【Spielwarenmesse’19】デイズ・オブ・ワンダー (Days of wonder)

【Spielwarenmesse’19】デイズ・オブ・ワンダー (Days of wonder)

デイズ・オブ・ワンダー (Days of wonder)が、ドイツのニュルンベルクで行われるシュピールヴァーレンメッセ2019 / Spielwarenmesse Nürnberg 2019 (2019/1/30~2019/2/3)で発表する新作ゲームを紹介します。

【1. 新作ゲーム】

イスファハン続編のロール&ライトゲーム!『コリントス (Corinth)』

pic4521267
ゲーム名 コリントス (Corinth)
デザイナー Sébastien Pauchon
人数 2~4人
時間 20~30分
年齢 8歳~

「コリントス」は古代世界の港の商人として有名になることを目指すロールアンドライトゲームです。

pic4521269

手番では場に並んだダイスからアクションを1つ選び、配置されているダイスの数分だけ自分のマークシートに記入していきます。

pic4521268

ゲームデザイナーは、Sébastien Pauchon氏。代表作に『ジャイプル』『イスファハン』などがあります。本作は『イスファハン』のダイスゲームとして制作されたものをタイトルを一新してリリースに至ったとのこと。

すでに公式サイトでは、日本語ルールも公開されており輸入して遊ぶことなども可能。

【2. シリーズ作】

1960年代のロンドンが舞台!『チケット・トゥ・ライド:ロンドン』

75D5CE6F-FB31-4F50-BFD8-284F2E5508AB
ゲーム名 チケット・トゥ・ライド:ロンドン
(Tiket to ride:London)
デザイナー Alan R. Moon
人数 2~4人
時間 20分
年齢 8歳~

各地に鉄道路線をつなげる人気ゲーム『チケット・トゥ・ライド』シリーズの最新作。

今回の舞台は、1960年代のイギリス・ロンドン。前作の『チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク』同様に観光地を巡る内容となっており、通常の『チケット・トゥ・ライド』よりもマップが小さく簡易化された内容になっています。

その他詳細と発売日は発表されていませんが、2019年後半に発売予定とか。

おわりに

今回はシュピールヴァーレンメッセ’19で発表されるDays of wonder社の新作ゲームをご紹介しました。「コリントス」は昨今人気のロールアンドライトゲームということで、遊んでみたいところです。