木駒は圧巻です。

きっと、プレイした際のビジュアルがボードゲーマーにはたまらないような気がします!

参考 『エンデの建国者』 | imagine GAMES | ゲームマーケット

『死ぬまでにピラミッド』

死ぬまでにピラミッド

(出典:オインクゲームズ
ゲーム名 死ぬまでにピラミッド
ブース名 オインクゲームズ
ブース番号 エリア青
デザイン 佐々木隼
人数 2~6人
時間 20分
年齢 8歳~
価格 2000円

王様が死ぬまでにピラミッドを完成させるパズルゲームです。

ダイスを振って、出た目のタイルを組み合わせてピラミッドを各々建築します。

死ぬまでにピラミッド

(出典:オインクゲームズ

ピラミッドは、横幅と高さが大きいほど高得点です。

王の寿命を見つつ、理想のピラミッドを作り上げるのが楽しそうです。うまく完成できないまま、ゲームが終了して「もう1回!」と言いたくなりそうな気がしました。

参考 オインクゲームズは、2016年12月11日に東京ビッグサイトで開催される「ゲームマーケット2016秋」... - News | Oink Games